インフルエンザの予防に必要なのは歯みがきだった!?あらゆる病気を防ぐための口腔ケアの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

こんにちは、ナナです♪

「みなさんは、なんのために歯磨きしていますか?」
「そんなの、虫歯予防のために決まっているじゃないか・・・!」と思われるかもしれません。

もちろん、虫歯予防も大事なことですが、実はなんと、歯みがきすることで、インフルエンザの予防にもつながるんです!

というのも、成人の口の中にはなんと300種類もの細菌が生息していいて、歯に付着した歯垢1mgには1億個以上の細菌がいるといわれています!

つまり、口の中をキレイにすることを怠ると、細菌が爆発的に増殖して、インフルエンザを含め、様々な病気の原因になってしまうんですね!

歯磨きは病気予防の基本

今回は、そんな「口腔ケアを怠ると引き起こされてしまう病気」と、その対策方法についてご紹介していきます!

口内環境の悪化は「万病の元」

先ほど、口の中にある細菌が、様々な病気の原因になっているとお伝えしました。
ここでは、口の中の掃除を怠ると、どのような病気が引き起こされるのかについて、ご紹介していきます。

歯をみがかないとインフルエンザになる!?

「インフルエンザ」はもしかかってしまうと、自分だけでなく、空気感染で人にもうつる可能性があるため、自宅待機を余儀なくされてしまいます・・・。
学校や職場にも行けなくなるので、この時期絶対にかかりたくない病気ですよね。

実は、歯磨きをしっかりして口腔内を清潔にしておくと、そんなインフルエンザにかかりにくくなるといいます!

インフルエンザ予防

というのも、インフルエンザウィルスは、気道の粘膜に付着して増殖します。
本来、鼻からのどにかけての粘膜は、タンパク質の粘膜で覆われているため、このインフルエンザウィルスは付着することができません。

・・・しかし、口の中が汚い場合は別です!
口の中の細菌が作り出す「プロテアーゼ」という酵素が、鼻からのどにかけての粘膜を破壊し、インフルエンザウィルスが侵入するのを手助けしてしまうのです!

プロテアーゼは、口の中が汚れていると増えるため、発生させないためにも、口の中を清潔にしておくことが大切なんです。

それを証明するかのように、日頃から丁寧な歯みがきを行っている人とそうでない人では、「インフルエンザの発症率に10倍の差があった」という報告もあります。

歯周病から心臓の病気に!?

日本人に最も多い病気とは何かご存知ですが?
実は、「歯周病」なんだそうです。

厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、25〜34歳の若い世代で約80%、45~54歳の中年層では88%もの人に、歯周病、または歯周病の兆候がみられるといいます。

ご存じかもしれませんが、歯周病とは、歯をささえる歯肉や周辺に炎症が起きて、悪化するとあごの骨の中にある歯槽骨(しそうこつ)が溶けて、歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病

そんな歯周病の原因となるのが、「歯垢(プラーク)」です。

歯垢ときくと、「食べカス」のことだと思っている人も多いかと思いますが・・・実は、歯垢は、歯周病菌という細菌のかたまりなんです。
この状態で放っておくと、やがて歯が抜け落ちてしまうことになります。

このように、歯周病は、一般的には歯を失ってしまう病気と思われていますが、実はそれだけではありません。

なんと、心臓の病気・・・狭心症や心筋梗塞の引き金にもなるんです!

歯垢から発生した歯周病菌は、歯肉から血管を通って、心臓に移動します。
そこで、心臓の血管壁に炎症を引き起こし、炎症部分に動脈硬化が起こることで、狭心症や心筋梗塞の原因になるというのです。

歯周病のある人は、歯周病でない人と比べて心疾患を発症する可能性が高く、歯周病が進行するほど、心疾患を発症する可能性がさらに高くなるとも言われています。

歯周病の人は糖尿病になりやすい!?

先ほど紹介した「歯周病」ですが、実は「歯周病の人は糖尿病になりやすい」といわれています。
(逆に「糖尿病の人は歯周病になりやすい」ともいわれます)

というのも、糖尿病の人は、血液中の血糖値が高い状態(高血糖な状態)にあり、高血糖な状態だと、唾液の糖分濃度も高くなってしまいます。
なぜなら、唾液は血液から作られているからです。

唾液の糖分濃度が高いということは、「歯周病の原因菌」の栄養が豊富にあるということ・・・つまり、「細菌が繁殖しやすい環境」になってしまいます。

口内環境を清潔に保って、糖尿病の予防に努めたいですね♪

口の中をキレイにしていないと肺炎になる!?

普段、何気なくしている歯みがきですが、口の中をキレイにするのを怠ると、肺炎まで引き起こしてしまうというのをご存知でしょうか?

歯周病菌が肺炎を引き起こす

これは、高齢者に多いケースなのですが、歯周病菌を含む唾液が、気管支から肺に入ることで、肺炎を引き起こしてしまうことがあります。

詳しく説明すると、食べ物が食道に入らず気管に入り込むことを、「誤嚥(ごえん)」といいます。
万が一、誤嚥により気管に食べ物が入ったとしても、多くの人は「ゴホッ!ゴホッ!」と、咳をすることで、食べ物を押し戻し、肺の中に食べ物が入ることを防いでいます。

しかし、高齢者や体力の弱っている人は、咳で食べ物を押し戻す反応が弱まっています。
そのため、誤って歯周病菌を含む唾液が、肺に入ってしまうことがあります。

このように誤嚥が原因で、肺炎を引き起こすことを「誤嚥(ごえん)性肺炎」といいます。

もちろん、高齢者だけでなく若い人も誤嚥をすることはあるので、常に口の中を、細菌の少ないきれいな状態に保っておくにこしたことはありません。

口内環境が悪いと骨粗しょう症も悪化させる!?

「骨粗しょう症」は、長年の生活習慣や加齢によって引き起こされる病気のことですが・・・実は口内環境が悪いと、骨粗しょう症を悪化させるというのです。

歯周病が骨粗しょう症を悪化させる

骨粗しょう症は、身体中のあらゆる部分の骨がもろくしてしまう病気のなのですが、当然、口の中の骨も例外ではありません。
歯を支えている骨である「歯槽骨(しそうこつ)」を、もろくしてしまうのです。

そして、このような「身体中の骨がもろい状態」において、口の中を清潔にしていないと大変なことになります。
まず、口内で繁殖した歯周病菌が歯槽骨を溶かし、さらに身体中の骨までもろくしていってしまうんです・・・!

原因としては「骨粗しょう症になったから、歯を支える骨も弱まってしまった」ということになりますが、口の中が汚いと、それらの病気の進行を早めてしまうんですね・・・!

それを証明するかのように、骨粗しょう症の女性を対象にした調査では、歯周病の治療を受けて口の中をキレイにしている人は、(骨粗しょう症の治療を受けていないのにも関わらず)骨粗しょう症の進行を抑えることができていたそうです。

口の中をキレイにしておくことで、骨の病気を予防・改善することができるんですね。

口内環境を改善する歯みがき方法

ここまでは、口の中が汚れていることで、色々な病気が引き起こしてしまうということをお伝えしました。

しかし、逆に考えれば、口内環境を清潔にしていれば、これらの病気は防げるということ!
ということで、ここからは口内環境を清潔にするための方法をご紹介していきます♪

実はほとんどの人が自己流?歯磨きの基本を知ろう!

まずは、基本中の基本である、歯みがきの方法をご紹介していきます。
歯みがきは、次の3つのポイントを注意することが大切です。

●歯みがきの3つのポイント

  1. 歯面にきちんとあてる
    歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目、歯と歯の間にきちんとあてる。
  2. 軽い力で磨く
    歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力でみがく。
  3. 小刻みに動かす
    5~10㎜の幅を目安に、小刻みに動かして1〜2歯ずつみがく。
    1か所につき20回以上を目安に、ていねいに歯みがきするようにしてください。

食後すぐ磨くと逆に歯をもろくする!?歯磨きは食後40分後がベスト

先ほど紹介した、歯磨きの方法も大事なのですが、実は歯磨きするタイミングも大事。
多くの人は「食後すぐに歯磨きをする」と思いますが、実はこれは間違いなのです!

というのも、食べ物が口に入ると、口内の細菌が酸を生産し始め、歯の表面が酸性化していきます。
歯の表面が酸性化すると、歯の表面を覆っている「エナメル質」が柔らかくなってしまいます。
エナメル質は歯の強度を保つ鎧のようなものなので、これが柔らかい状態・・・つまり食後すぐに歯みがきをすると、柔らかくなっている歯を傷つけてしまうのです!

これを防ぐためにも、食後すぐは、歯を磨かかず、40分ぐらい後にする方が良いでしょう。
なぜなら、その40分間で、唾液が酸を中和し、柔らかくなったエナメル質を元の固さにもどしてくれるからです。

実は唾液には、以下の記事でも説明されているとおり歯や口の中の酸の洗浄をおこなう役割があります。

たとえば、レモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物を見たときに自然と唾液が出ますよね?

あれは、口の中に酸が入ってくることを予想して、唾液がスタンバイしているんですね。
つまり、唾液は、虫歯菌が作り出す酸から私たちの歯を守るガーディアンなんです。

また、溶かされてしまった歯の表面のエネメル質の結晶を新しく形成し、元の健康な状態に戻すこともできます。
(それを「再石灰化(さいせっかいか)」と呼びます)

日本人の多くは歯磨きの方法を間違えてる!?大人のマナーとして知っておきたい正しい歯磨きの方法

このように唾液は、口内環境を改善してくれる「優れた保護剤」ともいえるのですが、唾液が口内を十分に中和するのにはだいたい40分以上かかるといいます。

歯磨きは食後40分後がベスト

つまり、食後40分程度経ってから歯みがきをするのが、理想的といえますね♪

歯みがきマスターを目指そう!一歩上いく口腔おすすめケア

ここからは、歯みがきマスターを目指すための、一歩上をいく口腔ケア方法をご紹介していきます。

重曹うがいで歯医者いらず

お昼ご飯やおやつを食べた後、口の中のカンジや口の臭いが気になることってありませんか・・・?
しかし、仕事中など、いつでも歯を磨けるわけないですよね・・・・

そこでオススメしたいのが、料理や掃除で使われる重曹を使った「重曹うがい薬」
これをペットボトルに入れて持ち歩くことで、いつでもカンタンに口の中を清潔にすることができます!

重曹うがい薬

「重曹」には、歯を白くする効果や口臭・虫歯予防の効果があるので、うがいだけでもある程度口の中を清潔にすることができますが、できれば歯みがき前と歯みがき後の両方に重曹うがいすることをオススメします!

なぜなら、まず歯みがき前の重曹うがいでは、歯垢が取れやすい状態になります。
さらに、歯磨き後にも行うことで、唾液と同じ成分(重炭酸塩)である重曹が、唾液と同様に口内を中和してくれ、柔らかくなった歯のエナメル質を元の固さにもどしてくれるからです。

それでは早速、「重曹うがい水」の作り方をご紹介いたします。

●材料

  • 500mlのペットボトル
  • 重曹(ティースプーン1杯)
  • 水道水
    ※ミネラルウォーターだと保存ができない恐れがあります。

●重曹うがいの方法

  1. 500mlのペットボトルに水とティースプーン1杯ほどの重曹を入れ、よく振ってかき混ぜます。使う水は水道水です。
  2. 重曹でのうがいは、喉でガラガラとするのではなく、くちゅくちゅとお口全体にいきわたるように行います。歯みがき前なら数分じっくりと口でクチュクチュ、歯みがき後なら30秒程度が理想的です。

みがき残しを大幅に除去できる歯ブラシ「ワンタフトブラシ」

あなたは、歯医者さんでこんな歯ブラシをもらったことはありませんか?

ワンタフトブラシ

この歯ブラシは、予防歯科先進国と言われるスウェーデンを初めとした国で推奨されているという、「ワンタフトブラシ」です。

ナナも、歯医者の衛生士さんにおすすめされたことがあります♪
毛先が、三角になっている歯ブラシのことで、通常の歯ブラシでは届かない磨きにくい箇所や歯並びの悪いところなどを、ピンポイントで磨くことができます。

●毎日歯みがきをしても、磨き残しはなんと「50%」!ワンタフトブラシを使って、みがき残しを20%に減少させる!

実は、歯みがきが上手な人が歯を磨いても、みがき残しが「約50%」あると言われています。
しかし、このワンタフトブラシを使用することで、みがき残しを「約20%」までに減少させることができるというのです。

では早速、ワンタフトブラシを利用した歯みがきの方法をご紹介いたします♪

1.赤い歯垢染色液で、歯を染める(歯垢染色液は歯科医院や薬店などで購入できます)
2.赤く染まった「みがきにくい部位」を中心に、ワンタフトブラシを使用して2分間みがく
3.残りの赤く染まったところを、いつものように歯ブラシ(ソフト)で1分間ちょこちょこと小さくみがく

歯垢除去率がグンと上がる? スウェーデン式“究極”の歯みがき法

歯ブラシを1本増やして、ワンタフトブラシで2分、いつもの歯ブラシで3分磨くことで、磨き残しを20%に減少し、口内環境を大幅にキレイにすることができちゃいます!

皆さんも是非おためしください♪


いかがでしたか?

虫歯予防のためだけではなく、あなたの体全体の健康のためにも、口の中をキレイに保つことが大事なのです。

歯磨きは病気予防の基本

今日から早速試して、お口の健康とともに、あなたの健康も手に入れてくださいね♪


※今回の記事は、下記サイトを参考にさせていただきました。


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯磨きが、体全体の健康にも影響してしまうんです!今日から早速、重曹うがい薬とワンタフトブラシを試してみたいですね♪薬剤師BBSでは、匿名なので病院や薬局ではなかなか聞きにくいことでも、聞きやすい環境になっています。是非、あなたのお悩みやアドバイスをお待ちしていマス!!

今の給料に不満があって転職を考えているのなら・・・

転職は給料をアップするためのひとつの方法ですが、ただ職場を変えるだけでその後もずっとうまくいくとは限りません!

もし、あなたが「転職することで給料を上げたい」と思っているなら、こちらの記事を一読されておくことをオススメします!

変えるのは職場と、あなた自身の考え方の両方かもしれません!

薬剤師の転職時の給料アップに必要なこと(薬剤師ポールのメモ帳)

薬剤師求人プレミアへ