第13話 ドクターウェルズの魔の手。薬剤師マキ最大のピンチ到来!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

語り部渡辺

皆さん、こんにちは。
あなたの心のオリオン座、渡辺です。

ゲーテの野望を阻止するためドイツに降り立ったマキたちはマキの祖母のいる町を目指す。

やがて辿りついたその町はゲーテの瘴気(しょうき)に包まれていた。

果たして、マキの祖母は無事なのだろうか?
そして、空港で拉致された中村の運命は一体?

今、マキたち一行を最大のピンチが襲う・・・!

コンコン

コンコン
コンコン

おばあちゃん、マキです、日本からやってきました。

・・・。

おばあちゃんいないのかしら?
もしもーし、マキちゃんのおばあちゃ-ん、私たち日本からやってきましたー。

・・・あら?

ナオミさん、どうしたのかえ?

扉に・・・鍵がかかっていないようです。
・・・マキちゃん、入ってみる?

・・・はい!

ギーッ

シーン

おばあちゃん・・・?

!?
フーッ!フーッ!

ミントどうしたの!?

アネッテ、いや、ミントは邪悪なエネルギーを感じることができる。
この家に何かがおるぞよ・・・!

・・・!
ぐっ、ぐうっ!!!

ハ、ハルトマン!?ど、どうしたの!!?

ぐっ、ぐううう、む、胸が・・・!!
胸が痛い・・・!!

えっ!?大丈夫!!?

も、もしや・・・!?

ふっふっふ・・・、苦しいか、ハルトマン・・・。

こ・・・この声は・・・!?

・・・!?
この声は聞き覚えが・・・ある・・・!
ぐっ、ぐうう・・・!!

ゲーテ様に逆らうとは、この身の程知らずが。
お前の命は我々が握っているのだ。

お、お前は!?

ゴゴゴゴ

ウェルズ博士!!

フハハハ!!
思い出したか、ハルトマンよ。
ゲーテ様の直属の部下は、皆、胸に毒入りカプセルを埋め込まれていることを。

カ、カプセル!?じゃあ、ハルトマンは!?

マドモアゼル・ナオミ。
そう、我々はハルトマンの命をいかようにも操作できるのだ。
カプセルにはチップが埋め込まれており、無線操作が可能。
今ハルトマンを苦しめているのは、そのカプセルから漏れ始めた毒だ。

ひ、ひどい・・・!!

ハルトマンさん!!大丈夫ですか!?

ぐっ、ぐうっ・・・!!
し、しかし、なぜお前がここに・・!?

洗脳が解かれたと同時に忘れてしまってたようだな。
そのカプセルには盗聴器が付けられていたことを。

と、盗聴器!?

お前たちがドイツに訪れ、マキの祖母を訪ねることは、こちらに筒抜けだ。
自分たちからまんまと罠にかかりおって。

そ・・・そんな・・・!

ウェルズ!

ふっ・・・、久しぶりだな、アンナ。
またの名を「アンナ・カトリーナ・シェーンコプフ」。

ドドドドド

アンナ・カトリーナ・シェーンコプフ・・・?

マキちゃん、そう、それがわしの本当の名じゃよ。

ウェルズよ!
研究者としての理念までもゲーテに奪われおったか。

何をいう!
ゲーテ様のメディカル・エデン計画は、世界の医療に革命をもたらそうとしている。
その計画を阻止しようとするお前らこそ、全人類の敵だ!

わしが研究所を去った後、お前たちに何があったのかは知らん!
しかし、当時のお前たちは、研究に情熱を注いでいたではないか!

ふっ、今この状況でお前たちに何を言っても仕方がない。
そこで黙って見守っておれ。
まずは裏切り者を消さねばな・・・!

ぐっ、ぐううう・・・!!!

ハルトマン!!
ちょ、ちょっと!!何てことするのよー!!!
ハルトマン、元仲間だったんでしょ!?こんなことしなくても良いじゃない!!

おやおや、わしに楯突く気かね?
ハルトマンがどうなってもよいのかね?

く、くっ・・・!!

だ・・・大丈夫だ、ナオミさん・・・!
私はこれくらいでは倒れはしない・・・!!

ハルトマン!!

ふはははは、強がりおって。
それそれ、毒の量をどんどん増やしてゆくぞ。

ぐっ、ぐわあああああ・・・!!!

お、お春さん・・・!!どうすれば・・・!!

マキちゃんの力なら、あやつを倒すことは造作ないはずじゃ。
ただ、今、ハルトマンの命を握っているのはあやつ・・・!
迂闊には動けん・・・!!

そ・・・そんな!!
ハルトマンさんが死んじゃう・・・!!

マキ、大丈夫ですよ

こ・・・この声は・・・!?
お・・・おばあちゃん!?

マキ、よく私の元へ来てくれましたね。私は今、あなたの心へ思念波で伝えています。

思念波・・・。
おばあちゃん、おばあちゃんは今どこに・・・!?

マキ、よく聞きなさい。私はここにいません。ですが、もうすぐ会えることでしょう。今は目の前のお友達を救うことを考えなさい。

は、はい・・・!
で、でもどうしたら・・・!?

薬剤師少女はね。どんな悪意やウイルスにも負けないの。私の孫なら、自分の力を信じて。

両手を目に。そして、こう叫びなさい。「クラビット・アイ」と!

クラビット・・・アイ・・・

おばあちゃん!私、やってみる!

ス・・

ぐっ、ぐわあああああ・・・!!!

そろそろトドメを刺すとするか・・・!
ハルトマンよ、さらばだッ!!

待ちなさい!!

ん??なんだ?
お前も私に楯突こうというのか?

すーっ・・・

「クラビット・アイ!!!」

ドォッ

!!!?


※本ノベルはフィクションであり、実在の人物・団体との関係はございません。


マキの心に響く祖母の声。
その声はマキの眠れる力を引き出した!

炸裂するクラビットアイ!
その閃光の先に薬剤師少女は何を見るのか!?

次回、薬剤師マキの調剤なる日々。

「愛・・・おぼえていますか?」

この次もポーカンポーカン♪

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

薬剤師マキの調剤なる日々実写素材特設ページへ

ランキング1位を目指してます!横のバナーをクリックして投票していただけると嬉しいですっ!

Facebookページでも情報発信中!

ページトップへ