知る人ぞ知る!地域限定のおくすり「ご当地医薬品」とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

この記事は執筆から2年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。
また、現在では情報源が確認できなくなっているものもあり、随時情報を更新していく予定です。
ご不便おかけし大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは!薬剤師ネットのジョンです!

最近、ご当地キャラやご当地グルメなどがブームになっていますよネ!
その地域でしか見られない「地方の名産」には何か心魅かれるものがありますね。

みなさんは、「医薬品は全国で共通している」と思ってませんか?
実は、医薬品にも「ご当地もの」があるのです!

ご当地ものとは「一部地域ではたくさん売れているのに、他の地域では販売すらしていない」といったものです。

ご当地医薬品

今回は、加藤三千尋さんの著書「薬剤師があなただけにソッと教える薬の裏話」を参考にしながら、ご当地医薬品についてご紹介していきマス!
(加藤三千尋さんは、薬剤師でありながら有名クイズ番組で活躍し、伝説のカルト王と呼ばれている方です)

ご当地医薬品には名薬が多い!?

関東で有名な健胃薬は「百草(ひゃくそう)」ですが、関西では「陀羅尼助(だらにすけ)」です。
関東と関西を比べただけでも、違いがあるのが面白いですよネ!

ご当地医薬品

ちなみに、全国規模で売っている「百草丸」は、粉状の「百草」に他の生薬も加えて粒状にしたもので、まったくの別物なんですよ。

板状の「陀羅尼助」を粒状にしたのが「陀羅尼助丸」で、全国的には「陀羅尼助丸」の方が主流になっています。
作用も「陀羅尼助」は下痢止めなのに対し、「陀羅尼助丸」は胃腸薬という少し違う薬効となっており、別物といえますネ!


また、九州ではテレビCMも流れていて、知らない人がいないであろう風邪薬「後藤散(ごとうさん)」は、九州を離れるとほとんど見かけることはなく、知名度も皆無です。
九州から東京に旅行で来た人が、東京中を探しまわって結局は見つからなかった、というくらい流通していないようです。

このように各地方では名薬の名を欲しいままにしていても、場所が変われば無名の薬になってしまう例はたくさんあります。

  • 長崎の咳止め薬「ヘデクパウダー」
  • 熊本の貼り薬「速治膏(そくぢこう)」
  • 水戸の強心剤「司命丸(しめいがん)」
  • 東京・上野の繁華街で今でも売られている健胃薬「守田宝舟(もりたほうたん)」

地方ごとにざっと見てみても、こんなにあるんですね。

ご当地医薬品にも危機が!?

近年、大手チェーンドラッグストアの台頭により、家族経営の地域密着型薬局が減ってきています。

ドラッグストア

こういった状況ではご当地医薬品の小さな製造メーカーが、全国展開している大きなメーカーよりも不利になってきて、ご当地医薬品製造の危機になっているそうです。

近年の製造過程では、厳密な統計学的手法が義務づけられ、「経験によるさじ加減が重要なご当地医薬品にはなじまない」ということも一つの理由です。

今後、ご当地医薬品がなくなってしまうかもしれないと想像すると、少し寂しい気がしますね・・・。

ご当地医薬品に明るい話題も!!

一方、明るい話題もあります。
宮城県の一部地域のみで有名であった婦人薬「塩竈蛮紅華湯(しおがまさふらんとう)」が、大手メーカーの大鵬薬品によって商品名「塩釜さふらん湯」として全国展開されたのです。

塩釜さふらん湯

また、別の方法で活路を見いだした例もあります。

滋養強壮舐薬「大木五臓圓(おおきごぞうえん)」の製造メーカーである大木製薬は、「大木五臓圓(おおきごぞうえん)」が、医薬品としては規制を超えられそうにないと判断しました。

そこで、食品として使える成分を使って元の処方に近い製品を作れば、医薬品としてではなくとも、市場に流通させることができると考えたのです。
その結果生まれたのが、「健養五臓圓(けんようごぞうえん)」です。

食品なので、滋養強壮の効果をうたうことはできませんが、同様のものが手に入るのですから愛用者には嬉しいですネ!


いかがだったでしょうか?

医薬品としては、存続が厳しい状況にある「ご当地医薬品」。
ですが、故郷を離れた人がご当地医薬品を一口飲めば、故郷を思い出すこともあるかもしれません。

そんなご当地医薬品にはずっと廃れないでいて欲しいですネ!


※参考書籍
薬剤師があなただけにソッと教える薬の裏話

※今回の記事は、下記の著者のメルマガ記事が原文となっております。
著者:宮川 隆
薬剤師ほか第一種放射線取扱主任者など10以上の資格を保有。
現在は、東京大学大学院医学系研究科がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特任助教


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご当地キャラやご当地グルメだけでなく、ご当地医薬品というものがあるのをご存知でしたか? 故郷を思い出すことができるご当地医薬品、ずっと廃れないで欲しいですネ! 薬剤師BBSでは、匿名なので病院や薬局ではなかなか聞きにくいことでも、聞きやすい環境になっています。是非、あなたのお悩みやアドバイスをお待ちしていマス!!

今の職場にちょっと不満がある・・・という薬剤師さんへ!

薬剤師ネットが運営する新しい求人サイト「薬剤師求人プレミア」では、高額給与や土日休みの求人など、ここだけの人気求人情報をご提供しています。詳しくはご利用ガイドをチェック!

薬剤師求人プレミアへ