【最終話】 薬剤師の未来、この星の未来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

語り部渡辺

みなさんこんにちは。

私のホッペがピンクなのは、照れているわけではありません。今年も桜餅を食べ過ぎたからです。

・・・。

ついにこの時がやってきました。 今日、人類の存続をかけて、一人の薬剤師少女が 闇の力をもつ強大な相手に立ち向かいます。

泣いても笑っても、この闘いで人類の未来が決まるのです。

3,000年の時を超えた闘いが、今、完結する! 「薬剤師マキの調剤なる日々 シーズン2」ラストエピソードを刮目せよ!

モ、モニターが映らなくなりました・・・!

こ、これは・・・!!

おそらく、マキちゃんたちが闘っている場所で、強力な電磁波が発生しているのじゃろう・・・!!

マ、マキさん・・・!!

ちょ、ちょっと!!
山根、なんとかしなさいよー!!

そ、そう言われましても・・・。

・・・ってください・・・。

え?
ちょっと、山根、今何か言った?

い、いえ、私は何も言ってないんですが・・・。

私を・・・・れていってください。

???
声が・・・!

だ、誰なの??

私をマキのところへ連れて行ってください。

あ・・・アネッテが・・・。

喋ったー!!!!?

真面目な顔をして喋るアネッテを見てびっくりするナオミたち

間

間

間

はあっ、はあっ・・・。

ふっ、アテナよ。
これしきの攻撃を防いだだけで息を切らしているとは残念だ。


ま、まずいわ・・・!
マキのファーマシストエナジーの消耗が大きい・・・。

えっ!!
消耗が大きいって・・・!?
僕たち4人のパワーはもうあいつに注ぎ込んだんだぜ!!

私たちが思っていたよりもペルセポネの力が強大だったってことよ・・・。

・・・。
このままでは・・・。
マキは・・・負ける・・・!

えっ!?

イリス、気付いたか?
マキとペルセポネの力には明らかな“差異”がある。

明らかな“差異”・・・!?

アルマ、さすがね・・・。
私も違和感を感じていたの。

マキのファーマシストエナジーの総量は、決してペルセポネには劣っていないはず・・・。
でも、あれだけ圧されてしまっているのは・・・おそらく、マキの力の使い方が間違っている・・・!

ち、力の使い方が間違っている・・・!!?

マキと相対しているペルセポネ。ペルセポネは余裕な顔をしているのに比べて、マキは疲労した顔になっている

か・・・勝てない・・・。

・・・。
どうやら、3,000年の時を経たこの闘いも、わしの勝ちのようだな。
今のお前は、3,000年前よりも明らかに弱い。

・・・!

力の使い方を忘れたのか?

力の・・・使い方・・・!?

まあ、よかろう。
この闘いにも飽きてきた。

そろそろ、お前たちを消すとしよう。

・・・!!


・・・!!
ま、まずいわ・・・!!

ど、どうしたんだよ・・・!!

ペルセポネがいよいよ本気になろうとしてる・・・。
本気で私たちを消すつもりよ・・・。

マ、マジかよ・・・!!
あ、あいつ、まだ本気じゃなかったっていうのか!?

(マキ・・・!!!
しっかりして!!!
この場を救えるのはあなただけなのよ・・・!!)


(・・・勝てない・・・!!
私はペルセポネに勝てない・・・!!)

(このままじゃあ、みんなを守り切れない・・・!!!)

マキ・・・!マキ・・・!

・・・!?

だ、誰ですか!!?

・・・?
誰と話しておる?

僕だよ、僕。君に助けてもらった「紫草」さ。

いつかの紫草さん・・・!!!?


(えっ・・・!?あの時の紫草がマキの心に話しかけてる・・・!?)

そうだよ!
僕だよ、僕。
君に助けてもらった紫草さ。

紫草さん・・・!!!
私・・・!!

君が今、ペルセポネと闘っているのは知っているよ。

えっ・・・!?

僕たち、紫草は3000年の前の闘いも見ていた。
古代から生息している僕らは、「古代薬草」とも呼ばれる多年草。
長い時間の中で、君たちの闘いを見届けてきたんだ。

紫草さんが・・・!?

君のこの闘いには、君たちの未来だけじゃない、僕たち植物たちの未来も掛かっているんだ。

・・・!

だから、あいつに負けちゃダメだ!

は・・・はいっ・・・!!

・・・わ、私も・・・負けたくないです・・・。
でも、ペルセポネの力が強すぎて・・・。

君は何か勘違いしてるみたいだね。
君の力はあいつになんか負けちゃいない。

えっ!?

君が本当に闘わないといけないのは、自分自身の中にある薬剤師としての固定観念だよ。

固定観念・・・?

マキ、君はペルセポネの邪悪な力に対して、“癒やし”の力で立ち向かおうとしていないかい?

“癒やし”の力・・・!?

簡単にいえば、君は本気で闘おうとしていない。

えっ・・・。

そう。
もう一度言うよ。君は本気で闘おうとしていない。
相手を傷つけることを恐れているんだ。

あ、相手を傷つける・・・!?

わ、私の力はファーマシストエナジーです。
人々の傷を癒やす薬剤師の力、“慈愛の力”です!

“慈愛の力”?
それは違うよ。
君たち薬剤師の力は“慈愛”や“癒やし”なんてものじゃない。

えっ・・・?

生物の「闘う力」を引き出すための“鼓舞する”力なんだ。

こ、鼓舞する力・・・!!?

人が病気を治せるのは薬の力じゃない。
薬によって鍛えられた、自身の肉体の力によってなんだ。
すべての薬は、その人の肉体が強さを取り戻すためのきっかけにすぎない。

強さを取り戻すためのきっかけ・・・??

人は困難に立ち向かってこそ強くなる。
強い敵と戦ってこそ強くなる。

人間の腸にはなぜ細菌が棲みついているか知っているかい?
人間の身体の中にある免疫細胞が腸内細菌たちと闘うことで強くなるためさ。

腸内細菌がいないと、免疫細胞は強くなれないのさ。

・・・!!

分かってきたかい?

私の力は・・・。

マキ・・・いや、記憶を失った神 アテナ。

神話の英雄たちにはそれぞれ隠し名があるんだ。

アテナの隠れ名は「闘いの女神」。
君は、闘いの女神アテナなんだ。

闘いの女神・・・!?

(・・・!)

君の子孫である薬剤師たちの本当の使命は、病魔を治すことなんかじゃない。
病魔に立ち向かえるよう、人々に“闘うための力”を与えることなんだ。

闘うための力を・・・与える・・・!?

だから、君はここで倒れるわけにはいかない。
すべての人に愛と勇気と希望を与えるために、自分の未来のために闘うんだ!

闘う・・・。


マキーッ!!!

テレサおばあちゃん!?

手加減なんて要らないわ!!
この星のためにも・・・、そして、あなたのためにも・・・。
邪悪な力には“力”で立ち向かいなさい!

力には・・・力・・・!!

お前たち、何をごちゃごちゃ言っておる??

・・・。
分かりました・・・!

・・・!

・・・!
こ、こいつ空気が変わった・・・!?

はあああああああ・・・!!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

・・・!?

こ、これがアテナの力・・・!?

ペルセポネ・・・。
次の攻撃で決着をつけましょう。

・・・おもしろい。
少しはまともになったようだな。

ベリアル、この勝負、しっかり見届けるのだぞ。

はっ!!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

た・・・大気が揺れてる・・・!!
これが・・・神々の闘い・・・!?

もう、私たちには手出しできる次元ではないな・・・。

??
マキさんのエネルギーの感じがさっきと違う・・・!?
なんだろう、優しさだけじゃなく、力強さも備えたような・・・。

闘いの女神アテナ・・・。
私たちの力をあなたに託したわよ・・・!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

アテナよ、覚悟はいいか。

はい。
勝負をつけましょう。

ディスペアーボール!!!!!!

ロキソニカルフィナーレッ!!!!!!!

ディスペアーボールを打つペルセポネとロキソニカルフィナーレを放つマキ。

バシュッ!!!

カッ!!!!!

くっ・・・!!!

ま、まぶしい・・・!!!
目が開けられない・・・!!!

お互いの強大なエネルギーが衝突してる・・・!!

グググググググ・・・!!!!

・・・!

ま、まさか!!
先程は跳ね返すのがやっとだったペルセポネ様のディスペアーボールを正面から食い止めている・・・だと・・・!?

わしの攻撃を受け止めるとは・・・ふはははは・・・!!
やるではないか・・・アテナよ・・・!!!

・・・!!

グググググググ・・・!!!!

は・・・はあああああ・・・!!!!!

ギリッ、ギリッ・・・・

・・・くっ・・・!!!

はーっはっはっは!!!
アテナよ、ペルセポネ様の力に圧されておるわ!!!

どうした、アテナ!?
お前の力はこんなものか・・・!

くっ・・・くくっ・・・!!

マキ・・・!僕たちの力も使ってくれ!

紫草・・・さん・・・!?

世界中の薬草のみんな!!!
マキに力を貸すんだ!!!!

マキ・・・!!!

マキ・・・!!
がんばれ・・・!!

僕たちの地球を守って・・・・!!

世界各国に咲く薬草たちから、マキに向かって「元気玉」のようにファーマシストエナジーが集まっていく

・・・!!
こ、このエネルギーは・・・!!!

・・・!?


・・・!
目が・・・目が・・・開く・・・!?
まぶしさが低減されたんだ・・・!!

あ、あれは・・・!!

世界中の薬草たちのファーマシストエナジーがマキに集まっていってる・・・!

とても温かくて・・・そして大きな力・・・。

木の魔力は火・水・風の力と違い、この星に生まれた生命たちの力。
その生命エネルギーがマキに集まっていく・・・。

マキ・・・がんばって・・・!!


な、なんだこのエネルギーは・・・!!?

・・・!!
ち・・・力が溢れてくる・・・!

グググググググ・・・!!!!

・・・ま、まさか・・・!!!

・・・くっ・・・!
うぐぐ・・・!!!

ギリッ

・・・!!
ま、まさか・・・!!
あのペルセポネ様が圧されているというのか・・・!!?

ぐ・・・ぐおおお・・・・!!!

うっ・・・うううう・・・・!!!!

グググググググ・・・!!!!

こ・・・このままでは・・・・!!
ペルセポネ様が押し負ける・・・!!

かくなる上は・・・!!


・・・!
ベリアルの動きが変だ・・・!!

・・・!!

アルマ!テレサ!!
ど、どうしたんだ!?

ベリアルがこっちにくるぞっ!!

えっ!!!?

ビュンッ!!!

ふはははははは!!!!!
アテナよ、お前の仲間たちは魔力が尽きているのだったな!!
ペルセポネ様の攻撃を受け止めながら、あいつらを守れるかな?

・・・えっ!!?

ベリアル・・・!
お前・・・。

ペルセポネ様!私はあとでお叱りを受けようとも構いません!
私の願いはあなたの完全なる勝利のみ!

下の大地にいる魔力の抜け殻たちがちょこまか動かぬよう、八つ裂きにしてまいります!

や、やめて!!!

アテナよ!
よそ見などしている場合か!?

グググググググ・・・!!!!

くっ・・・!!!
力のバランスが少しでも崩れると、押し潰されてしまう・・・!!!

フハハハハハハハー!!!!!!!
仲間共にさよならを言うがよい!!!

テレサおばあちゃん!!!
イリス!!リタ!!アルマ!!

シュンッ!

・・・!!?


・・・!?

ベ・・・ベリアル、襲ってこないな・・・?

上空で何が起きているんだ・・・?


・・・!!

こっ、これは・・・!!!
か、身体が動かぬ・・・!!!

ふうっ、間に合いましたね。

えっ・・・あ、あなたは・・・!!?

・・・!?
貴様・・・!

な、なんだ、この猫は・・・!!?

中村と一緒に空飛ぶ座布団に乗りながら、ペルセポネの前に現れたアネッテ。ベリアルは、体中をエネルギーの糸のようなもので動きを封じ込められている。

マキ、加勢に来たわよ。

ア、アネッテ・・・!!!
アネッテが・・・喋った・・・!!!

(えっ・・・!!!?アネッテ・・・!!?)

アネッテ・・・だと・・・?

・・・!!
そうか、アテナの残留意識はこの猫に宿っていたのか。


ま、まさか・・・。
あのアネッテが・・・。

お、おい!テレサ!
アネッテって何だよ・・・!

ベリアルがこちらを攻撃してこないのは、そのアネッテっていう人が攻撃を止めてくれたからみたい・・・。

へ・・・!?
そうなのか・・・!?

アネッテってやつ随分強いんだな・・・!

ここからじゃ遠くてうっすらとしてしか見えないけど、なんだか大分小さなやつに見えるけれど・・・。

そうね・・・。
アネッテは猫だから。

そうか、猫なのか。

って、ね、ねこー!!!?

そう・・・。
マキが飼っていた猫よ・・・。

ね、猫・・・!?
なんで猫がこんなところに・・・!!

間

間

間

そうか・・・。
マキにアテナだった頃の記憶が戻らないのは、残留意識を別の生き物に残しておいたからなのだな。
貴様がアテナの残留意識か。

そうよ。
ようやく会えたわね、ペルセポネ。

ほ・・・ほわわわわ・・・。
な、なんだかよく分からなくなってきました・・・。

マキ!
よそ見をしちゃダメ!
ペルセポネに隙をつかれるわよ!

は、はいっ!!

グググググググ・・・。

アネッテ・・・。
なるほど、アテナをもじって付けた名前か。
何の工夫もない名前だな。

ふふふ、ありがとう。

まさかアテナの残留意識を別の容れ物に移していたとはな。
しかし、ここにおまえが来たおかげで、探す手間が省けたわ!
お前もマキと一緒に消し去ってやるとしよう・・・!!

はああああああああああ!!!!

(・・・!!
ペルセポネ様の力がもう一段階上がった・・・!!
やはり、このお方の力は底知れぬわ・・・!!)


ペルセポネの力がさらに上がった・・・!!!!!

くっ・・・!!

マキ、私の残留意識を受け入れなさい!
アテナである私たちの力をすべて引き出すにはその方法しかない!

残留意識・・・!!

ふっ、今頃何か策を講じたところで無駄だ。
跡形もなく消え去るがよい・・・!!!

ぐ・・・ぐぐぐぐぐぐぐ・・・!!!
わ、私・・・も、もう・・・ダメです・・・!!!

が、がんばって!!マキ・・・!!
まだ、あなたの心の中にはリミッターがかかってしまってる・・・!!
相手を傷つけまいとする慈愛の心があだとなってしまっているの!!

そ、そんなこと言われても、私にはわからないです・・・!!!

力なき正義は無力よ・・・!!
ペルセポネを傷つけることを恐れてはダメ!!
彼女の力を跳ね返そうとするのではなく、あなたの力で包み込むの・・・!!

包み込む・・・!!?

力を恐れてはダメ!
恐怖に打ち勝つの!
人々の未来、そして、この星の希望を守り抜くの!!!

未来・・・!!希望・・・!!!

はああああああああああああああああ!!!!!!

!!!?

な、なんだ、この力は・・・!!!!?

う・・・ううううう!!!!!!!!!!

グググググググ・・・!!!!

再びペルセポネ様が圧されている・・・だと・・・!!?

マキ、いくわよ!!!!!

はいっ!!!!!!

ロキソニカル・・・アイギス・フィナーレ!!!!!!!!

マキとアネッテの全力パワーによる技

バシュー!!!!!!!

・・・・!!!!!!!

ぐっ、こっ、このエネルギーは・・・!!!!!!

・・・!!!!!!!
ぐっ、くくっ・・・!!!!!!!

ぐっ、ぐぬうううううう!!!!!!
ま、まさか、まさか我々が・・・・・押し負ける・・・・とは・・・・!!!!

う・・・ううううううああああああ・・・!!!

く・・・くははははは!!!
アテナよ・・・!!!
今日のところは、素直に魔界に帰ってやろう・・・!!!

再び私は現れる・・・!
その時がお前たちの最後の時だ・・・!!!

ペ・・・ペルセポネ様・・・!!!!

はあああああああああああ!!!!!!

ドカーン!!!!!!!

間

間

間

ペロッ。

・・・。

ペロッ。

マキの頬を優しく舌でなめるアネッテ。マキを心配そうに覗き込む仲間たち

・・・!!
はっ!!

マ、マキさん!!!!!!!

マキが目醒めた!!

よかったわ・・・!!!

だ、大丈夫・・・!?
マキさん・・・!?

ほ・・・ほわわ・・・。
あ、ペ、ペルセポネは・・・!?

安心していいわ、ペルセポネは魔界へ戻ったから。

そうなんですね・・・!

しかし、なんだ、その・・・。
なんで、猫が喋ってんだよ!!?

猫・・・とは失礼な。
私は女神アテナですよ。

女神アテナって言われても、アテナはマキの方だろ?

だから、アテナとしての意識は私がもち、魔力はマキの方に・・・。

アネッテ・・・。
一つだけ教えて。

アネッテはお春さんが見つけた猫だよね。
お春さんは、あなたの正体を知っていたの?

いえ、彼女には私は「不思議な猫」としか見えてなかったはずよ。
もっとも、彼女に私を見つけるよう導いたのは私だけれども。

運命・・・。

なんだかややこしいなあ。

あっ、アルマは・・・!?

姉さんは旅立ったわ。

えっ?

あなたの闘いを間近で見て、何か思うことがあったようなの。

思うこと・・・?

間

間

間


少し前

マキ・・・。
不思議なやつだな。
たった一人でこの世界の危機を救った。

いえ、マキ一人の力じゃないわ。
あなたを含め、ここにいるみんな、そして世界中の薬草たちが力を合わせたから、マキはペルセポネに勝てたのよ。

・・・慈愛の力を超える鼓舞の力か・・・。
ああいう戦い方もあるのだな。

・・・アルマ・・・。

私はそろそろ行くことにする。

アルマ?

姉さん!?

私は何人もの人間を手にかけた。
罪深き人間たちとはいえ、自分のおこなったことは許されることではない。
本来であれば、女神と話すことも許されないだろう。

だ、だったら、僕も行くよ!!

イリス、お前はここに残れ。
お前はすでに何度もマキを救った。
これからもマキの力になってやれ。

中村もそばにいることだしな。

・・・なっ!!!
ちょ、お、お前、なんでそれを!!!

えっ??えっ???
僕がどうかしましたか・・・?

・・・なっ、なんでもねーよ!!!

姉さん、本当に行ってしまうの・・・!?

ああ、旅をしながら、自分を見つめ直すよ。
もし、お前が危険にさらされた時は、世界のどこにいても駆けつけるやる。
安心しろ。

姉さん・・・。

間

間

間

・・・ということなの。

そうなんですね・・・。
アルマさん・・・また会いたいです。

大丈夫ですよ。
アルマを含めた4人の魔女は、アテナである私たちを守護する運命(さだめ)の元に生まれた者たち。
いつかまた会えますよ。

・・・はい!

マキ、よくがんばったね・・・!

こ、この声は・・・。
紫草さん・・・!?

うん。
僕たちの周りにいる薬草たちも、君の勝利を喜んでいるよ。

ありがとうございます・・・!

今回の闘いは、君の職業である「薬剤師」にとって一番大切なことを知るきっかけになったかな?

・・・はい!!
一番大切なことに気付きました。

さすがだね、マキ。
君は最高の薬剤師だ。

・・・紫草さん・・・!

マキさん!!
お身体は大丈夫ですか?

中村さん!
はい、もう大丈夫です!

よかった~!!
また、マキが元気でヒバリ薬局で調剤している姿を見たいです。

あっ・・・!!!
またヒバリ薬局を長い間お留守にしてしまいました・・・。

そういえば・・・。
私たち、空飛ぶ漏斗でヒバリ薬局を後にして以来、一度も薬局に顔を出してないわね・・・。

そ、そうでした・・・!!!

薬局長、怒ってるかも・・・。
まあ、いいや!
マキと二人なら、薬局長も怖くないっ!

は、はいっ・・・!!!

マキさんが復帰されたら、またお薬もらいに行かなくちゃな~。
最近、ちょっと風邪気味なんですよ。
ゴホッゴホッ。

あらー。
中村くん、都合のよい風邪だこと。

えええっ、そ、そんなんじゃないですよ!
空飛ぶ座布団に乗っていると、大気の温度が低くてですね・・・。

そうかっ!!
じゃあ、オレと一緒に空飛ぶ訓練しようぜ!
空飛ぶのに慣れれば、大気の温度なんてへっちゃらだから!

え、えっと、そ、それはちょっと・・・。

中村さん、イリスさんの言うとおりですよ!
お薬は中村さんの身体を鼓舞するためのお薬ですから、中村さん自身が風邪に強い身体にならないとダメなんです。

こ、鼓舞・・・!?

これからは癒やしではなく、鼓舞でいきますです!

マ・・・マキさんが癒やしキャラから、攻めキャラに・・・!!
な、なんだか、これまで以上に僕の心が刺激されそうです・・・!!!

じゃあ、みんな!
ナオミさんや山根さんの待つ研究所へ戻りましょう。

はいっ!!!

笑顔で空を飛ぶ一同。マキとテレサは空飛ぶ漏斗。中村とアネッテは空飛ぶ座布団。イリスは風に乗って。リタは水蒸気の力を借りて。

かくして、少女たちの闘いは終わりを迎えた。

これから先、どんな悪が現れようとも、私たち一人一人の心の中に薬剤師少女がいれば、きっと乗り越えられるであろう。

長かった冒険の日々も、ひとまずお別れ。

ポーカン♪ポーカン♪

(・・・あ、そういえば、私、一度も本編に出てきてないのよね・・・。
ちょっとー!監督ー!私の扱い、どうなってるのよ!)

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

薬剤師マキの調剤なる日々実写素材特設ページへ

ランキング1位を目指してます!横のバナーをクリックして投票していただけると嬉しいですっ!
調剤薬局で働き続けてきたけど、漢方薬局なんかも良さそうね。
薬剤師の求人サイト見るのも良いわね。

Facebookページでも情報発信中!

ページトップへ