デザレックスとビラノア、そして販売経路

薬剤師Mのホンネ日記

10月に入り、デザレックス(デスロラタジン、MSD=杏林)とビラノア(ビラスチン、大鵬=MeijiSeika)のPRが活発になってきました。
両社ともパンフレットを見比べてみると、、、
“どんな職業にも”なデザレックス

デザレックスは、親しみやすいイメージのパンフレットです。
デザレックス=チューリップ(花=鼻?)に例えて、パイロットやタクシー運転手、消防士などの手元にチューリップを持たせて「『眠気の副作用が気になる職業』でも安心して飲める」というイメージ戦略のようです。
また、12歳から服用できるということで、学生のイラストが中心に据えられています。
耳鼻科・内科領域を杏林が、皮膚科領域を

この記事のURLへ移動する

引用元URL: http://makinoly.com/?p=3181

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24時間人気記事ランキング: - 位
  • 累計記事ランキング:47位 (26,190 Point)

あなたも薬剤師ブログランキングに参加しませんか? クールなブログパーツで、あなたのブログの人気度をチェック!

ブログ「薬剤師Mのホンネ日記」内の他の記事を見る

  1. 2017/05/25

    厚生労働省がブラック経営を容認へ…

    • 24時間人気記事ランキング:12位 (50 Point)
    • 累計記事ランキング:32,975位 (290 Point)
  2. 2017/05/22

    どうなる?どう出す?リンゼス!

    • 24時間人気記事ランキング:9位 (90 Point)
    • 累計記事ランキング:6,824位 (1,220 Point)
  3. 2017/03/15

    ビビアント錠剤変更に隠された理由?

    • 24時間人気記事ランキング:14位 (30 Point)
    • 累計記事ランキング:81位 (13,440 Point)
  4. 2017/03/10

    ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?

    • 24時間人気記事ランキング: - 位
    • 累計記事ランキング:1,504位 (2,120 Point)
  5. 2017/03/08

    リンゼスが発売前に品薄状態!?

    • 24時間人気記事ランキング: - 位
    • 累計記事ランキング:20,482位 (690 Point)