危険ドラッグ規制に画期的な解決策が採用!ドラッグ撲滅への夜明け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

この記事は執筆から2年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。
また、現在では情報源が確認できなくなっているものもあり、随時情報を更新していく予定です。
ご不便おかけし大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは!薬剤師ネットのジョンです!

最近、ニュースで「危険ドラッグ」「脱法ハーブ」による事件を目にすることが多くなりましたよね。
・・・例えば、何かの事件を起こした直後に泡を吹いていたり、ハイテンションで騒いでいるといった、衝撃的な逮捕者の姿が目に焼き付いている方も多いのではないかと思います。

危険ドラッグ

そんな怖い印象が強い危険ドラッグですが、以前は「合法ドラッグ」という名前だったと記憶している方も多いと思います。

なぜ、「危険ドラッグ」という名称になったのでしょうか?
そしてこれから、この危険ドラッグは、どのように取り締まっていけばよいのでしょうか?

今回は、この2点について、ご紹介しマス!

「危険ドラッグ」という名前に至るまでの経緯とは!?

「危険ドラッグ」は、当初、法律で規制されていない成分を含んでおり、違法性がないということで、「合法ドラッグ」と呼ばれていました。

しかし、「合法」という言葉を用いたことで、ポジティブな印象を与えるようになってしまい、薬物の乱用が後を絶たなくなってしまったのです・・・。

薬物の乱用

その問題を受け、「合法ドラッグ」という言葉は、2000年頃に「脱法ドラッグ」という名称に変更されました

しかし、この「脱法」という言葉でも、結局は「違法ではない」という意味に解釈されてしまい、相変わらず薬物の乱用は続いていたのです・・・。

そこで2005年に、厚生労働省は、違法性をはっきりと明示するため、「違法ドラッグ」へと名称を変更しました。


ただ、「違法」という言葉は、法律に違法しているという意味の言葉です。

そのため、多くの人から、「法律で規制されていないのに、"違法"という言葉をつけるのは分かりにくいのではないのか?」という意見が出始めました。

そして、3度目の正直ということで、2014年、厚生労働省と警察庁が一体となって、一般人にもわかりやすい名前を一般公募することになったのです。

選ばれた名称は「危険ドラッグ」!

公募を開始してから、多くの方から名前の応募がありました。
この問題は関心が高い方も多く、約2万件の応募があったそうです。

応募された名称の中には「廃人ドラッグ」「準麻薬」といった過激な名称もあったそうですが、選考の結果、危険性がストレートに伝わりやすいと思われる「危険ドラッグ」という名称が選ばれました。

※ちなみに、危険ドラッグは英語で「リーガル・ハイ」と呼ばれますが、人気法律ドラマ「リーガルハイ」とはまったく無関係です。
ドラマの方は、「法律(リーガル)を介して“ハイ”になるから!」と名付けられた造語だそうデス!

危険ドラッグ規制に画期的な解決策が採用!?いたちごっこに終止符か?

危険ドラッグは、以前は液体成分を使ったものが多くありました。
ですが最近では、煙を発生させる「ハーブ系」のものが多く出回っています。

このハーブ系のものは、「お香として売る」など、取り締まりに対する“抜け道”がつくりやすいことと、手軽に使えることから、乱用が広がっていきました。

ハーブ系危険ドラッグ

現在の法律では、「吸引」といった摂取目的でのハーブ系ドラッグの販売は法律違反となっています。

しかし、インターネットなどでは、危険ドラッグが、「芳香剤」や「観賞用」といった名目で販売されており、購入者が吸引目的で使っていたとしても、実際にはわからないという現状があります。

そこで、厚生労働省はこのような「抜け道のある規制」を少しでも強化しようと動き始めました。

たとえば、これまでの厚生労働省の対応では、「これは危険ドラッグだ!」と指定する際、新しく発見された成分を一つひとつ個別に調べる方法が採用されていました。

しかし、その方法では、新たに出てくる成分すべてを調べる必要があり、途方もない時間と労力がかかってしまいます。

そこで最近では、「ある基本化学構造から類推される、あらゆるパターンの類似構造物質を包括的に危険ドラッグとして指定する方法」が導入されています。

この「類推」という視点が新しいですね。
類推される物質であれば、すべて危険ドラッグとして指定されるのです。

この新しい指定方法によって、一度に多くの物質を規制できるようになりました。

また、平成26年12月には、“麻薬取締官を緊急採用する”ことが政府により閣議決定されました。
麻薬取締官の緊急採用も、危険ドラッグ撲滅への動きの一つといえますネ。

薬剤師は、薬(化学物質)の安全性や危険性のプロフェッショナル。
こういった「危険ドラッグ」に関する知識も深めておきたいものですネ!


※今回の記事は、下記の著者のメルマガ記事を元に編集したものです。
著者:宮川 隆
薬剤師ほか第一種放射線取扱主任者など10以上の資格を保有。
現在は、東京大学大学院医学系研究科がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特任助教


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師は、薬(化学物質)の安全性や危険性には精通していると見なされていますので、「危険ドラッグ」についても、理解を深めておきたいものですネ!薬剤師BBSでは、匿名なので病院や薬局ではなかなか聞きにくいことでも、聞きやすい環境になっています。是非、あなたのお悩みやアドバイスをお待ちしていマス!!

今話題の転職サイトをちょっと覗いてみませんか?

薬剤師ネット運営の「薬剤師求人プレミア」では、調剤薬局やドラッグストア、漢方薬局など、様々な業種別求人を特集中です!また、随時更新の「薬剤師ポールのメモ帳」も目が離せません!

薬剤師求人プレミアへ