転職サイトを見る前に知っておこう!薬剤師の転職を成功させるための3つのポイント

こんにちは!
元薬剤師のキャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

早いもので、今回が5回目の記事になりました。

今回は「ナオコの薬剤師転職相談所」の【総集編】
過去のストーリーでお伝えしてきた転職成功のノウハウをまとめてご紹介します。

過去の記事を読んでいないという人も、今回の記事を読んでいただければ、転職成功につながるノウハウを一気に習得していただくことができます。

これから転職しようという人も、まだ転職を考えたことのない人も、医療業界で働くすべての人に知ってほしいノウハウばかり。

それではまいりましょう!

今回の登場人物

伊集院ナオコ(32)

伊集院ナオコ

元薬剤師だが、人材紹介ビジネスに興味をもち、キャリアアドバイザーとして起業。
「伊集院ナオコ転職相談所」というオフィスを立ち上げた。
業界の裏までを知り尽くしたその知見を駆使して、多くの薬剤師の転職を成功させている。

山本優太(26)

山本優太

「伊集院ナオコ薬剤師転職相談所」で働く新人キャリアアドバイザー。
薬剤師だったが、転職の相談をしたナオコの生き方に憧れ、衝動的に「伊集院ナオコ転職相談所」に転職してきた。

相談所の中の風景

ナオコさん、今回はいつもと雰囲気が違いますね・・・!

そうよ。
なぜなら・・・今回は、今まで話してきた転職成功ノウハウの【総集編】だから。

そ、総集編・・・!?
僕がナオコさんから教えていただいたノウハウを、まとめて紹介するってことですか?

そうよ。

えええっ!?
僕は毎月少しずつしか、ノウハウを教えてもらっていないのに・・・。

つべこべ言わないの!
今回の総集編は新しい読者を増やすための企画なの!
あとは、優太が“ちゃんとノウハウを憶えているか?”というテストでもあるんだから。

えっ!?(ギクリ)

じゃあ、進めていくわよ。
「ナオコの薬剤師転職相談所」ではこれまで転職を成功させるためのいろいろなポイントを取り上げてきたけれど、大きくまとめると、そのポイントは以下の3つに凝縮されるわ。

転職を考える薬剤師が知っておきたいポイント

1、匿名レジュメをばらまく紹介会社に注意!

薬剤師さんや看護師さんが転職をする際、紹介会社を使って転職するケースが多くありますが、紹介会社を選ぶときに注意したいのは、個人情報をきちんと取り扱っているかどうかです。
なぜなら、個人情報の管理が“ずさん”な紹介会社は、「匿名レジュメ」といわれる個人情報を、当人の許可なく病院や薬局に配布していることがあるからです。

個人情報をばらまく紹介会社に注意

「匿名レジュメ」とは、氏名や住所・電話番号などの連絡先は伏せてあるけれど、学歴や経歴がすべて記載されている個人書類のことを指します。

紹介会社によっては、その匿名レジュメを病院や薬局に配布することで、スピーディーに選考を進め、自社の売り上げを拡大することを狙っているケースがあります。
匿名レジュメとはいえ、さっきも言ったとおり、学歴や経歴は記載されているので、実はある程度個人情報が特定できちゃうんです・・・。

だから最悪、第三者経由であなたが転職活動をしていることが今の職場にバレてしまう危険があるんです。


あっ!思い出した!
ゴスラー社が個人情報をばらまいたせいで、今の職場に転職を考えていることがバレちゃった長瀬さん、本当に気の毒だったなぁ。

そうよね・・・。
思えば、ゴスラーってとんでもない会社だったわね。

はい・・・。

さて、ここで質問。
そんな悪い紹介会社に引っかからないために大事なことってなーんだ?

あ、え、えと・・・。
紹介会社を選ぶ際は「プライバシーマーク」を取得しているかどうかを確認した上で、“個人情報の取り扱いが徹底されているか”を念入りに確認することです!

おっ、ちゃんと憶えていたわね。
そうね。正解よ。
たとえば、薬剤師求人プレミアのサイトを見ていると、Webサイトに個人情報保護に関しての記載がしっかりと書かれているわね。
Webサイト上でそういう表記を見るだけで、その会社が信用できるかどうかが分かるわ。

Q:個人情報保護は大丈夫でしょうか?
転職しようとしていることが外部に漏れないか心配です。

A:ご安心ください。
「薬剤師求人プレミア」を経由し、「リクナビ薬剤師」にご登録いただく全ての情報は「SSL」という通信技術によって暗号化し、高いセキュリティによって、データの盗聴や改ざん行為を防いでおります。
また、「リクナビ薬剤師」の運営会社である株式会社リクルートメディカルキャリアは「プライバシーマーク」を取得しており、プライバシーマーク指定審査機関による厳格な審査の元、個人情報管理の安全性を認めていただいております。

引用元:よくある質問(薬剤師求人プレミア)

確かに・・・!
ここまできちんと書いてあると安心できますね。

そうね。
最近は気軽に転職をする人が増えてきているから、新しい紹介会社もどんどん増えてきている。
でも、そういった新しい会社の場合、個人情報の取扱などに慣れていないケースがあるから注意が必要よ。
新しい会社ほど「とにかく売上げを上げなきゃ!」と暴走する傾向にあるから・・・。

わわわ・・・。

そうそう、紹介会社の選び方についてもっと詳しく学びたいのであれば、下記の記事もオススメよ。

あ、この記事、ナオコさんが看護師さん向けに書かれた記事ですね。

そうよ。
実はこの記事でも同じことを書いてるの。
“自社の売り上げのために個人情報を無断で配布する紹介会社には注意!”ってね。

なるほど・・・!
肝に銘じておきます!

さて、次に紹介する転職成功ポイントは、年収アップに関する話よ。

おおおっ!
皆川さんにアドバイスしたときのノウハウですね・・・!

2、薬剤師の年収は「都会」より「地方」が高い傾向がある

皆川さん

薬剤師の年収は、需要と供給のバランスが大きく影響しています。

たとえば、薬剤師が不足している地域では、薬剤師の需要が非常に高くなっていて、薬剤師の給料が高くなりやすい傾向にあります。
「薬剤師の給料を高くしてでも、薬剤師に来てほしい!」という思いから給料が高騰しているんです。

たとえば、神奈川県と鹿児島県を比較してみます。
30代の薬剤師が神奈川県で働いたときの平均年収は約500万円~550万円ですが、鹿児島県の場合はなんと600万円以上。

薬剤師求人プレミアのサイトには、転職に成功した方の事例が多数掲載されていますが、東京から地方へUターンした方の給料が上がっているケースを多数見ることができます。

転職成功事例


僕も薬剤師時代、東京でしか働いたことがなかったので、都心より地方の方が年収が高いことに驚きました!

薬剤師に限らず、看護師や医師といった職業も同じような傾向があるわ。

皆川さんのときは、“地方から都心に戻ってくるパターン”だったので、給与が下がってしまい、説得するのに苦労しましたよね。

そうだったわね。
あのときの優太、皆川さんに怒られて、ひどく落ちこんでたわよね(笑)。

そりゃあ落ち込みますよ。
「あなただから求人が見つからないんじゃないですか」て言われちゃいましたから・・・。
僕が悪いんじゃなく、薬剤師の需給関係が原因なのに・・・。

ふふふ。
でも、そんな皆川さんも最終的には都会と地方との給料差の理由を分かってくれたからよかったじゃない。

はい。
でも、あのときは結局、ナオコさんに助けてもらいました。

まあね。
キャリアアドバイザーと求職者には相性があるから、仕方がないわよ。
皆川さんの場合、自分と同じような境遇の相手に心を許すタイプだったから。

そうでしたね。
僕はあの一件で、「類似性の法則」の大事さを学びました。

類似性の法則

よく憶えていたわね。
関心、関心。

へへへ~。

じゃあ、続けて、3つ目のポイントを説明しようかしら。
3つ目のポイントは、村本さんの転職を成功させたときに話したノウハウよ。

「面接では“逆質問”で自分の長所をアピールする」というノウハウですね!

3、面接では“逆質問”で自分の長所をアピールしよう

面接シーン

転職希望先の面接を受けると、最後に必ず、面接官から「なにか質問はありますか?」と聞かれます。
実は、この質問への対応が転職の成否を決めるといっても過言ではないんです。

そこでオススメしたい対応が、相手の質問に対して“逆に質問する”ことです!
逆質問することで、その企業に対して、強い関心をもっていることをアピールできるからです。

ただし、どんなことでも質問すればいいというものではありません。
逆質問する際には、以下のような質問をしてください。

それは・・・「あなたの会社で私が最大限お役に立つためには、どのように動けばよいでしょうか?」という質問です。

この質問、お気付きになりましたか?
この質問には、あなたの長所をうまくアピールしつつ、相手にあなたを採用するメリットを伝えると効果があるんです。

たとえば、以下のような質問は理想的です。


  • 私は粘り強い性格だと思っていますが、御社の職場において、自分のこの性格をどのように活かそうかと考えています。
    御社の職場で私のような人物が働く場合は、どのように働けば、お力になれますか?
  • 私は協調性を大切にし、御社ですでに働いておられる方々の助けになりたいと思っています。
    御社で働かれている方の好きなものや苦手なものなど、性格や個性をお教えいただくことは可能でしょうか?

こういった質問をすれば、面接官の頭の中に、あなたがその職場に加わったときのイメージが具体化します。
そうすれば、あなたの印象が面接官に強く残りやすいんです。


この逆質問のノウハウは目からウロコでした!

ふふふ。
人との会話で一番印象に残りやすいのは“最後に交わした会話”なの。
極端な話、最後さえしっかり抑えておば、勝負には勝てるわ。
“終わりよければすべてよし”って言葉もあるくらいだから。

なるほど・・・!

そうそう、面接の合格率を上げるといえば、面接にキャリアアドバイザーが同席するとあまりよくないって話もしたわよね。

はい、村本さんのケースでは、紹介会社経由の面接で3回も連続で面接に落ちていて、その理由を探っていくと、紹介会社のキャリアアドバイザーが毎回の面接に同席していたことで、面接官の目に、村本さんが頼りなく映ってしまっていたことが原因でした・・・。

そうなのよね。
実は、紹介会社のキャリアアドバイザーが積極的に面接に同席すると、あまりいいことがないのよね・・・。

キャリアアドバイザーに面接に同席してもらうことが当たり前になると、「いざとなればキャリアアドバイザーがフォローしてくれるさ」と気を抜いてしまいがちになるんですよね。

そうよ。
必ずしも“面接には同席しないほうがいい”ってわけじゃないんだけど、キャリアアドバイザーが面接に同席するときも、先ほどの逆質問のテクニックなどを使って、相手に自分を堂々と見せることが大切ね。


こうして振り返ってみると、この3つのノウハウを抑えておくだけでも、転職の成功率がグンと上がりそうですね!

そりゃそうよ。
このナオコ様が編み出した、とっておきの転職成功ノウハウだからね。

“ナオコ様”・・・!!
なんだか素敵な響き・・・!

ちょ、ちょっと、優太、気持ち悪いわね・・・!

とにかく、今回のノウハウをもう一度まとめておくわね。
転職を成功させるために大事なのはこの3つのポイントよ。

転職を考える薬剤師が知っておきたいポイント


今後も、この3つのポイントを大事にしながら、たくさんの人の転職を成功させていくわよ。

はい!!

伊集院ナオコ転職相談所。
そこは転職に迷えし薬剤師の駆け込み寺。
今回のポイントをもう一度だけおさらいしておくにゃ!

  1. 匿名レジュメをばらまく紹介会社に注意!
  2. 薬剤師の年収は都会より地方が高い傾向がある
  3. 面接では“逆質問”で自分の長所をアピールしよう

次回予告

「正社員からパートへの転職?」

伊集院ナオコのかつての同僚だった女性から連絡が入った。
正社員の薬剤師としてバリバリ働いてきた彼女は、パートへの転職を考えているという。
彼女がパートへの転職を決意した理由は驚くべきものだった・・・!

次回、伊集院ナオコの転職相談所、「人生における優先順位」。

転職の女神は、あなたにそっと微笑む。

※本コンテンツはフィクションであり、実在の人物・団体との関係はございません。
※本ノベル内で取り上げているノウハウに関しましては、実際のキャリアアドバイザーからのヒアリング及び、様々な文献を参考にして構成させていただいております。


伊集院ナオコのぶっちゃけ話

・・・ところで、ナオコさん。
うちの転職相談所に来る人たちって、みんないろいろな求人サイトに登録しているんですが、結局、ナオコさんがオススメする求人サイトってどこなんですか?

う~ん、そうね・・・。
ぶっちゃけていうと、以下の2つの法則に該当する求人情報サイトかしら。


  1. 求人データベースを豊富にもつ“大手”が運営している
  2. 登録後、機械的に求人情報を提供するのではなく、転職アドバイザーが各自の裁量で、その求職者に合った求人をしっかり調べてくれる

なるほど・・・!

あ、この2つの法則って、ナオコさんが僕に教えてくれた法則ですよね?
今なら、ナオコさんがこの法則を大切にしていた理由がすごく分かります!

ふふふ、ありがとう。

・・・でも、優太も知っている通り、この2つの法則を知らずに、適当に求人サイトを選んでしまっている人はすごく多いの。
たとえば「広告をたくさん見かけるから選んだ」とか「検索順位が高いから選んだ」、とか・・・。

だって・・・、普通はたくさん露出している求人サイトを選びますよ。
さっきの2つの法則が大事だなんてこと、普通の薬剤師さんは気付かないです。

転職活動の期間中は何かと忙しいし・・・。

そうね・・・。
そこが転職業界の“闇”でもあるのよ。

でも、その“闇”から抜け出せることができるかどうかは、自分自身。
自分の人生だから、しっかり情報収集して、“何が正しいのか?”を判断しないとね。

やみくもに求人サイトに登録するのではなく、自分の個人情報を大切にして行動しなくちゃ。

なるほど・・・。

ということを踏まえると、私が言うのもなんだけど、私が今お手伝いしている「薬剤師求人プレミア」というサイトはオススメよ。
上記の2つの法則をクリアしてるから。

リクナビ薬剤師と提携しているだけあって、求人データベースの情報量がすごいですし、サイトには転職体験談もたくさん載っているので、自分と境遇の合った人を見つけやすくて、安心できますね。

そうよ。
そして、極めつけは転職アドバイザーのレベルね。
転職アドバイザーの憧れでもあるリクルートのすご腕のアドバイザーが、時間をかけて転職をサポートしてくれるので、とても安心よ。

もしかして、そのアドバイザーの中には、ナオコさんが尊敬するあの人もいるんですよね・・・?

ふふふ、そうよ。
詳しくは、今後話すわね。

薬剤師求人プレミア 伊集院ナオコが語る2つの法則をクリアした求人サイト

トップへ


Written by ソノン池田/illustrated by シルクハット上野