薬学の知識を深められるので人気!病院薬剤師の仕事内容と、求人の探し方まとめ

こんにちは!
元薬剤師のキャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

先日、調剤薬局で働いている薬剤師の人から「調剤薬局から病院に転職したい」という相談がありました。
そこで今回は、「病院薬剤師」についてお伝えしていきますね。

先ほどのような相談は多いのですが、みなさんが共通して心配しているのは“病院での実務経験がない”ということです。
しかし、薬局経験のみで病院へ転職した人はたくさんいますので、安心してくださいね。

ただ、病院は新卒採用が中心なので、年齢が若いうちに転職活動をしたほうが合格率は高い傾向があります。
そのため、病院に転職したい人は、早めに転職活動を始めたほうが有利なんです。
転職活動をする際の求人の探し方のポイントについては、この記事の最後に説明しますね。

さて、転職活動を無事に終えて病院薬剤師になったら、臨床現場で働くことで薬学の知識が深まり、「治験」や「院内製剤」などの薬局では経験しない仕事ができます。
こうした経験ができるのは、病院薬剤師ならではの魅力です。
(治験や院内製剤については、のちほど詳しく説明しますね)

病院で医師や看護師とチームを組んで働く薬剤師

ちなみに、病院に転職を考える人に知っておいてほしいことがあります。
それは“病院の種類”によって、薬剤師の働き方が違うことです。

病院は、以下のようにふたつに分類できます。


●急性期病院
緊急・重篤な状態にある患者さんに、“高度で専門的な医療”を提供する病院です。
薬剤師の仕事はハードですが、薬学の知識が深まります。
●慢性期病院
急性期を脱して病状が安定している患者さんに、“長期間の入院医療”を提供する病院です。
薬剤師は、比較的落ち着いて仕事ができます。

病院に転職するときは、病院の種類をチェックしよう

というわけで、今回は病院薬剤師として働くメリットや、病院の種類、求人の探し方についてお話しします。

それでは、まいります!

病院薬剤師として働くメリットは薬学知識が深まること

まずは、病院薬剤師として働くメリットを説明していきますね。
主なメリットは、以下のとおりです。


  1. 臨床現場で働くので薬学の知識が深まる
  2. 医師や看護師から薬学のプロとして頼られる機会が多く、やりがいを感じる
  3. 転勤がないので安定して働ける

それぞれについて、解説していきます。

【病院薬剤師のメリット】
1.臨床現場で働くので薬学の知識が深まる

薬剤師のスキルアップ

病院薬剤師は臨床現場で働くため、カルテやCT画像、検査値などの患者さんの情報と、処方箋の両方をチェックします。
そのため、処方が書かれた裏づけや根拠を知ることができるんです。
このように、薬剤と病気との関連性を実務レベルで理解することができるので、病院で働くと薬学の識が深まります。

とくに、臨床研究が盛んな病院では、最先端医療を学べる研修や勉強会などの機会が多く、スキルアップするチャンスが多いんですよ。

【病院薬剤師のメリット】
2.医師や看護師から薬学のプロとして頼られる機会が多く、やりがいを感じる

Fotolia_71513717_XS

病院では、医師や看護師、薬剤師などでのチーム医療が行われており、医療従事者同士で意見交換をする機会に恵まれています。

そのため、調剤薬局に比べると医師への処方提案がしやすいですし、医師や看護師から薬の専門家として頼りにされることが多いです。
こうした場面は、薬剤師にとってやりがいを感じられる瞬間です。
 

【病院薬剤師のメリット】
3.転勤がないので安定して働ける

病院薬剤師は、基本的にほかの病院へのヘルプや転勤がありませんので、同じ環境で安定して働くことができます。
ちなみに、国や地方自治体が母体の公立病院の場合、勤務年数に応じて定期的に昇給があるので、収入も安定しています。


このように、病院薬剤師の仕事には、スキルアップとやりがい、安定感という魅力的なメリットがそろっているんですね。

しかし、一方で、病院よりも調剤薬局やドラッグストアが優れている点もあります。
病院のいい面ばかりに目を向けていると、転職してから「イメージと違う・・・」とギャップを感じてしまうかもしれません。
病院で働こうと考えている人は、デメリットもきちんと理解しておいてくださいね。

というわけで、続いては“病院薬剤師として働くデメリット”について説明します。

病院薬剤師として働くデメリットは給与水準が低く、勤務時間が長いこと

病院薬剤師として働くデメリットは、以下のとおりです。


  1. 給料水準が低く、労働時間が長い
  2. 病院によっては薬剤師の立場が弱いことがある
  3. 患者さんとのコミュニケーションが少ない

それぞれのデメリットについて、詳しくお話ししていきますね。

【病院薬剤師のデメリット】
1.給料水準が低く、労働時間が長い

病院の給与水準は薬局やドラッグストアより悪い傾向があります。

薬剤師転職サイト「薬剤師求人プレミア」の求人で、それぞれの勤務先での最高年収600万円以上の高収入求人が、どのくらいあるかを調べてみました。(2017年8月現在)


  • 病院:23.8%
    全体2,194件中、高収入求人は524件)
  • 調剤薬局:65%
    全体28,432件中、高収入求人は18,492件)
  • 調剤併設ドラッグストア:78%
    全体7,121件中、高収入求人は5,611件)

比較してみると、病院は高収入の求人がかなり少ないことがわかりますよね。

さらに、病院薬剤師の場合は、ほかの医療従事者が24時間体制で働いていることもあり、病院で待機する「当直」があります。
(当直の頻度は、月に2~3回くらいが多いようですが、病院によって違いますので注意してくださいね)

病院薬剤師は当直がある

このように病院薬剤師の勤務スタイルは不規則なので、休日の制度としては「4週8休」を採用している病院が多いです。
この「4週8休」とは、以下のような制度です。

「4週8休」は、一見「完全週休2日」と同じように思えますが、”4週間のトータルで8日休めますよ”という意味なんです。
つまり、週の休みが1日のこともあれば、2日や3日の週もあります。
毎週必ず2日休みがあるとは限りませんので、注意してくださいね。

参考:よい転職先を見分けるための情報収集テクニック(ナオコに聞く看護師転職成功術より)

また、規模が大きい病院では当直勤務の業務量が多く、負担が重い傾向があります。

そのため、あなたが病院への転職を考えているのなら、候補となる病院での当直の頻度や業務レベル、業務量について確認しておきましょう。
(求人探しのポイントについては、この記事の最後にお話ししますね)

【病院薬剤師のデメリット】
2.病院によっては、薬剤師の立場が弱いことがある

コミュニケーションが少なくて悩む薬剤師

病院薬剤師は、医師や看護師などの医療従事者とチームを組んで仕事をしますが、病院によっては薬剤師の立場が弱いことがあります。
たとえば、処方提案をしても聞いてもらえなかったり、患者さんのカルテを見せてくれなかったりすることもあるそうです・・・。

もちろん、こういった病院とは対照的に、医師が薬剤師の意見を積極的に採用し、薬剤師が薬物療法にどんどん携わっていける病院もあります。

このように、薬剤師の立場は病院によって大きく違いますので、転職を考えている場合は事前に情報収集をして、その病院での薬剤師の立場をきちんとチェックしてくださいね。

【病院薬剤師のデメリット】
3.患者さんとのコミュニケーションが少ない

病院薬剤師は、薬局薬剤師と比べると、患者さんとのコミュニケーションが少ないです。
もちろん、きちんと服薬しているかを確認する「服薬指導」などで、患者さんとコミュニケーションをとる業務はあります。
ただ、それ以外の業務が多いために、相対的に患者さんとの時間が少なくなってしまう傾向があるんです。
患者さんとのコミュニケーションが好きな人は、物足りなく感じてしまうかもしれませんね。


ここまで、病院薬剤師のメリットとデメリットをお話ししてきましたが、病院薬剤師として働くイメージはわいてきましたか?

病院薬剤師の理解を深めていただくために、次に、病院薬剤師の仕事内容を説明していきますね。

病院薬剤師の仕事内容

病院薬剤師の仕事内容について、説明していきます。


●病院特有の業務

  1. 治験業務
  2. 院内製剤業務
  3. 救命救急業務

●薬局と共通する業務

  1. 調剤業務
  2. 医薬品情報業務(DI)
  3. 病棟薬剤業務
  4. チーム医療

病院によって業務は多少違いますし、特定の業務のみを担当することもあるので、上記のすべての業務に携わるとは限りません。

ですが、あらかじめ主な業務の概要を知っておくと、病院薬剤師になったときに業務がスムーズに進むと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【病院薬剤師の仕事内容】
1.治験(ちけん)業務

「治験(ちけん)業務」は、病院薬剤師特有の業務です。
治験とは、医薬品の効果や安全性の評価を行うために実施される臨床試験のことです。

治験は、すべての病院で行うわけではなく、“治験室”がある大学病院や国公立病院などで行われます。
どこの病院で治験を行っているかについては、日本医師会の治験促進センターのサイトで検索できますので、興味のある人はチェックしてみてくださいね。

治験業務では、薬剤師は被験者のスケジュール管理や、データ収集などを行い、治験のサポートを行う「治験コーディネーター(CRC)」として活躍します。
具体的には、以下のような業務を行っていきます。


●治験準備業務

  • 製薬会社との情報交換
  • 治験に携わる医療従事者への治験内容の説明
  • 被験者との面談と同意取得(インフォームドコンセント)など

●治験支援業務

  • 治験薬の在庫管理、調剤、被験者へ服薬指導
  • 治験薬の有効性・安全性のモニタリング
  • 症例報告書類の作成支援、など

このように、治験業務では医師や看護師などの医療従事者だけでなく、製薬会社スタッフともチームを組んで仕事を進めていきます。

【病院薬剤師の仕事内容】
2.製剤業務

製剤業務

「製剤業務」は、医師の依頼にもとづいて、病院内で薬剤を製造します。
市販薬では対応できない場合に、患者さんの病状や治療状況にあわせた薬を製造するため、とても重要な業務です。

一部の調剤薬局で「薬局製剤」が行われていますが、その割合は全薬局の13%(平成23年時点)ほどと少ないです。(参考:第46回 日薬学術大会発表より

【病院薬剤師の仕事内容】
3.救命救急業務

「救命救急業務」は、救命救急センターが設置されている病院特有の業務です。
こうした病院に勤めている薬剤師は、救命救急センターに搬送されてきた重症患者さんの救命処置に携わる可能性があります。

救命救急業務にも関わる病院内薬剤師

具体的には、「医療チーム」の一員として医師や看護師と連携し、搬送直後の患者さんの状態から適切な薬や投与量、投与方法などを判断して、医師に提案します。
そして、医師の指示のもと薬の調剤をおこない、投与方法や薬の情報を看護師に共有するんです。

救命救急センターに運ばれてくる患者さんは、急病や事故などさまざまな理由で運ばれてきますし、処置は一刻を争います。
そのため、救命救急業務を行う薬剤師は、複数の診療科にわたる薬の知識と、高度な医療処置についての知識が必要です。
こうした知識は、「カンファレンス」という患者情報の共有を行う会議や、自習などを通じて学ぶことができますよ。

【病院薬剤師の仕事内容】
4.調剤業務

処方箋

「調剤業務」は医師の処方箋にもとづいて、患者さんに渡す薬を調剤する業務です。
調剤薬局で働く薬剤師の主な仕事のひとつですよね。

病院でも薬局と同じように調剤業務を行いますが、病院で調剤する薬には特徴があり、入院患者さんが持参した薬や、注射・抗がん剤などの調剤も行うんです。

具体的には、以下のような調剤業務を行います。


●注射調剤業務、注射薬混合調製業務
注射調剤業務と注射薬混合調製業務
患者さんの年齢や体重、検査値などを考慮して、処方箋に基づき注射薬を1回分ずつ調剤します。

その際、「配合禁忌(はいごうきんき)になっていないか、投薬量や投薬速度などに問題はないか、という点を患者のカルテと処方箋を照らし合わせてチェックしていきます。
(配合禁忌とは、複数の薬剤を配合したり、併用したりするときに、薬剤間で不都合な変化が生じる恐れがある組み合わせのことです)

●抗がん剤の無菌調製
抗がん剤の無菌調製

抗がん剤治療の計画書をしっかりとチェックし、処方された抗がん剤を調剤したり、処方に問題があれば医師への処方提案を行ったりします。

抗がん剤の調合は無菌室で行われます。
その際、薬剤師は「抗がん剤曝露(ばくろ)が起きないように、注意深く調合をします。
(抗がん剤曝露とは、抗がん剤の成分による身体に悪影響を受けることを指します)
また、抗がん治療中の患者さんに治療の説明をしたり、副作用が出ていないかを確認したりすることも、病院薬剤師の仕事です。


このような、注射や抗がん剤の調剤は薬局ではほとんど行われることはありませんが、病院では日常的な業務として行われています。

【病院薬剤師の仕事内容】
5.医薬品情報業務(DI)

「医薬品情報業務(DI:Drug Information)とは、医薬品が安全に使用されるように、医薬品の投与量や相互作用、副作用などの情報を、医師や看護師などの医療従事者や患者さんに伝える仕事です。

医薬品情報業務

具体的には、厚生労働省の「緊急安全性情報」や、製薬企業の「添付文書改訂情報」などの最新情報を常に収集し、ほかの医療従事者が見やすいように整理・保管します。

また、医療従事者や患者さんから医薬品について問い合わせがあった際は、情報提供も行います。

【病院薬剤師の仕事内容】
6.病棟薬剤業務

「病棟薬剤業務」は、薬剤師が病棟に常駐して、医師や看護師などの医療従事者と連携をとり、患者さんの薬物療法の質を向上させる業務です。

具体的には、患者さんの常用薬やアレルギー・副作用歴などの情報をもとに、代替薬の提案などを行います。

病棟薬剤業務

さらに、医師や看護師、麻酔医などの医療従事者が集まるカンファレンスに参加して、医薬品の選択や投与量について意見を出したり、医療従事者に対して医薬品に関する講義を行ったりします。

病棟薬剤業務を行うと、カルテやCT画像、検査値などの患者さんの状態をチェックしながら、薬物療法について検討できるので、薬学の知識が深まります。

【病院薬剤師の仕事内容】
7.チーム医療

「チーム医療」とは、医師や看護師や管理栄養士などの医療従事者と、薬剤師がチームを組み、それぞれの強みを引き出すことで、患者によりよい医療サービスの提供を目指すことです。

チーム医療

具体的には、薬剤師は薬学的観点から、医師は医学的観点から、管理栄養士は栄養学的観点から治療についての意見を出し合い、患者さんをサポートします。

このとき、相手の専門性を尊重しつつも活発に意見交換を行うため、相手に失礼がないように自分の意見を述べる配慮が必要になります。


ここまでの説明で、病院薬剤師は、幅広い仕事を経験できる可能性があることはおわかりいただけましたか?

そんな病院薬剤師の仕事は、実は勤める“病院の種類”によっても違いがあるんです。

というわけで、病院の種類を説明した上で、薬剤師の働き方の違いについても説明していきますね。

急性期病院と慢性期病院では、病院薬剤師の働き方が違う

病院は「急性期病院」「慢性期病院」のふたつに分けることができます。


・急性期病院
急性期病院とは、緊急・重症な状態にある患者さんに、“高度で専門的な医療”を提供する病院です。
・慢性期病院
慢性期病院とは、急性期を脱して病状が安定している患者さんに、“長期間の入院医療”を提供する病院です。

このように、それぞれの病院に入院している患者さんには大きな違いがあります。
その違いが、薬剤師の働き方にどう影響しているのか、お話ししていきます。

病院に転職するときは、病院の種類をチェックしよう

急性期病院は業務がハードだが人気

急性期病院には緊急や重症な患者さんが入院してくるため、一刻を争うような場面が多いです。

そのような状況だと、患者さんの容態の変化に合わせて、処方内容が刻々と変化していくので、薬剤師はとても忙しいんです。
具体的には、処方箋の変更のたびに、処方内容が患者さんのバイタルサインや検査値に適しているか、確認します。

また、急性期病棟で働く病院薬剤師は、患者さんとじっくり関わる機会がほとんどありません。
なぜなら、急性期の患者さんは平均2週間ほどで症状が安定し、慢性期病棟に移るなどして退院していくからです。
ただ、症状が重かった患者さんが、元気になって退院していく姿が見られるという利点もあります。

このように、急性期病院の薬剤師の仕事はハードですが、やりがいが大きいため、薬剤師から人気があります。

しかも、急性期病院の数自体が少ないので、求人はとても少ないです。
もし、求人募集が出ても、人気があってすぐ定員になってしまうので、病院薬剤師への転職を考えている場合は、紹介会社を利用して、いちはやく求人募集の情報を入手するようにしましょう。
(紹介会社の活用法については、のちほど説明しますね)

ちなみに、欠員募集が出やすいのは3月初旬あたりです。
この時期は、内定していた新人薬剤師のなかで国家試験に落ちる人がでることがあるので、欠員募集をすることが多いんです。

慢性期病院は落ち着いて働くことができる

慢性期病院には、症状が落ち着いた患者さんが長期入院しています。
患者さんの急変が少なく、日々決まった薬が処方されるため、薬剤師の調剤はルーチンワークになりやすい傾向があります。

ルーチンワーク

また、慢性期病院では、患者さんが正しく服薬するための、服薬指導の重要性が高いです。
薬剤師の指導を聞き入れていただくためには、患者さんと信頼関係を築く必要があり、急性期病院と比べると患者さんとのコミュニケーションが多いんです。

勤務時間の面では、急変や急患などが少ないため、残業は少ない傾向があります。

以上のような特徴から、慢性期病院は落ち着いた雰囲気で働くことができるので、ワークライフバランスを大切にしたい人や、患者さんに寄り添った働き方がしたい人から人気があるんです。
それに、病院薬剤師の求人の大半は慢性期病院なので、条件に合う職場が探しやすいこともメリットです。


ここまで、病院の種類による働き方の違いをお話ししてきました。
あなたは、急性期病院と慢性期病院のどちらで働いてみたいと思いましたか?

病院を選ぶ方向性が決まったら、次は「転職をしてよかった!」と思えるような、自分に合った転職先を見つけたいですよね。

というわけで、最後に、病院薬剤師の求人の探し方について紹介していきます!

病院薬剤師の求人を探すポイントは、病院見学と勤務実態の確認

求人を探すときのポイントは、以下のとおりです。


  1. 病院見学をする
  2. 休日や当直などの勤務実態を確認する
  3. 出産・育児などの制度の有無や活用例を確認

それぞれについて説明します。

【病院薬剤師の求人を探すポイント】
1.病院見学をする

病院見学

年収や休日などは求人情報で確認できますが、職場の雰囲気や病院での薬剤師の立場などは、実際に見てみないとわかりません。
そのため、転職をする前に病院見学をすることをオススメします。
もし、見学の許可が出ない病院があったら、職場の雰囲気が悪いなど、なにか見せたくない事情があるかもしれないので注意しましょう。

ちなみに、以下が病院見学でチェックしておきたいポイントです。


1.薬剤師の様子

  • 患者さんに対して、丁寧な言葉づかいや態度で接しているか?
  • 薬剤管理室はきちんと整理されていて、清潔に保たれているか?

2.医療従事者全体の様子

  • 医療従事者同士が打ち解けた様子で会話をしているか?
  • カンファレンスや回診、処方提案などで薬剤師が意見を出せているか?

3.患者さんの様子

  • 患者さんは、薬剤師を信頼して服薬指導を聞いているか?
  • 患者さんは、病棟に来た薬剤師とコミュニケーションをとっているか?

これらすべての様子を見ることはできないかもしれませんが、なるべく病院全体を見学させてもらえるように依頼してみましょう。

【病院薬剤師の求人を探すポイント】
2.休日や当直などの勤務実態を確認

勤務実態を確認

病院薬剤師は、休日出勤や当直の日数が多いので、不規則な勤務が続いて体調を崩してしまう可能性があります。
そのため、勤務の実態を確認し、自分にとってムリのない範囲かどうかを検討しましょう。

【病院薬剤師の求人を探すポイント】
3.出産・育児などの制度の有無や活用例

出産予定の薬剤師は育休制度の確認を使用

今後出産を予定している場合は、出産・育児などの制度について確認してくださいね。
その際、制度だけでなく活用例があるかが重要です。
出産後に復帰している薬剤師がいるか、ママさん薬剤師がのびのび働けているかを、しっかりチェックしましょう。

病院薬剤師求人を探すポイント

また、「院外処方の割合」をチェックすることも重要です。
なぜかというと、外来患者さんの処方せん業務の有無や割合が多い場合、入院患者さんの服薬指導などの病棟勤務に携わる業務量が少なくなるからです。
服薬指導に興味がある人は、「院外処方病院」と記載がある病院を選びましょう。
院外処方病院は外来患者さんの処方せん業務をすることがないため、病棟勤務の割合が増えるからです。


さて、先ほども紹介しましたが、「薬剤師求人プレミア」にある病院とそれ以外の求人の全体数は、以下のようになっています。(2017年8月時点)



この数字からもわかるように病院の求人数は調剤薬局の10分の1以下と少なく、病院薬剤師の求人倍率は非常に高いんです。

そこで私がオススメするのは、薬剤師専門コンサルタントがいる紹介会社に登録することです。

薬剤師専門のコンサルタントに相談

実は、薬剤師求人プレミアでは、非公開で扱っている求人は掲載求人の倍以上あります。
こうした非公開求人は、登録している会員さんに優先的に紹介するため、登録していないと、その情報を知ることができません。
とくに、人気が高い急性期病院への転職を希望している方は、いち早く情報を入手することが重要です!

また、コンサルタントは多くの薬剤師の転職をサポートしてきているので、薬剤師の立場などの病院の雰囲気についても把握しているので安心なんですよ。


いかがでしたか?

病院薬剤師はハードな仕事ですが、臨床現場で薬学の知識を深めたり、チーム医療ができたりするなど、たくさんのメリットがあります。
向上心が高い人にはぴったりの職場なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

※本コンテンツはフィクションであり、実在の人物・団体との関係はございません。
※本ノベル内で取り上げているノウハウに関しましては、実際のキャリアアドバイザーからのヒアリング及び、様々な文献を参考にして構成させていただいております。


伊集院ナオコのぶっちゃけ話

・・・ところで、ナオコさん。
うちの転職相談所に来る人たちって、みんないろいろな求人サイトに登録しているんですが、結局、ナオコさんがオススメする求人サイトってどこなんですか?

う~ん、そうね・・・。
ぶっちゃけていうと、以下の2つの法則に該当する求人情報サイトかしら。


  1. 求人データベースを豊富にもつ“大手”が運営している
  2. 登録後、機械的に求人情報を提供するのではなく、転職アドバイザーが各自の裁量で、その求職者に合った求人をしっかり調べてくれる

なるほど・・・!

あ、この2つの法則って、ナオコさんが僕に教えてくれた法則ですよね?
今なら、ナオコさんがこの法則を大切にしていた理由がすごく分かります!

ふふふ、ありがとう。

・・・でも、優太も知っている通り、この2つの法則を知らずに、適当に求人サイトを選んでしまっている人はすごく多いの。
たとえば「広告をたくさん見かけるから選んだ」とか「検索順位が高いから選んだ」、とか・・・。

だって・・・、普通はたくさん露出している求人サイトを選びますよ。
さっきの2つの法則が大事だなんてこと、普通の薬剤師さんは気付かないです。

転職活動の期間中は何かと忙しいし・・・。

そうね・・・。
そこが転職業界の“闇”でもあるのよ。

でも、その“闇”から抜け出せることができるかどうかは、自分自身。
自分の人生だから、しっかり情報収集して、“何が正しいのか?”を判断しないとね。

やみくもに求人サイトに登録するのではなく、自分の個人情報を大切にして行動しなくちゃ。

なるほど・・・。

ということを踏まえると、私が言うのもなんだけど、私が今お手伝いしている「薬剤師求人プレミア」というサイトはオススメよ。
上記の2つの法則をクリアしてるから。

リクナビ薬剤師と提携しているだけあって、求人データベースの情報量がすごいですし、サイトには転職体験談もたくさん載っているので、自分と境遇の合った人を見つけやすくて、安心できますね。

そうよ。
そして、極めつけは転職アドバイザーのレベルね。
転職アドバイザーの憧れでもあるリクルートのすご腕のアドバイザーが、時間をかけて転職をサポートしてくれるので、とても安心よ。

もしかして、そのアドバイザーの中には、ナオコさんが尊敬するあの人もいるんですよね・・・?

ふふふ、そうよ。
詳しくは、今後話すわね。

薬剤師求人プレミア 伊集院ナオコが語る2つの法則をクリアした求人サイト

トップへ


Written by ソノン池田/illustrated by シルクハット上野