第2話 知っているのと知らないのとでは大違い!あっと驚く季節野菜の健康効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

語り部渡辺

皆さん、こんにちは。
現代という鳥かごの中の小さな存在、渡辺です。

今年も暑い夏が近づいてまいりました。

夏と言えば「夏野菜」。
夏野菜といえば、トマト、茄子、かぼちゃ、きゅうり、とうもろこし、ピーマン、オクラ、みょうが、にんにく、ししとう、いんげん、枝豆、大葉、モロヘイヤ。

夏野菜をはじめ、野菜には「春野菜」「秋野菜」「冬野菜」・・・というように、それぞれの野菜にあった四季があるといわれており、四季を感じる野菜のことを「季節野菜」と呼びます。

今回のストーリーでは、季節野菜に隠された秘密が取り上げられるようですが・・・。

悩む中村

うーん、どうも最近体調が優れないなあ。ブツブツブツ・・・。

あ!中村さん、今日はどうされたんですか?

お・・・っと、マキさん、こんにちは。
考え事をしながら歩いてたら、近くまで来ちゃったみたいです。

え、たしか、中村さんの会社は55km先でしたよね?

あ!
ぼ、僕にとっての55kmって、庭を散歩するみたいなものですよ。
だから、ついこのあたりまで歩いちゃうんですよねー。
あははははは。

元気いっぱいなんですね。

そうなんですよ、元気いっぱい、脂肪いっぱいで・・・。
ってちがーう!
あ、実はですね、僕、最近また体調が優れなくてですね。
ここは是非、マキさんの優しさがたっぷり詰まったお薬をいただけないかなあ、と思いまして・・・。

うーん、体調が優れないんですか。
もしかしたら、食生活が原因かもしれないですね。

あ、そうだ!
昨日ナオミ先輩に教えていただいたんですが、「季節野菜」を食べられてみてはいかがでしょう?

季節野菜を頭に浮かべるマキ

季節野菜?

はい!今の時期なら夏野菜がすごく身体にいいんですよ!

あれ、中村、あんた、また来てるの?

ビビる中村

ぎゃあ!!!出たっ!!!

ギャーギャーうるさい男ね。

あ、ナオミ先輩、今、中村さんに季節野菜を食べることをオススメしてたところなんです。

あら~、マキちゃん偉いわね。
感心感心。
早速、昨日の勉強が役に立ってるってことね。

はい!
・・・ただ、中村さんに季節野菜についてどのように説明しようか迷ってて・・・。

なるほどね。
じゃあ、今から私が見本を見せてあげるわ。

中村!
私が今からあんたに「季節野菜の秘密」を教えてあげるから、耳かっぽじって聞きなさいよ!

き、季節野菜の秘密??

ナオミ先生の季節野菜講座 これであなたのモテキ到来!

皆様、こんにちは。
セクシーグラマーファーマシストの伊集院ナオミです。

抱きたい薬剤師ナンバーワンの座を狙っています。

・・・と自己紹介はさておき、あなたはスーパーで野菜を買うときに、「春野菜」「夏野菜」「秋野菜」「冬野菜」という言葉を見たことがありませんか?

それら四季の名前が付いた野菜を総称して「季節野菜」と呼びます。

季節野菜とは、簡単にいえば、その季節に食べれば、野菜本来のポテンシャルを発揮してくれる野菜のこと。
たとえば「夏野菜」は夏に食べるといい野菜、「秋野菜」は秋に食べるといい野菜のことを指すんです。

ただ、ここで疑問がわいてきます。
なぜ、季節ごとにオススメの野菜が分かれているのか?

実はそこには漢方の知識が深く関わっていたのです。

漢方の世界では、私たち人間の身体にも「春夏秋冬」という四季があるとされています。
一年を通し、四季ごとに、私たちの五臓六腑の動きは少しずつ変化しているというのです。
だから、四季に合わせた野菜を食べることで、私たちの身体が調整されるんですね。

それでは、ここからは、四季別にどんな野菜を摂ればいいかをご紹介します!

春野菜編

春といえば、動物が冬眠から目覚める季節ですよね。
厳しい寒さが続いた冬が過ぎ去り、陽気な季節になっていきます。

そんな春は、冬の間に溜まった老廃物を昇華する季節でもあります。
つまり、春は「冬の間に溜め込んでしまった老廃物」を排出する「デトックスの季節」といえます。

では、どうすればそのデトックスは成功するのでしょう?
そのひとつの答えが、“春野菜を食べること”なんです。

■春野菜はデトックスを手助けしてくれる野菜

春野菜を食べれば、「冬の間に溜め込んでしまった老廃物」のデトックスが始まるといわれています。

春野菜は別名「体を目覚めさせる野菜」ともいわれ、デトックスを助けてくれる野菜だと知られています。

■春野菜の例

春野菜一覧

菜の花、そら豆、たけのこ、セロリ、グリーンピース、アスパラガス、春キャベツ、新玉ねぎなど、えんどうまめ、など

夏野菜編

続いて、夏。

夏は暑く、体の中に熱がこもりやすい季節です。
身体の中に熱がこもってしまうと、身体のあちこちにダメージが出てしまいます。

そのダメージを防ぐためには、身体にこもってしまった熱をそのままにしないこと。
つまり、こもってしまった熱を冷ましてあげる必要があるんです。

■夏野菜は体を冷やしてくれる野菜

実は、身体に籠もった熱は野菜を食べることで調整できます。

とくに夏が旬の「夏野菜」には、体の熱を冷まして、温度を下げてくれる効果が期待できます。

夏野菜には水分を多く含む野菜が多く、排尿を促進してくれる利尿作用のある野菜などもあります。
尿を出すことで、身体の中の水分が循環します。
その結果、身体が冷えるというわけです。

■夏野菜の例

夏野菜一覧

トマト、茄子、かぼちゃ、きゅうり、とうもろこし、ピーマン、オクラ、みょうが、西瓜など。

お春さん

秋野菜編

秋は空気が乾燥し始める季節。

秋の後には、寒い寒い冬が待ち構えています。
冬は体力がとくに奪われる厳しい季節。
その厳しい冬に備えるためには、夏の間に消耗した体力を補う必要があります。
そこで、秋をどう過ごすか?が大切になるんです。

実は秋は「身体を落ち着かせる季節」とも呼ばれていて、秋が旬の「秋野菜」には、身体を落ち着かせる効果があるといわれています。

■秋野菜の例

秋野菜一覧

じゃがいも、さつまいも、山芋、里芋、しいたけ、ごぼう、れんこん、銀杏、にんじんなど

冬野菜編

さあ、最後の四季は、寒い寒い冬です。
寒い寒い冬を乗り切るためには、とにかく、身体を温めてくれる野菜が不可欠。

冬が旬の「冬野菜」の多くは、身体を温めてくれる野菜なんですよ。

■冬野菜は体を温めてくれる野菜

冬に人気の料理といえば「おでん」や「お鍋」。
たとえば、おでんの中でもとくに人気なのが「大根」!
実は大根は「冬野菜」って知ってました?

大根以外にも、お鍋に入れる野菜の定番「白菜」も冬野菜です。

冬野菜には、大根や白菜をはじめ、かぶ、ねぎといった根菜類が多くあるんです。

■冬野菜の例

冬野菜一覧

大根、かぶ、白菜、ねぎ、ほうれん草、小松菜、ゆり根、にら、生姜など。

お春さん

な、なるほど・・・!

夏に食べる冷やしトマトって、とっても美味しいですよね。
美味しくて、体を冷やしてくれるなんて素敵!

そうよ、マキちゃん。
季節野菜には、それぞれの役割があるのよ
つまり、それぞれの四季に合った野菜を食べるようにすれば、何倍も素敵な人生を過ごせるのよ~。

ぼ・・・僕の今までの人生は何だったんだ・・・!!

は?

春も夏も秋も冬も、毎日ジャガイモを食べていた僕の人生を返してくれ!!

毎日ジャガイモ・・・。

あ、そういえば・・・。
中村さんって、ジャガイモに似てますね。

中村さんって、ジャガイモに似てますね

ガーン!!!

す、すいません!!僕は今日はこれにて失礼しますっ!!

うおおお!!!デトックス!!!デトックス!!!このお腹をデトックスしなければー!!!
菜の花菜の花ー!!!

ビューン!!

中村くん

中村・・・。
今は夏で、デトックスをするのは春だぞ・・・。
夏に菜の花はない・・・。

中村さん行っちゃいましたね。
体調不良は大丈夫だったんでしょうか?

(マキ・・・恐ろしい子!)

そしてヒバリ薬局は今日も平穏な日々を終えるのであった。

スペシャル付録!季節野菜のまとめ図!

ナオミ先輩に教えていただいた季節野菜の知識が一枚のイラストになりました!
あなたのスマホで保存しておけば、スーパーで野菜を買うときに便利ですよ♪

季節野菜のまとめ図

季節野菜の秘密を知り、夏野菜レシピにチャレンジしようとするマキ。
しかし、その時、ロケット座布団に乗ったお春さんが突進してきた!

マキの運命や如何に!?

次回、薬剤師マキの調剤なる日々 第3話

その時、お春が動いた!野菜レシピ検索サイト「クックル」

この次もポーカンポーカン♪


※本ノベルはフィクションであり、実在の人物・団体との関係はございません。
※本ノベル内で取り上げているノウハウに関しましては、複数の薬剤師さんからのヒアリング及び、下記の文献を参考にして構成させていただきました。


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

薬剤師マキの調剤なる日々実写素材特設ページへ

Facebookページでも情報発信中!

ページトップへ