桂枝茯苓丸単独使用の問題事例

山口県下関市の漢方薬局『村田漢方堂薬局』の近況報告


2009年7月16日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 地 域 】:東海地方
【 お問い合せ内容 】:初めまして、●●と申します。

 3年前まで東京で漢方の医師(内科)に通院していましたが、結婚を期に●●県に引っ越したものの近所に専門の医師が居らずご相談のメールを送る事にしました。

 10代の頃から生理前にお腹の張りと酷いのぼせがあり、2年くらい前から市内の産婦人科でピル(ルナベルULD)と桂枝茯苓丸を処方されています。

 つい先週までは加味逍遥散を6か月位使用していたのですが、月経前の不調が酷くて今の処方に...

この記事のURLへ移動する

引用元URL: http://murata-kanpo.seesaa.net/article/451862677.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはまだ薬剤師ブログタイムズのブログランキングに参加されていません。
(薬剤師ブログタイムズが独自にご紹介させていただいております)

※もし、ブログオーナーの方で、削除をご希望される場合は、誠にお手数をおかけしますが、
お問い合わせフォームからご一報頂きますよう、宜しくお願いいたします。

ブログパーツを設置して、あなたのブログ記事の人気度をチェック!薬剤師ブログランキングに参加する