お米がミルクになる時代?カロリーハーフの「ライスミルク」で夏を乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

この記事は執筆から2年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。
また、現在では情報源が確認できなくなっているものもあり、随時情報を更新していく予定です。
ご不便おかけし大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは、ナナです♪

6月も後半になり、もう半袖で過ごせるくらいの暑さになってきましたね。

私は、こんな暑い日は、一日の終わりのお風呂上がりに、冷えた牛乳を飲むのが大好きなのですが・・・
最近ハマっているのはこちらです!

ライスミルク

・・・実はこのミルク、お米でつくった「ライスミルク」なんです!

ライスミルクは、その名の通りお米を原料にしたミルクのことで、最近はハリウッドセレブも愛飲している、今流行の飲み物なんです!

牛乳と比べ、低カロリーかつ低脂肪、植物性なのでコレステロールも含まれていません。
しかも、作り方は余ったお米をミキサーにかけるだけ、超カンタンにご家庭で作ることができちゃいます!

ライスミルクの作り方

ライスミルクは、お米の自然な甘さを持ち、クセのない味なのでそのまま飲むのはもちろん、カレーやハンバーグなどの料理に調味料として使うこともできます♪

今回はそんな、低脂肪・低カロリーな「ライスミルク」の作り方と、暑い夏を乗り切る冷たいヘルシーなレシピについてご紹介♪
アレルギーで牛乳や豆乳が飲めないという方にも、オススメですよ♪

そのまま飲んでもOK、さらに甘味料や調味料の代わりにもなる「ライスミルク」

ライスミルクは、その名の通り、ご家庭にあるお米を使ってカンタンに作ることができます。
しかも、牛乳と違って脂肪分が少ないので、ダイエットしている方にはうってつけです。

1.アレルギー体質でも、ライスミルクなら美味しく飲める!
牛乳を飲めない「乳製品アレルギー」や、豆乳を飲めない「大豆アレルギー」の方でも、ライスミルクなら飲むことができます。

2.ダイエット中の方にもオススメ!低カロリー・低脂質な甘味料!
ライスミルクの自然な甘みは、お米に含まれている「でんぷん」が糖になることで生まれたものです。
甘みがあるということは、カロリーなどが気になるところですが・・・なんとこのライスミルク、牛乳と比べるとカロリーは約半分、脂質は約20分の1!

ライスミルク栄養素

砂糖などの甘味料の代わりはもちろん、みりんなどの調味料代わりにも使え、カロリー・脂肪分の少ないヘルシーな料理ができちゃいます。
ダイエット中の方には、嬉しいですよね!

3. 酵素の力でお肉を柔らかくし、まろやかさをプラス!
ライスミルクには、酵素が含まれています。
酵素は、タンパク質を分解して、お肉を柔らかくしてくれます。

唐揚げの鶏肉に揉み込んだり、ハンバーグに混ぜたりすることで、お肉が柔らかくなり食感がよくなりますよ。
また、ライスミルクは口当たりがいいので、煮物などに使えば、まろやかさをプラスすることもできちゃいます。

作り方は超カンタン、余ったご飯をミキサーに入れるだけ!

実は、ライスミルクはスーパーで買うと、「1リットル600円以上」と、なかなかのお値段・・・(汗)

ということでナナは節約のためにも、自分でつくっていますが、とってもカンタンに作れますので、ぜひ試してみてくださいね。
それでは、ライスミルクの詳しい作り方と、これからの暑い季節にピッタリなライスミルクのレシピをご紹介していきます♪

ライスミルクの作り方

ライスミルクは、お家にある生米で作ることができますし、炊いて余ったご飯でも、作ることができます。
生米でも炊いたご飯でも味に違いはないのですが、生米で作るとサラサラに、炊いたご飯で作るととろみがつきます。

ライスミルク

※自宅で作るライスミルクは、長期間の保存には向いていないので、その都度必要な量を作るようにしてください。

●材料

  • 生米または炊いたごはん・・・大さじ2
  • ・・・200ml
  • はちみつ・・・大さじ1
  • ・・・少々

●作り方(調理時間:

  1. 生米または残りご飯、大さじ2をミキサーに入れる
    (生のお米は20分ほど水に浸しておくと、ミキサーにかけた時にかくはんしやすくなります)
  2. ミキサーに1カップ分の水を加える
  3. はちみつ大さじ1と、塩少々を加える。
    (はちみつの代わりに、メープルシロップを使ってもOK)
  4. ミキサーで1分以上かくはんし、材料がしっかり混ざったら茶こしでこす。

夏にオススメ!ひんやり冷たいライスミルクレシピ

暑いと、カロリーが高いとわかっていても、冷たいアイスやジュースがほしくなりますよね。
そんな時にオススメなのが、低脂肪で低カロリーの「ライスミルクのデザート」です♪

子供がアイスやジュースをほしがった時なんかにも、ぜひ作ってみてあげてくださいね。

低カロリーなアイスココアハニー

ココアを、牛乳ではなくライスミルクで作ります。
また、お砂糖の代わりに蜂蜜を入れれば、さらにカロリーを抑えることが出来ます♪

ココアライスミルク

●材料(1人分)

  • ライスミルク 200cc
  • ココア(無糖) 小さじ2
  • はちみつ 小さじ2

●作り方(調理時間:

  1. ココアとはちみつを小さなボールで混ぜ合わせてペースト状にする
  2. ライスミルクに加えてよく混ぜる。
  3. 氷を入れてアイスココアハニーの出来上がり。

栄養バツグン!アイスグリーンスムージー

ライスミルクは、低カロリー・低脂質とお伝えしましたが、カルシウムやタンパク質もほとんど含まれていません。
なので、カルシウムが豊富な小松菜や、タンパク質が豊富な肉・魚・豆と合わせて使うと、栄養バランスのとれた食事になります。

ということで、ライスミルクと小松菜を合わせてスムージーにすれば、低カロリーかつ栄養バツグンのドリンクに早変わり♪

スムージーライスミルク

●材料(約500ml)

  • ライスミルク・・・300ml
  • バナナ・・・1本
  • リンゴ・・・1/2個
  • 小松菜・・・1/2株

●作り方(調理時間:

  1. バナナとりんごは皮を剥き、一口大の大きさに切る。
     小松菜はざく切りにする。
  2. 材料をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。
  3. 氷を入れて、アイスグリーンスムージーの出来上がり。

ライスミルクがほんのり甘い、皮ごと食べて栄養満点・さっぱり冷製じゃがいもスープ

最後は、晩御飯にも最適♪
夏の疲れた体を癒してくれる、冷製じゃがいもスープをご紹介します。

ジャガイモとライスミルクの、二つの自然な甘みに加え、ジャガイモの皮も一緒にスープにするので、じゃがいもの栄養も丸ごと摂取。
体に嬉しい栄養満点の冷静スープですね♪

じゃがいものライスミルクスープ

●材料(2人分)

  • じゃがいも・・・1個
  • 長ネギ(白い部分)・・・1本分
  • ライスミルク・・・100ml
  • コンソメスープの素・・・100ml
  • ・・・適量
  • 黒胡椒・・・適量
  • 小口切りの細ねぎ・・・適量

●作り方

  1. じゃがいもはよく洗い、皮ごと角切りにする。長ネギは斜めに切る。
  2. フライパンに油をひき、中火にかけ、長ネギを入れてよく炒める。
    じゃがいもをフライパンに入れ、表面が透明になるまで炒める。
  3. ライスミルクとコンソメスープの素を加えて20分ほど煮込む。
    材料が柔らかくなったら、火からおろしてよく冷ます。
  4. ミキサーでなめらかになるまでかくはんし、冷蔵庫で冷やす。
    ライスミルク(レシピ記載量以外に適量加える)でのばし、塩、黒胡椒で味を整えてから器に盛り、小口ネギを散らす。

いかがでしたか?

これから暑い夏がやってきます。
どうしても冷たくて甘いデザートが食べたくなってしまった時は、ライスミルクを試してみるのはいかがでしょうか?

低カロリー・低脂質のライスミルクで作るデザートなら、ダイエット中でも安心して食べられますよね♪
今回ご紹介した、冷たいライスミルクレシピで、今年の夏も健康的に乗り切りましょう!


※下記の書籍とWEBページを参考にさせていただきました。


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
低カロリーで栄養満点なライスミルクを、今日から早速、普段のお料理の中で使ってみてくださいね!薬剤師BBSでは、匿名なので病院や薬局ではなかなか聞きにくいことでも、聞きやすい環境になっています。是非、あなたのお悩みやアドバイスをお待ちしています♪

一生に一度きりの人生だから!

「今働いている職場を転職したらどうなるんだろう?」そんなことを考えたことはありませんか?薬剤師ネットが運営する新しい求人サイト「薬剤師求人プレミア」では、色々な企業のプレミア求人を取り扱っています。(例:スギ薬局日本調剤 etc・・・)

薬剤師求人プレミアへ