知らないと大変かも!?子供に薬を飲ませる時の注意点とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

こんにちは!薬剤師ネットのジョンです!

あなたは子供の頃、粉薬を飲むのが苦手ではありませんでしたか?
あるいは、大人になった今でも、苦手だという方もいるかもしれません。

そんな、大人でも苦手な粉薬、多くの子供にとっては当然、苦痛だと感じる事が多いでしょう。

乳幼児にお薬を上手飲んでもらうコツ

そして、薬が苦手な子供への服薬指導は、子供本人というより、むしろその親御さんに対して行うことが多いかと思います。

そこで今回は、子供への服薬方法について、具体的な例を挙げながらご紹介していきマス!

基本的な服薬指導時のコツ

大人でも、薬の苦さは苦手ですよね。
子供であれば、嫌がるのも仕方ないかもしれません。

最近の小児用の粉薬は、甘い味をつけることで、苦みの解消が進んできています。
しかし、口の中に入れた後のざらざらとした感触は、未だに解消できていません。

粉薬

そんな、ざらざらした感触を防ぐための方法があるのです。
薬の水への溶けやすさの違いにより、以下の2つの方法にわかれマス!

1.水に溶けやすい薬の場合
少量の水や微温湯に溶かしてスポイトなどで少しずつ口にいれる

2.水に溶けにくい薬の場合
一回分の薬をお皿に入れ、少量の水分で練って小さな団子状にする
団子状にした薬は、清潔にした指先で子供の口の中に入れ、上顎や頬の裏側になすりつけた後、すばやく湯冷ましを飲ませます。
この方法は、意外と知られていませんので、ぜひ試してみてほしいデス!

子供が飲みやすい味に変える

他にも、子供が飲みやすい味に変える、という方法があります。

●すりつぶしたバナナに混ぜる
バナナ好きな子供は多いのではないでしょうか?
バナナをすりつぶし薬を混ぜて食べさせてあげると、すんなり服薬してくれます。
味や香りが強い完熟バナナだと、さらに薬の苦さを感じにくくなりますよ!

バナナ

●その他の甘い食品に混ぜる(※組み合わせに注意!)
薬に甘い味をつけるために、薬を水飴やシロップなど、様々な食品に混ぜることがあるかと思います。
しかし、組み合わせには注意が必要です。

代表的な例として、1歳未満の乳幼児の薬には、蜂蜜は混ぜてはいけないということがあります。

ハチミツ

蜂蜜の中には、ボツリヌス菌が「芽胞」という休眠状態で含まれています。

成人の場合は、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)または腸内フローラと呼ばれる、腸内の細菌の群れが正常に発達しているので、ボツリヌス菌は増殖することができません。
しかし、1歳未満の乳幼児の場合、この腸内細菌叢が未発達のため、腸管内においてボツリヌス菌が増殖することがあります。
ボツリヌス菌は増殖する際、毒素を産生するため、乳幼児にボツリヌス症が起こることがあります。

以前、厚生省から注意喚起の通知が出されたこともありますので、注意してくださいネ!

坐薬、点眼薬、テープなど、外用薬のちょっとした工夫例

子供の薬といえば、粉薬だけでなく、坐薬や点眼薬、貼り薬などもあります。
それぞれ使用する際、ちょっと工夫をすると、子供に処方しやすくなるので、その方法をお教えしマス!

●坐薬
便を出してから坐薬を使用しても、坐薬を挿入した刺激で便意を再びもよおしてしまい、坐薬を出してしまうことがあります。

これは大人でも起こりうることなのですが、小児だと便意を我慢することが大人よりも難しいですよね。
そういう時は、便意を我慢できるように、側に寄り添いながら他のことで気を紛らわせてあげるといいですね。

●点眼薬
点眼薬を嫌がる子供も多いかと思います。

そういう時には大人のひざの上に仰向けに寝かせて、安心感を与えながらまぶたを引っ張って点眼した後、しばらく目を閉じてじっとさせるようにすると良いです。

点眼薬

●点耳薬
点耳薬も、目薬と同様に子供が嫌がる薬ですよね。
嫌がる場合は、子供が寝ている間に、こっそりさしてあげてください。

●貼り薬
喘息などの際に処方される「ホクナリン®テープ」というものがあります。
このテープ、子供だと、気になってしまい、すぐにはがしてしまうことがあります。

これでは、せっかくの効果が台無しになってしまいます。
そういう時は、腕にはっても、同じ効果を得ることができるのですが、腕と服がこすれることで、自然にはがれてしまう可能性があります。

そこで、子供にホクナリン®テープを貼る場合は、背中に貼ることをオススメします。
背中であれば、手が届かない上に、服との摩擦も比較的少ないため、はがれてしまう可能性も低くなります。


いかがでしたか?

子供は、少しでも苦痛がないように薬を飲ませて、早く元気にしてあげたいですよね。
他にも、「服薬ゼリーでお薬をデザート風に作ってあげる」など、色々と方法はあるかと思います。

子供への服薬方法について、今回の記事が参考になったのであれば幸いです!


※今回の記事は、下記の著者のメルマガ記事と書籍を元に編集したものです。


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他の職場が気になる、という薬剤師さんへ!

薬剤師ネットが「薬剤師さんのための求人サイト」を立ち上げちゃいました。東京で働いている薬剤師さんや、大阪で働いている薬剤師さんなど、転職成功体験談がたくさん集まってきていますので、是非チェックしてみてくださいね!

薬剤師求人プレミアへ