管理薬剤師になると年収アップとスキルアップが実現!?管理薬剤師の仕事内容やメリット、転職のポイント

こんにちは!
元薬剤師で、キャリアアドバイザーの伊集院ナオコです。

突然ですが、薬剤師のあなたは「管理薬剤師になりたい!」と思ったことはありますか?

管理薬剤師

管理薬剤師とは、薬局・ドラッグストアや医薬品卸業の企業などで、管理者として現場を監督している薬剤師のことです。
具体的には、医薬品の保管状況や在庫の管理、ほかの薬剤師や従業員への指導・管理などを行っています。

この管理薬剤師は、「薬機法(正式名:医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律)で、医薬品を扱う施設に管理薬剤師を配属することが義務づけられているんです。
所属する薬剤師の人数が多い場合は管理薬剤師が複数人いることもありますが、ほとんどの薬局は小規模なので、管理薬剤師がひとりしかいないことが多いです。

つまり、管理薬剤師のポストは少ないので、とても競争率が高く、狭き門だといえます。

管理薬剤師は狭き門

そして、その狭き門をくぐって管理薬剤師になれた場合、年収アップが狙えたり、幅広いスキルが身についたりするというメリットがあるんです。
どちらも、気になるメリットですよね。

というわけで、今回は管理薬剤師の仕事内容やメリット、管理薬剤師になる方法について紹介します。

それでは、まいります!

管理薬剤師として働くメリットは年収アップとスキルアップ

さっそく、先ほどお話しした管理薬剤師として働くメリットをくわしく解説します!


  1. 年収アップが狙える
  2. 幅広いスキルが身につく

管理薬剤師になるメリットふたつ

【管理薬剤師のメリット】
1.年収が高い傾向がある

先ほどお話ししたように、管理薬剤師は医薬品を扱う施設になくてはならない存在です。
そのため、管理薬剤師になると、月に4万円~6万円の手当を支給されることが多いんです。
(勤務先によって違いますので、転職の際はきちんと確認してくださいね)

このような手当が加算されるため、管理薬剤師の年収は一般の薬剤師よりも高い傾向があります。

管理薬剤師は年収が高い

たとえば、薬剤師求人プレミアに掲載している管理薬剤師の求人の9割近くが、年収600万円以上なんです!(※2017年1月時点)

【管理薬剤師のメリット】
2.さまざまなスキルが身につく

管理薬剤師は、施設で取り扱う医薬品に関わる、すべての業務の責任者です。
そのため、医薬品を正しく管理するだけでなく、ほかの薬剤師などへの教育や指導、クレーム対応など、多岐にわたる仕事を担当します。

その結果、以下のような幅広いスキルが身につくんです。


  1. 医薬品に関連する法律の知識
  2. マネジメントスキル
  3. コミュニケーションスキル

マネジメントスキルが身につく

また、管理薬剤師経験があると上記のスキルをもっている証明になるため、転職をするときに有利なんですよ!


管理薬剤師になると、このようなメリットがあるんですね。

「管理薬剤師として働きたい」と思った人も多いのではないでしょうか。
というわけで、次に、管理薬剤師になるための条件について説明していきますね。

管理薬剤師の条件は、週40時間以上働いていること

管理薬剤師という呼び名から、特別な資格を取得する必要があるように感じますが、資格はとくに必要ありません。
ただ、管理薬剤師は、ひとつの施設で1週間に実働40時間(1日8時間以上)働いている必要があります。

管理薬剤師はフルタイム

また、雇用形態についての定めはないので、非常勤でも管理薬剤師になることは可能ですが、管理者という立場になるため、実務経験3年以上の正社員が任されるケースが多いんです。

ちなみに、ひとりの薬剤師が複数の施設で管理薬剤師を担当することは、「薬機法」で禁じられています。


管理薬剤師について、理解は深まってきましたか?
でも、管理薬剤師を経験していない人が多いと思うので、なかなかイメージがわかないですよね。

そこで、次は管理薬剤師の活躍の場とくわしい仕事内容について紹介していきます。

管理薬剤師は、薬局・ドラッグストアや医薬品卸売業で働いている

管理薬剤師のおもな活躍の場は、以下のふたつです。


  1. 薬局・ドラッグストア
  2. 医薬品卸業をしている企業

先ほどお話ししたように、上記は管理薬剤師をおくことが義務づけられています。

では、それぞれの管理薬剤師の仕事内容について説明しますね。
まずは薬局・ドラッグストアから紹介します。

ちなみに、管理薬剤師のほとんどは薬局やドラッグストアに勤務していて、医薬品卸業で働いている人は少ないんです。

薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師のおもな仕事4つ

薬局で働く管理薬剤師の仕事は、大きく分けると以下の4つです。


  1. 従業員の接客や服薬指導などについてチェック・サポート
  2. 医薬品などの保管・管理や陳列
  3. 医薬品情報(DI)のチェックや問合せ・クレーム対応
  4. 会議出席などの経営に関連する業務

それぞれについて説明しますね。

【薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師の仕事内容】
1.従業員の接客や服薬指導などのチェックやサポート

管理薬剤師はほかの薬剤師をチェック

管理薬剤師は、以下の点をチェックして必要に応じてサポートします。


  • 薬剤師が正しく服薬指導や情報提供を行っているか
  • 薬剤師や従業員の接客は丁寧か

とくに、ドラッグストアでは薬剤師以外の従業員が多いため、管理薬剤師がお客様からの専門的な質問に対応する機会が多いです。

【薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師の仕事内容】
2.医薬品などの保管・管理や陳列

医薬品は温度や湿度にとてもデリケートなので、メーカーから出荷された状態を保つためには徹底した品質管理が求められます。
また、薬局やドラッグストアでは、医薬品の在庫切れを起こさずに、安定的に提供することも重要です。

そのため、管理薬剤師は、医薬品などの管理体制や使用期限・在庫などをチェックします。
たとえば、医薬品とそれ以外の化粧品などをしっかりと区別するという法規に従って、保管・陳列するルールを策定し、周知徹底するんです。
温度管理がうまくできないなど医薬品の管理に適さない設備上の問題があったときは、すぐに薬局の開設者に申し出ることも管理薬剤師の義務です。

薬の管理も管理薬剤師の仕事

また、医薬品の在庫がなくなってしまった場合に近隣の薬局と薬を分け合えるように、ふだんから協力体制を築いておくことも大切な仕事です。

【薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師の仕事内容】
3.医薬品情報(DI)のチェックや問合せ/クレーム対応

管理薬剤師は、医薬品メーカーからの最新情報を常にチェックし、安全性や有効性などの情報をいつでも活用・提供できるように整理しておきます。
もし、医療機関から医薬品に関する問合わせがあった場合には、その情報をもとに対応しなければならないからです。

また、お客様からの苦情や相談に対応することもあります。
医療機関で受診する必要があると感じた場合は、その旨をお伝えすることも管理薬剤師の仕事のひとつです。

ときには病院の受診をすすめることも

そして、お客様や医療機関への対応のなかで、医薬品の新たな副作用が見つかった場合は厚生労働省に報告する義務もあります。

さらに、サプリメントなどの健康食品を扱っている場合は、店内のポップやチラシが薬機法に違反する内容になっていないかのチェックも行います。

【薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師の仕事内容】
4.会議出席などの経営に関連する業務

薬局・ドラッグストアのチェーン店などに勤める管理薬剤師は、定期的に本社や地区での会議に出席するため出張に行くことがあります。

また、「薬局長」を兼任している管理薬剤師の場合は、売上管理などの経営業務や従業員のシフト管理なども担当します。

ちなみに、薬局長は管理薬剤師とは違って複数店舗の兼務ができるので、複数店舗の薬局長をすることも可能です。

薬局長はマネジメントも行う

続いては、医薬品卸業を行う企業で働く管理薬剤師について解説していきますね。

医薬品卸業を行う企業で働く管理薬剤師の仕事4つ

医薬品卸業とは、医薬品メーカーから買いつけた医薬品を、病院や薬局に卸すビジネスです。
こうした企業で働く管理薬剤師の仕事は、以下の4つに大きく分けられます。


  1. 医薬品管理や接客に関する教育・指導
  2. 医薬品の品質管理と管理体制チェック
  3. 医薬品情報(DI)の管理と問合せ対応
  4. 医薬品関連の法律の勉強

次に、それぞれについて説明しますね。

【医薬品卸業の管理薬剤師の仕事内容】
1.医薬品管理や接客に関する教育・指導

医薬品卸業の管理薬剤師は、医薬品に関する最新の情報を従業員に共有したり、教育研修を行ったりします。

薬の情報を従業員に説明するのも管理薬剤師の仕事

たとえば、ほかの薬剤師にその情報を伝えるために資料をまとめるなど、見やすいように管理します。

また、薬剤師以外の従業員に説明する場合もあるので、わかりやすく噛み砕いて伝えることが必要です。

【医薬品卸業の管理薬剤師の仕事内容】
2.医薬品の品質管理と管理体制チェック

医薬品卸業者は、医薬品メーカーで製造された状態のまま、医薬品を病院などへ納品します。
そのため、品質管理の徹底はとても重要な仕事なんです。

笑顔の薬剤師

管理薬剤師は、医薬品が正しい温度や湿度で管理されているか、保存状態をチェックします。
また、使用期限を過ぎた医薬品が残っていたり、在庫切れになったりしないように徹底して在庫管理を行うんです。

【医薬品卸業の管理薬剤師の仕事内容】
3.医薬品情報(DI)の管理と問合せ対応

医薬品卸業の管理薬剤師は、メーカーからの最新の医薬品情報(DI)を整理したり、病院や薬局からの問合せに対応したりします。

医薬品を提案する薬剤師

また、特徴を活かして、それぞれの特徴を説明したり、納入先である病院に適した医薬品を提案したりすることもできるんです。

【医薬品卸業者の管理薬剤師の仕事内容】
4.医薬品関連の法律の勉強

管理薬剤師は、医薬品に関するさまざまな法律を違反することがないように監視する役割も担っています。
そのため、以下のような法律を勉強しておくことも、管理薬剤師の重要な仕事なんです。


  1. 薬機法
  2. 麻薬及び向精神薬取締法
  3. 覚せい剤取締法
  4. 毒物及び劇物取締法

関連法規の勉強

ここまで、管理薬剤師のくわしい仕事内容について説明してきましたが、管理薬剤師として働くイメージはつかめたでしょうか?

ただ、あなたが管理薬剤師に興味をもって「管理薬剤師になりたい!」と思ったとしても、年配の薬剤師が多いなど、組織の構成によってはかなり時間がかかります。
もし、あなたが今の職場ではしばらく管理薬剤師のポストにはつけない可能性が高いなら、転職を考えるのもひとつの選択肢です。

最後に、管理薬剤師を目指して転職する場合のポイントについてお話ししますね。

管理薬剤師を目指して転職する場合のポイントは、残業代と勤務時間

管理薬剤師として転職するときに注意したいポイントは、以下ふたつです。


1.残業手当の仕組みを確認する
先ほどお話ししたように、管理薬剤師は役職手当が支給されます。
しかし、その代わり残業代が支給されないという勤務先があるので注意が必要です。
また、残業代が支給される場合でも、残業時間に関わらず、みなしで一定の残業代が出るということもあります。
残業代については、あらかじめ確認しておきましょう。
2.週40時間働く必要がある
管理薬剤師になるためには、ひとつの施設で週40時間以上働く必要があります。(週5日勤務で1日8時間以上)
そのため、時短や週4日勤務などを希望している場合は、残念ながら管理薬剤師にはなれませんので注意してくださいね。

上記のうち、残業代の情報については、求人情報に明確に書いていないことが多く、なかなか情報を集めにくいです。
「せっかく管理薬剤師になって年収アップを狙ったのに、給料が思ったほど上がらなかったらどうしよう・・・」と心配になる人もいると思います。

悩む薬剤師

そんな人にオススメしたいのが、薬剤師専門の紹介会社を利用することです。
ちなみに、薬剤師求人プレミアでは管理薬剤師での転職成功実績が多数ありますし、みなさんが直接聞きにくい雇用条件についても、転職先から情報収集することができます。

あなたの転職活動を有利に進めるために、紹介会社の利用も検討してくださいね。


いかがでしたか?

管理薬剤師は責任も重大ですが、任される仕事の幅が広いので、確実にスキルアップできます!
もし、管理薬剤師に興味がある人は、思い切ってチャレンジしてくださいね。

※本コンテンツはフィクションであり、実在の人物・団体との関係はございません。
※本ノベル内で取り上げているノウハウに関しましては、実際のキャリアアドバイザーからのヒアリング及び、様々な文献を参考にして構成させていただいております。


伊集院ナオコのぶっちゃけ話

・・・ところで、ナオコさん。
うちの転職相談所に来る人たちって、みんないろいろな求人サイトに登録しているんですが、結局、ナオコさんがオススメする求人サイトってどこなんですか?

う~ん、そうね・・・。
ぶっちゃけていうと、以下の2つの法則に該当する求人情報サイトかしら。


  1. 求人データベースを豊富にもつ“大手”が運営している
  2. 登録後、機械的に求人情報を提供するのではなく、転職アドバイザーが各自の裁量で、その求職者に合った求人をしっかり調べてくれる

なるほど・・・!

あ、この2つの法則って、ナオコさんが僕に教えてくれた法則ですよね?
今なら、ナオコさんがこの法則を大切にしていた理由がすごく分かります!

ふふふ、ありがとう。

・・・でも、優太も知っている通り、この2つの法則を知らずに、適当に求人サイトを選んでしまっている人はすごく多いの。
たとえば「広告をたくさん見かけるから選んだ」とか「検索順位が高いから選んだ」、とか・・・。

だって・・・、普通はたくさん露出している求人サイトを選びますよ。
さっきの2つの法則が大事だなんてこと、普通の薬剤師さんは気付かないです。

転職活動の期間中は何かと忙しいし・・・。

そうね・・・。
そこが転職業界の“闇”でもあるのよ。

でも、その“闇”から抜け出せることができるかどうかは、自分自身。
自分の人生だから、しっかり情報収集して、“何が正しいのか?”を判断しないとね。

やみくもに求人サイトに登録するのではなく、自分の個人情報を大切にして行動しなくちゃ。

なるほど・・・。

ということを踏まえると、私が言うのもなんだけど、私が今お手伝いしている「薬剤師求人プレミア」というサイトはオススメよ。
上記の2つの法則をクリアしてるから。

リクナビ薬剤師と提携しているだけあって、求人データベースの情報量がすごいですし、サイトには転職体験談もたくさん載っているので、自分と境遇の合った人を見つけやすくて、安心できますね。

そうよ。
そして、極めつけは転職アドバイザーのレベルね。
転職アドバイザーの憧れでもあるリクルートのすご腕のアドバイザーが、時間をかけて転職をサポートしてくれるので、とても安心よ。

もしかして、そのアドバイザーの中には、ナオコさんが尊敬するあの人もいるんですよね・・・?

ふふふ、そうよ。
詳しくは、今後話すわね。

薬剤師求人プレミア 伊集院ナオコが語る2つの法則をクリアした求人サイト

トップへ


Written by ソノン池田/illustrated by シルクハット上野