医事課への愚痴(病院薬剤師と保険について)

ウチの医事課は保険の事を薬剤師に聞いてくる。おかしくないですか??
私は病院薬剤師です。保険薬剤師の資格を取ったことがありません。大学でも保険の事はきちんと習っていませんでした。
しかしウチの医事課はバンバン保険について薬剤師に質問してくるのです。
例えば、インフルエンザの吸入薬イナビルは、予防投与ができるようになりました。すなわち、保険適用になったということです。私は保険の事が分からないので、「保険適用=公費負担してくれる」と思っていました。
しかし「予防」とは病気にはなっていないので、承認用法ではあるけれども「支払いは実費=患者さんの負担になる」ということになります。
必ずしも保険適用だからといって安く医療を受けられる訳ではないのです。
そういうわけで私は始めに(公費負担になる意味での)保険適用ですと医事課さんに答えてしまいました。すぐに保険薬剤師経験のある先輩が上記の事を教えて下さったので医事課さんに訂正しましたが、「去年はそう言ってましたよね。だからおかしいなと思って」と言われ、「知ってるんだったら聞くな!」と思いました。
質問してくるのですのは百歩ゆずって良いとして、この医事課さんの態度がムカついたので愚痴を言わせていただきました。絶対「大学出て勉強しといてあの程度」とか陰口言ってそうです。
腹が立ってしまい脈絡の無い文章でスミマセン。。

病院薬剤師の皆さん、保険について(医事課から)質問ってされますか??
知っていて損はありませんが、やはり病院薬剤師としても勉強するべきなのでしょうか??
うちの医事課ができないだけなのでしょうか??

医事課の方と話すことがあって ちょっと驚いたことがあるので 参考までに。
薬の適応は 作用毎に違っていたりして 薬の素人さんには 納得できかねるそうです。
で、保険適応と自費の違いになる理由を理解できる薬剤師に聞くのだそうです。
ところが、とっても残念なことに 健康保険法の基礎すら理解していない薬剤師が多く、話の目的が伝わらないそうです。
大病院の勤務医の多くが 適応外使用は医師の権限だと勘違いしているのと同じです。
これらは 結局のところ 請求が患者さんに行きます。
そして もめます。
つまり、保険制度の中で医療行為をしているのに 保険制度を知らない医療者によって 患者さんに被害を与えると言う結果を招いています。
健康保険制度は 「国家資格者が その制度を使う機関で働く限りは その制度を理解しているものとする。」とされていて、学んでいなければ 自ら学ぶべきこととされています。
医事課さんが意地悪なのではなくて あなたの病院で働いている姿勢が問われているのと同じです。
院外処方を出す時に 適応性が問われるからと病名記載が見送られた経緯もあります。
適応外使用が 医師の権限でたくさんあった。そのための副作用被害も多かった。
副作用被害救済制度は 製造メーカーの供出金で運営されます。そのため 適正使用であるのに副作用被害を受けてしまった場合というルールが厳密に調査されるようになっています。
適正使用かどうかは ガイドラインやその患者さんの症例を精査することになっています。
つまり、病院薬剤師も保険適応かどうかのチェックを義務付けられているはずです。
万が一の場合は民事訴訟が起こされ 病院側が負けるというニュースになるのです。
インフォームドコンセントは 患者さんが同意書に署名しただけでは 合意とされなくなっていますよ。薬の学問だけでは 医療に関われない時代になっています。

コメントありがとうございます。
やはり保険を知っていない私が悪いのですね。。
保険のこと、もっと勉強します。。!!
正直、今の薬学部にはもっと現場で必要な知識を教えてほしいです。
ただ、その医事課さん個人の重箱の隅をつつくような言い方は許せないです。。もっと違う言い方もあるし感謝もなかったので(笑)それはまた別問題ですが。

保険薬剤師の勉強会、病院薬剤師でも参加できないでしょうか??
本を買うしかないのでしょうか??

病院薬剤師は保険薬剤師の登録が出来ないのですか?
転職して、管理薬剤師として働く場合や薬局を開業する場合でも
1年以上の保険薬剤師としての経験のある薬剤師を有していることや
薬局が自立支援医療機関として登録、更新する場合には、
新設薬局では管理者(管理薬剤師)が、過去に他の自立支援医療機関において
管理者(管理薬剤師)としての経験を有していること。
など決まりがあるので、保険薬剤師の登録をしていくと転職する場合にも
有利になる事が多いと思います。

「2:スレ主ですさん」へのコメントです。

どこにでも参加できます。
保険制度は 改定ごとに 薬剤師会で冊子を発行しています。
病院にも 病院薬剤師会から送られてきているはずです。
なかなか難しいので 病院事務の人と仲良くなって 教えてもらうというのが 早いかも。
「へぇ~~~~」っていう感じで話していけば 親しくなれるし
その後の共同作業も増えていくでしょう。
そうすれば 看護師さんにも伝わるし 印象が良くなるのではないかな。
病院薬剤師さんっていうのは 「堅くて 親しみにくくて 真面目で とっつきにくい」そうですから。

「自分が働いている姿は、こんなはずじゃなかったのに・・・」「職場環境が理想と違う・・・」といった、仕事の悩みは薬剤師ネットBBSでも多く投稿されています。
一生に一度しかない人生だから、仕事はもっと楽しく、自分の希望に合った条件でおこないたいものですよね。

もし、仕事に関する悩みや、職場に関する悩みがある方は、転職を考えてみることもひとつの方法だと思います。
「転職なんて考えたことがない」という人も、人生の選択肢として、転職というカードをもっておけば、心の疲れも和らぐかもしれません。

たとえば、薬剤師プレミアには「転職をして人生が変わった先輩方の声」や、たくさんの求人情報があります。
お気軽にチェックしてみてくださいね。


コメントを投稿する

新規投稿募集中!

薬剤師ネット 裏・実名掲示板

子どもが生まれたのをきっかけに転職活動を始めたのですが、3回連続で面接に落ちてしまいました。
転職サービスのキャリアアドバイザーにも相談したのに・・・。

村本さん、そんなに落ち込まないでください!どうやら転職サイトにも良し悪しがあるそうです。
こちらの薬剤師求人プレミアは豊富な求人情報でサポートしてくれますよ。
本当に困ったときは、駆け込み寺とも言われているナオコの薬剤師転職相談所に問い合わせて見てください。

薬学部の先輩が、科捜研に就職が決まったと聞いて驚きました!薬剤師は薬局以外にどんな場所で働けますか?

コメントを投稿できます。

ご利用規約
  • ※投稿の際は「ご利用規約」にご同意されたものとさせていただきます。
  • ※企業や個人が特定可能な情報、風評・誹謗中傷につながる情報は削除対象となります。
  • ※Cookieをオンにした状態で書き込みいただければ、3日間は編集・削除が可能です。
  • ※投稿されてから30秒後に反映されます。即時反映はされませんので、あらかじめご了承の程宜しくお願いします。

お名前(任意)
例 : 薬剤師 太郎(※14文字以内・ニックネーム可)
薬剤師歴(必須)
リンク(任意)
※お名前の横にリンクが挿入されます
アイコン(任意)

薬剤師ネットは、薬剤師・薬学生のみなさんに役立つ情報をたくさん、提供しています! 薬剤師ネット について詳しくはこちらから

Facebookページでも情報発信中!

2017年10月19日現在までの投稿数:8,236件

リクナビ薬剤師プロデュース 薬剤師求人プレミア 年収600万以上!年間休日120日以上!土日休みの勤務体制!未経験者歓迎!人気求人を今すぐチェック!

新着の投稿

» 新着の投稿をもっと見る

新着のコメント

薬剤師に関する投稿

注目の投稿

ページTOPへ戻る