これで冷え症も怖くない!【プロ直伝】冷えを改善する3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

この記事は執筆から2年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。
また、現在では情報源が確認できなくなっているものもあり、随時情報を更新していく予定です。
ご不便おかけし大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは、ナナです♪

ちょっと前まで暑かったのに、急に冷え込んできましたね。
今年は例年より寒い冬になるのだそうです。

多くの女性のみなさんは、毎年この季節は「冷え」に悩まされているのではないでしょうか・・・。

寒さで体温が下がると、血行が悪くなってしまいます。
すると、老廃物が溜まりやすくなったり、身体に必要な栄養がスムーズに運ばれづらくなります。
冷えはあなどれません・・・!

そこで今回は、冷え改善のプロの方々が執筆された書籍「冷えとりの知恵袋~体を温めると健康になれるから」を参考に、体の中から冷えを改善する方法についてご紹介します♪

冷え度チェック

まずは、みなさんの冷え度をチェックしてみましょう。
自分に当てはまる項目をチェックしてみてくださいね。


Q1.
□ 寝付き、寝起きが悪い、または熟睡できない
□ 好き嫌いが多く、同じものをよく食べる
□ ストレスや心配事がある
□ 生活が不規則
□ 冷たい飲み物や食べ物をよくとる
□ ガム、ケーキ、ジュースなど、甘いものが好き
□ 低血圧である
□ お風呂はシャワーだけのことが多い
□ 冷房が苦手
□ 頭痛、腰痛、肩こりの少なくとも1つに悩んでいる
□ 下痢または便秘になりやすい
□ イライラしたりやる気が出ないことが多い
□ 肌がくすんでいたり、顔色が悪かったりする


Q2.
□ 常に体温が36度以下である
□ 朝、寝起きで冷えている部分がある(お腹や太ももが脇の下より冷たい)
□ 常に手足が冷えている

引用元:「冷えとりの知恵袋 体を温めると健康になれるから」

Q1は1項目につき1点、Q2は1項目につき5点として計算してください。
みなさんは何点になりましたか?

合計点が0から1点の人は「冷えの心配はなし」だそうです!
2〜4点の人は「軽度の冷え状態」5点以上の人は「深刻な冷え状態」です!

ナナはというと、見事に「深刻な冷え状態」でした・・・。

冷えを改善!この3つの対策をすれば安心!

「生姜は冷えに効く!」というのをよく聞きますよね。
生姜の他にも、シナモンや唐辛子など、冷えに効く食材は他にもあります。

そのような「冷えに効く」という食材を毎日の食事に取り入れることで、体の中から冷え性体質を改善していきましょう!

毎日無理なく取り入れるための3つの方法をご紹介します♪

1、朝起きたら、まず「白湯」で冷え対策

朝起きたら、まず「体温より少し高い白湯」を1杯飲む!

朝は、1日の中で最も水分が失われているので「白湯(さゆ)」を吸収しやすく、また、体温が低いため白湯によって体が温まりやすいのだそうです。
(※白湯とは、いったん沸騰させた湯をぬるく冷ましたものです)

白湯を飲むことで胃や腸が温まって、腸管が活発に働き出し、熱が作られ、冷えにくい体質へと変化していくのだとか。
白湯はカロリーが0なので、安心して飲めますね♪

また、日中に紅茶やコーヒを飲まれる方は多いかと思いますが、「冷え」にっとてはあまり良くないそうです。
紅茶やコーヒに含まれるカフェインが交感神経を刺激することにより、血管が収縮し血流が悪くなり、体が冷えてしまう原因になるのだとか・・・。

もし冷えが気になる方は、日中に飲んでいるコーヒーやお茶を白湯に変えてみるのもいいかもしれません

2、体を中から温める食材で体質改善

普段口にするものが栄養となり、みなさんの体を作っています。
・・・ということは、単純ですが、普段口にしている食材を「選ぶ」ことが大事になってきます。

食材には、「体を冷やす食材」と「体を温める食材」と「中間の穏やかな食材」があるのをご存知でしょうか?
冷え性の方は、意識して「体を温める食材」を摂るように心がけてください。

体を温める食材の基準とは、以下の5つです。

  1. 寒い時に取れるもの
  2. 寒い地方でとれるもの
  3. 色の濃いもの
  4. 味の濃いもの
  5. 地中に向かって伸びるもの

●1.寒い時に取れるもの
小松菜、みかん、くるみ、あずき、たら、ぶり

●2.寒い地方でとれるもの
りんご、さくらんぼ、ぶどう、玉ねぎ

寒い地方でとれるもの

●3.色の濃いもの
そば、黒砂糖、玄米、羊肉、黒豆、あずき、黒ゴマ、かぼちゃ

色の濃いもの

●4.味の濃いもの
えび、ニラ、ニンニク、生姜、味噌、醤油、塩分が高いもの(漬物、塩辛、佃煮)

味の濃いもの

●5.地中に向かって伸びる食べ物
にんじん、山芋、ごぼう

地中に向かって伸びる食べ物

3、「オリーブオイル」で温め効果倍増!

体を温めたい時には温かいものを飲むと良いのですが、残念ながら、その温め効果は一時的なものでしかありません。

ところが、その温め効果を長くしてくれるものがあるというのです。
それは、「エキストラバージンオリーブオイル」です。

エキストラバージンオリーブオイルは、油膜が広がりやすい性質があり、他の種類の油に対して、油膜の広がり方が約3倍にもなるそうです。

なので、温かいものと一緒に摂ると、オリーブオイルが胃の中で蓋の役目をしてくれて、一緒に摂取した食べ物の温度を冷めにくくしてくれ、体の中から温まる時間をより長くしてくれるのだとか。

冷え解消のためにオリーブオイルを摂取する際のポイントは、

  • 必ず温かい物と一緒に摂取すること
  • 新鮮なエクストラバージンオリーブオイルを使用すること

です。


オリーブオイルと聞くと、洋食を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、和食でも無理なく摂取できます。
オリーブオイルで野菜を炒めたり、けんちん汁や煮込み野菜に少し入れたり。
また、鍋や、温かいうどんにかけるのもお手軽でおススメです。

ただし、冷えに効くからといって摂り過ぎると、太ってしまいます。
1日トータルで大さじ1杯半を目安に摂取するようにしてくださいね♪

では、ここで、オリーブオイルを使ったスペシャルスイーツのレシピをご紹介します!

スイーツでオリーブオイル:焼きバナナ

ナナがオススメしたいレシピは、エキストラバージンオリーブオイルを使った焼きバナナです。
(参考:とても美味しい「丸ごと焼きバナナのオリーブ風味」を御紹介致します (小暮BLOG)

時間のない朝でも簡単に作ることができて、体の中からぽかぽかな1日を始めることができるレシピです。
ぜひ、みなさん作ってみてくださいね。

[材料]
バナナ
エキストラバージンオリーブオイル

[作り方]
1.バナナは、丸ごとオーブントースターに入れて、皮が真っ黒になるまで焼きます。
2.皮をむいてお皿に乗せ、軽く天然塩を振り、エキストラバージンオリーブオイルをかける。
3.お好みで、粗挽きのブラックペッパーやシナモンパウダーをふる。

どこでも簡単にできる冷え対策

今回は冷え特集ということで、最後に、どこでもできる冷え対策「指先マッサージ」をご紹介します♪
力を入れすぎず軽く刺激を与える程度で、1分ほど試してみてくださいね。

指先マッサージ「ほおずき揉み」

※効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

体の末端にある指先は、静脈と動脈が切り替わるポイントってご存じでしたか?

指先の血流が良くなると、全身の血行が改善され、体温が上がりやすくなりなります。

ぜひ、試してみてくださいね♪

寒さの本番はまだまだこれから!!
体調を崩すことなく、健康に過ごしたいですよね。
今回ご紹介した方法で、体の中からぽかぽかな冬を過ごしていきましょう♪


※今回の記事は、下記の書籍とWebサイトを参考にさせていただきました。


本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。
ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。
もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の給料に不満があって転職を考えているのなら・・・

転職は給料をアップするためのひとつの方法ですが、ただ職場を変えるだけでその後もずっとうまくいくとは限りません!

もし、あなたが「転職することで給料を上げたい」と思っているなら、こちらの記事を一読されておくことをオススメします!

変えるのは職場と、あなた自身の考え方の両方かもしれません!

薬剤師の転職時の給料アップに必要なこと(薬剤師ポールのメモ帳)

薬剤師求人プレミアへ