登場人物相関図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「薬剤師マキの調剤なる日々」は、薬剤師の藤本マキ(24)、そしてその仲間が織りなす物語。

「魔女おばさん」と言われたドイツ人の祖母の影響で、ヒバリ薬局の漢方薬剤師になったマキ。
薬剤師の仕事を始めたばかりの彼女は日々勉強の身。その彼女を多くの仲間が支えます。

はたして、マキは一人前の漢方薬剤師になれるのでしょうか?

登場人物相関図

Facebookページでも情報発信中!

ページトップへ