• このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは就寝中に「寝返り」を打つタイプですか?
寝返りには、就寝中のからだ全体の血行をよくし、筋肉の疲労をなくすことで、快眠を実現する効果があります。
だから、寝返りをうまく打てている人はよい睡眠をとれている可能性が高いんです。今回は、よい寝返りを打つための「まくら」の選び方についてお話します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝晩と少し暑さが和らいできましたが、お昼はまだまだ暑い日が続いていますよね。
「夏バテで最近疲れやすい・・・」という方も多いのではないでしょうか?

そういう方に、是非多めに食べて欲しい食べ物があるのです。
それは、「卵」です♪

「卵はコレステロール値を上げるので、1日1個まで。」といわれますよね?
実はコレ、間違ったまま広がってしまった健康常識なのです。

今回は、卵の食べ方の新常識と卵の健康パワー、かわいいゆで卵レシピもご紹介しますので、お楽しみに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「毎日シャンプーしているのに頭がかゆい・・・!」あなたは、そんなお悩みありませんか?
頭にかゆみがあると、つい無意識にかいてしまいフケが落ちて、不潔な印象を与えてしまうかもしれません!
でも、どうして毎日洗っているのに頭がかゆくなるのでしょうか。
今回はそんな、毎日シャンプーしているのに、頭がかゆくなってしまう原因と対策をご紹介!
普段、頭のかゆみに悩まされている方には、ぜひ見て頂きたいと思いマス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、お風呂上がりに、冷えた牛乳を飲むのが大好きなのですが・・・最近ハマっているのがライスミルク!
ライスミルクはその名の通り、お米を原料にした低カロリー・低脂肪なミルクで、最近流行の飲み物なんです。

作り方は、超カンタンで、余ったお米をミキサーにかけるだけ。
今回はそんな「ライスミルク」の作り方と、夏を乗り切る冷たいヘルシーなレシピをご紹介いたします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、普段バランスよく栄養を摂るために、サプリメントなどを利用されていたりしますか?

健康への関心が高まっている昨今「サプリメント(通称:サプリ)」や「特定保健用食品(通称:トクホ)」の種類や服用事例が、増加傾向にあります。
それにともない、薬剤師の方々は、医薬品だけでなく、サプリやトクホの相談に応じる機会も増えてきたのではないでしょうか?

サプリやトクホの説明は、医薬品とはまた少し違った難しさがあります。
今回は、2つの相談事例をもとに、患者さんへの答え方ご紹介したいと思いマス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョンです!
みなさんの中には、「小さい頃は粉薬を飲むのが苦手だった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
大人が思っている以上に、粉薬を飲むのを苦痛と感じている子供は多いものです。
薬局における子供への服薬指導は、子供本人というより、むしろその親御さんに行うことが多いかと思います。
今回は、子供への服薬方法について、具体的な例を挙げながらご紹介していきマス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は昔と比べて「飽食の時代」と呼ばれるぐらい食が豊かになり、いつでもお腹いっぱいにごはんを食べられるようになりました。
しかし、こんなに食が豊かになった現代でも、過去数十年にわたり、身体に不足している栄養素があるんです!
それは、「カルシウム」なんデス!

「カルシウム不足」と言われ続けている日本人に、長年愛されているカルシウム錠剤があります。
それはワダカルシウム製薬株式会社が作る「ワダカルシューム錠」です。

その名のとおり、カルシウムを補う錠剤なのですが、実はなんと、結核の治療のためにつくられた薬だったのです!!
今回はそんな、「ワダカルシューム錠」の、感動の誕生ストーリーをご紹介しマス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、あなたは最近、疲れやすかったりしませんか?
例えば、仕事帰りや休日など「いつもは外へ出かけられるのに、最近は家でグッタリしている」なんてことはないでしょうか?

もしかしたら、それは免疫力が低下しているせいかもしれません・・・!
免疫力が低下すると、「疲れやすい」「肌が荒れやすい」などの症状がでてくるんです。

では、その「免疫力」というものは、いったい身体のどこで作られているのでしょうか?
実は、「免疫力の70%は腸で作られている」そうなんです。

ということは、腸を元気にすることで免疫力が高まり、疲れにくく元気な身体になることが出来るんですね!

今回は、そんな腸を元気にしてくれる、「腸内環境を改善、超カンタンお手軽レシピ」をご紹介いたします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ニュースで危険ドラッグや脱法ハーブによる事件を目にすることが多くなりました。

例えば、事件を起こした直後に泡を吹いていたり、逮捕されたときにハイテンションで騒いでいるという、危険ドラッグ常用者の姿が目に焼き付いている方も多いのではないかと思います。

そんな、怖い印象の強い危険ドラッグですが、なぜ「危険ドラッグ」という名称になったのか?
そして、これからどのように取り締まっていくのか?
今回は、この2点について、ご紹介いたしマス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、みなさんは、昨年度の日本の高齢化率をご存知でしょうか?
高齢化率とは、総人口に占める65歳以上の高齢者人口の割合のことです。

内閣府から発表されているレポートによると、平成26年度は25.1%と過去最高になったそうで、今後も高齢化率の増加が続くと見込まれています。

そんな中、薬剤師の職域拡大の一環として、在宅介護の現場への参入が期待されていることをご存知でしょうか?
とくに、在宅介護では、医師や看護師などによるチーム医療での、強固な連携活動が求められます。

今回は、薬のプロとして把握しておくべき事柄をご紹介しマス!

薬剤師求人プレミアへ