簡単調味料「たまねぎ氷」がすごい!新たまねぎの健康効果で花粉症対策にもオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

この記事は執筆から2年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。
また、現在では情報源が確認できなくなっているものもあり、随時情報を更新していく予定です。
ご不便おかけし大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

たまたまたまたまたまたまたまたまたま

ナオミ

皆さん、こんにちは!
ドイツに来ても花粉症に悩まされているナオミです。
(ドイツにも花粉症があるんです・・・)

いきなりですが、「たまたま」こと「新たまねぎ」の季節になりましたね!

新たまねぎといえば、春野菜の仲間。
漢方の世界でもしばしば登場する野菜ですが、今、たまねぎの健康効果が注目されているってご存じですか?
そして、ドイツではたまねぎが花粉症に効果が期待できる!という声もあるようです。

実は今、日本ではそんなたまねぎの”ある”調理法がブームになっています。
それは「たまねぎ氷健康法」
今日は、花粉症にも効果が期待できると言われている、病気に強い体をつくる「たまねぎ氷健康法」をご紹介します!

●今回の記事は以下の書籍・記事を参考にさせていただいています。
病気にならない! たまねぎ氷健康法(村上祥子 著)

えっ!?「たまねぎ氷」って?

「たまねぎ氷」は、料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが提唱しているたまねぎの調理法です。
たまねぎを丸ごと電子レンジで加熱した後、水分を足してペースト状にし、冷めたら製氷皿に移して凍らせてつくります。

▼ ナオミが実際につくった「たまねぎ氷」の写真はこちら

たまねぎ氷

どうですか?
シャーベットみたいで美味しそうでしょ?

このたまねぎ氷、たまねぎの栄養が丸ごと詰まっているのですが、「たまねぎ氷健康法」とはこれを色々な料理に用いることで、たまねぎの栄養を手軽に摂ろう!というものです。

たまねぎ氷の作り方や、その健康効果の解説は後でするとして、「なぜ、今、たまねぎがブームなのか?」をご説明します!

花粉症対策にオススメ!たまねぎが持つ健康パワーがすごい!

たまねぎには様々な健康効果があると言われています。
例えば、血液をサラサラにして高血圧を予防する効果や、代謝を上げる効果、疲労回復や不眠に対しても効果が期待できるんです。

不眠症には、たまねぎを大きめに刻んで枕元において寝ると、いつの間にか眠りにつきやすいようです。

漢方・東洋医学の馬場薬局 のサイトより)

血栓を予防し、コレステロール値を下げ、血液をさらさらにするなど、いろいろなたまねぎの効能が知られています(以下略)

そんな健康効果抜群のたまねぎなんですが、実は・・・
花粉症にも効果が期待できる!とも言われているんです!

ヨーロッパでは「たまねぎは花粉症の薬」
たまねぎに含まれるケルセチンもとびきり強力で、鼻や目、のどの炎症を抑える作用が高く、ヨーロッパではたまねぎの花粉症への効果が、正式に認められています。

この時期、花粉症に悩まれている方は多いですよね。
たまねぎの健康効果を試してみるのは良いかもしれません。

そんな健康効果抜群のたまねぎを「手軽に摂取しよう!」ということで生み出されたのが、最初にご紹介した「たまねぎ氷」です。

「たまねぎ氷」なら、たまねぎが苦手な人も食べられる!?

たまねぎ氷の特徴は、加熱してからつくる、ということ。
たまねぎは加熱することで、あの独特な辛味や苦味が緩和されて食べやすくなるほか、さらに美味しくなるんですね。

たまねぎには必須アミノ酸が豊富に含まれていて、加熱すると「西洋のかつおぶし」と呼ばれるほどの上品なうまみと甘みが引き出されます。

そのうまみや甘みを氷に閉じ込めて、いつでも手軽に使えるようにしよう!というのがたまねぎ氷の考え方。
(※たまねぎ氷の保存期間は冷凍で2ヶ月とされています)


では、早速つくり方をお教えします!
(下記は村上祥子さんのご著書に掲載されていた「たまねぎ氷」の調理法を参考に、私、ナオミが実際につくった時の調理法です)

たまねぎ氷の作り方

用意するもの

電子レンジ、ミキサー、製氷皿

※今回は50ccの氷が8個分作れる製氷皿を用意しました。
※製氷皿に玉ねぎの匂いが移りますので、たまねぎ氷専用の製氷皿を用意されることをオススメします。

材料

材料
  • 小さめの玉ねぎ・・・4玉(約480g)

※これでちょうど50ccの氷が8個用の製氷皿一枚分が作れます。
※新たまねぎでもOK!

たまねぎ氷の作り方
  1. まず、たまねぎの皮をむき、上側は切り落とし、底の芯を包丁でくり抜きます。

    たまねぎの皮をむく

    たまねぎの底の芯を包丁でくり抜く

  2. 次に、ポリ袋に入れ、口は閉じずに耐熱皿にのせ、電子レンジ600Wで20分加熱。
    (※ポリ袋の口を閉じると、破裂するので注意してくださいね)

    ポリ袋に入れる

    新たまねぎの場合、電子レンジで20分加熱するとかなり水が出ます。

    電子レンジで20分加熱する

  3. 加熱したあと、ポリ袋にたまった汁ごとミキサーに入れます。

    ポリ袋にたまった汁ごとミキサーに入れる

  4. 水「200cc」を加え、ピューレ状になるまでミキサーを回しましょう。

    水「200cc」を加える

    ピューレ状になるまでミキサーを回す

    サラサラになりました!

    サラサラに

  5. 製氷皿に流し入れたら、ラップをかけて冷凍。

    製氷皿

    製氷皿に流し入れる

    ラップをかけて冷凍

  6. 凍ったら取り出し、ファスナーつき保存袋に入れて冷凍保存!
    (※冷凍で約2ヶ月保存できるようです)

    凍ったら取り出す

    ファスナーつき保存袋に入れて冷凍保存

たまねぎ氷が完成

シャーベットみたいで美味しそうですよね!
これでたまねぎ氷が完成です!

「たまねぎ氷」を使った手軽で美味しいレシピ!

たまねぎ氷ができたら、早速お料理に使ってみましょう。
使い方は本当に自由!

カレーに入れたり、おじやに入れたり、甘酒に入れたり、たまねぎのうまみと甘み成分が凝縮されているからこそ、色々なお料理に使っていただけます。

今回は村上祥子さんのご著書に掲載されていた、たま味噌スープのレシピをご紹介します!
書籍に書かれていたレシピをちょっとナオミ流にアレンジしてみました。
「ちょっと最近体が疲れてるな~」という時、手軽につくれて美味しいですよ!

玉ねぎ氷

材料

  • 玉ねぎ氷 25cc分
    (上記でつくったたまねぎ氷は一つ50cc分なので、半分に切ります。氷なので一見固そうに見えますが、実際は柔らかく、簡単に半分に切れます)
  • みそ(ダシ入り)大さじ1杯
  • 熱湯 適宜
    (お好みの濃さで調整してください。氷を入れるので、熱いお湯にします)
  • お豆腐
    (ちょっと小腹が空いてボリュームがほしいなと思った時に。豆腐を使えば火を通さなくて良いので楽ちんです)

たま味噌スープ

あっという間に出来上がりっ!

簡単!早い!美味しい!
そして、花粉症対策にもオススメ!

まさに良いことづくしの「たまねぎ氷」。
是非皆さんも試してみてくださいね!

あっ、今回は、たまねぎ氷をご紹介しましたが、もし、この他のたまねぎレシピを知りたいという方は、野菜検索エンジン「クックル」を使えば、春に食べたい、美味しいたまねぎレシピがたくさん見つかりますので、良かったらチェックしてくださいね!


あっ、ペットを飼っている方はご存じだと思いますが、猫ちゃんや犬ちゃんには玉ねぎは危険なので、あげないでくださいね!
また、どんな食べ物も摂りすぎは良くないので、摂りすぎには注意して下さいね。


※このコラムは薬剤師マキが日々学んだ健康ノウハウなどをご紹介していくコーナーです。
※このノウハウは薬剤師マキが独自に勉強したノウハウですが、体調などによって効果の違いはあります。実践される際はくれぐれも自己責任でお願いいたします。


本編ストーリーはこちらをクリック

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

薬剤師マキの調剤なる日々実写素材特設ページへ

ランキング1位を目指してます!横のバナーをクリックして投票していただけると嬉しいですっ!
このサイトの転職情報・・・好条件すぎるッ!
ゲーテ様にご報告せねば!

Facebookページでも情報発信中!

ページトップへ