自分に合った求人情報をクチコミに頼らず見つける方法

公開日:


自分に合った薬剤師の求人サイトを見つけるために!

皆さんこんにちは!
薬剤師のポールです。

前回、薬剤師の求人サイトを賢く比較する方法について取り上げましたが、皆さんの転職活動の参考になったでしょうか?

現在、世の中にはたくさんの薬剤師求人サイトがあります。
ただ、それらのサイトはピンからキリまであり、インターネット業界のことをよく知らない方にとっては、各サイトの「質」を調べ上げることは難しいのが現状です。

例えば、一見綺麗なサイトでも、薬剤師業界のことをよく知らない人材紹介会社が運営しているケースがあり、そういったサイトは危ないと解説しました。
そして、そういったサイトが存在している理由として、売り手市場である薬剤師の求人業界のことを、ただのビジネス視点でしか見ていない会社が増えてきたことが原因だとも解説しました。

そこにはいわゆる「薬剤師の求人業界の闇」みたいなものがあるわけで、例えば、クチコミですら信用できない状態になっています。(もちろん、本当のクチコミもたくさんあるとは思いますが)
そういった闇的な部分を、このポールが本コラムで明らかにしていきたいと思っています。

仕事は、あなたの人生の時間の多くを占めています。
楽しい人生を過ごすためにも、自分が満足できる職場で働きたいですよね。
そうなってくると、「転職」も視野に入ってくると思います。

ただ、転職する際には十分な注意が必要。
なぜなら、転職しようとしているあなたをお客様にしたい人材紹介会社はとてもたくさんあるからです。
甘い言葉で、あなたの転職サポートを買って出ようと、執拗に営業をかけてくる人材紹介会社には注意してください。
そういう会社は、おそらく、薬剤師業界のことを十分に理解していない可能性があります。

というわけで、もし、あなたが転職をお考えであれば、どの人材紹介会社、もしくは、どのサイト経由で転職するかが鍵になってきます。

人材紹介会社が薬剤師業界に詳しいことは最低条件ですが、あとはやはり「求人の情報量」が豊富な会社はオススメです。
実は求人情報ってどこも同じに見えて、人材紹介会社ごとに保有している量が結構違ったりするんです。

「質の高い人材紹介会社」が大切にしているポイントを二つあげたいと思います。
実は、そのたった二つのポイントで、その会社のレベルが分かるといっても過言ではないのです。

その二つのポイントとは・・・ズバリ。
「求人詳細の情報量」「キャリアアドバイザーのレベル」です。

引用元:知らないと失敗する!薬剤師の求人サイトを賢く比較する方法

そういうことを含め、今回は、前回に引き続き、薬剤師の求人サイトの選び方に関するノウハウをご説明します。

特に「薬剤師求人サイトの見つけ方」について取り上げています。
それではまいりましょう!

あなたはどんなキーワードで検索していますか?
Googleを使って、賢く薬剤師求人サイトを探す方法

あなたがインターネットで何かの情報を探すとき、おそらく、検索エンジンを使うことでしょう。
求人情報を探すときも、検索エンジンを使うはずです。

例えば、薬剤師の求人情報を探すときは以下のようなキーワードで検索していませんか?

薬剤師求人、薬剤師転職・・・。

これらのキーワードで検索すると、色々なサイトが表示されます。
広告により表示されているサイトや、Googleが「このサイトは良いサイトだ」と判断して表示されているサイトがあります。

先程の「薬剤師求人」や「薬剤師転職」といったキーワードで検索するだけで、たくさんの求人サイトの情報が手に入るわけですが、実は、こういった大きな括りのキーワードだけでは、隠された求人情報がヒットしない場合があるのです。

そういう場合は、「薬剤師求人 東京」や「薬剤師転職 大阪」など、細かな絞り込み条件を入れたキーワードで検索すると良いのですが、注意しなければならないのが、「薬剤師求人 東京 駅チカ 年間休日100日以上」などの、非常に細かい絞り込み条件の場合、一部の求人サイトしかヒットしない可能性があることです。

どういうことかというと、例えば、このサイト「薬剤師求人プレミア」の場合、訪問してきた方に対して、できるだけ新鮮な情報をゲットしてもらいたいという意図から、一部のページをあえて検索エンジンにヒットさせないようにしています。

例えば、以下のような条件のページです。

●高額給与の薬剤師求人一覧
http://r-yakuzaishi.net/premier/con/pay/

ですので、こういった「検索エンジンからはすぐに辿りつけないページ」があるということを知らないと、色々な条件の求人を見つけられない可能性があります。

実は、薬剤師求人プレミアの場合は「サイト内検索」という機能がありますので、求人検索ページなどから検索していただくと、様々な好条件の求人が見つかります。

このようにサイト内検索を備えている求人情報サイトはたくさんありますので、覚えておいてください。

こういった求人情報サイトを見逃さないためにも、例えば、毎度、検索エンジンを使ってアクセスするのではなく、見つけた求人情報サイトをブラウザの「お気に入り」などに追加して、そのサイトに定期的に直接アクセスしてみるのも、一つの手です。

Twitter検索などを使って、ソーシャルメディアで求人情報を探す方法

先程は検索エンジンを使って求人情報サイトを探す方法を取り上げましたが、その他にも、例えば、Twitterなどのソーシャルメディアを用いて求人情報を探す方法があります。

例えば、Twitterには「Twitter内検索」という機能がありますので、そこで「薬剤師求人」と入れると、Twitter上でつぶやかれている薬剤師の求人情報がヒットします。
また、「Yahoo!のリアルタイム検索」を使えば、Twitterだけでなく、Facebookの中でつぶやかれている求人情報がヒットしますので、個人的にはYahoo!リアルタイム検索を使うことをオススメします。

●Twitter検索
https://twitter.com/search?q=%E8%96%AC%E5%89%A4%E5%B8%AB%E6%B1%82%E4%BA%BA&src=typd

●Yahoo!リアルタイム検索
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?tt=c&ei=UTF-8&fr=sfp_as&aq=-1&oq=&p=%E8%96%AC%E5%89%A4%E5%B8%AB%E6%B1%82%E4%BA%BA&meta=vc%3D

Yahoo!リアルタイム検索

Yahoo!リアルタイム検索を使うと、色々なTwitter botがつぶやいている求人情報などもヒットしますが、それらのbotの信用度までは計れません。
ですので、Yahoo!リアルタイム検索で見つけた求人情報はあくまでも参考程度にし、実際はそれらのTwitter botをどんな人材紹介会社が運営しているのかも気にするようにしましょう。

ちなみに、信用度という点では、薬剤師求人プレミアは「薬剤師ネット」というサイトのTwitterアカウントを経由して、求人情報を発信しています。
こちらの求人情報は、転職アドバイザーが吟味した好条件の求人ばかりですので、良かったらフォローしてもらえればと思います。
最新のオススメ求人情報が手に入ります。

●薬剤師ネットのTwitterアカウント
https://twitter.com/yakuzaishi_net

薬剤師ネットのTwitterアカウント

あと、ソーシャルメディアといえば、最近は「キュレーションサイト」と呼ばれる、まとめサイトが人気になりました。
例えば、国内最大のまとめサイト「NAVERまとめ」では、色々な方が、自分の好きなサイトを独自の視点でまとめて発表しています。

私が調べたところ、薬剤師の求人サイトに関するまとめもありました。

●NAVERまとめ 【求人件数の多い順】 求人情報豊富な薬剤師求人サイトまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134275432055056501

NAVERまとめ 【求人件数の多い順】 求人情報豊富な薬剤師求人サイトまとめ


いかがだったでしょうか?

世の中にあるたくさんの求人情報サイト。
一つ一つ見回っていては、時間がいくらあっても足りません。

ですので、今回紹介したような「線引き」の方法を用いて、自分に合った求人サイトを見つけるのも手です。

また、前回も紹介しましたが、その求人サイトをどんな人が利用したか?が分かる「お客様の声」や「体験談」はとても大切です。

実際に利用した方の声を見れば、そのサイトが自分に合っているかどうかも分かると思いますので、是非そういったページもチェックしてくださいね。

●薬剤師求人プレミアの場合「転職成功体験談」のページ
http://r-yakuzaishi.net/premier/success-case/

薬剤師求人プレミア「転職成功体験談」

そうそう、最後に補足となりますが、ネット上に情報が増えすぎた今、「クチコミサイト全盛期」だといわれています。
実際、薬剤師求人サイトに関するクチコミサイトも無数にありますが、そういったクチコミがすべて本当のクチコミかどうかは分かりません。
なぜなら、最初に書いた通り、業者が書いたクチコミのケースもあるからです。

ですので、結局のところは、そういったクチコミを鵜呑みにするのではなく、クチコミを参考にしながらも、自分の力で自分に合った求人を見つけようとすることが大切だと思います。

今回の記事があなたの転職にプラスになれば幸いです。


関連記事