ビビアント錠剤変更に隠された理由?

薬剤師Mのホンネ日記

先日はDPP-4阻害薬ジャヌビア(シタグリプチン、MSD)/グラクティブ(小野)錠剤形状変更の理由について書きました(ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?)が、もう1つ、錠剤形状が変更される薬剤があります。
ビビアント錠の錠剤変更
選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)であるビビアント(バゼドキシフェン、ファイザー)の錠剤が小さくなります。
これまで長さ15.3mm、厚さ5.8mmだったと大型の錠剤だったものが、長さ11.1mm、厚さ6.1mmと、約30%小さくなることになります。
(患者さん向けお知らせ)
ファイザーでは2月から出荷を開始しており、すでに手にしている方も少なくないか

この記事のURLへ移動する

引用元URL: http://makinoly.com/?p=3286

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24時間人気記事ランキング:269位 (10 Point)
  • 累計記事ランキング:81位 (13,420 Point)

あなたも薬剤師ブログランキングに参加しませんか? クールなブログパーツで、あなたのブログの人気度をチェック!

ブログ「薬剤師Mのホンネ日記」内の他の記事を見る

  1. 2017/05/25

    厚生労働省がブラック経営を容認へ…

    • 24時間人気記事ランキング:13位 (50 Point)
    • 累計記事ランキング:33,592位 (260 Point)
  2. 2017/05/22

    どうなる?どう出す?リンゼス!

    • 24時間人気記事ランキング:9位 (100 Point)
    • 累計記事ランキング:6,969位 (1,210 Point)
  3. 2017/03/10

    ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?

    • 24時間人気記事ランキング: - 位
    • 累計記事ランキング:1,500位 (2,120 Point)
  4. 2017/03/08

    リンゼスが発売前に品薄状態!?

    • 24時間人気記事ランキング:269位 (10 Point)
    • 累計記事ランキング:20,466位 (690 Point)
  5. 2017/02/23

    パンドラの箱を開けた第一三共エスファ

    • 24時間人気記事ランキング: - 位
    • 累計記事ランキング:8,614位 (1,110 Point)