患者さんに症状を聞いたら、なぜ教える必要あるんですか?と言われました。 患者さん...

患者さんに症状を聞いたら、なぜ教える必要あるんですか?と言われました。
患者さんに処方箋を渡された際、これまでは症状を聞くようにしていたんですが、ある患者さんに、なぜあなたに教える必要があるのか、医師から出された処方箋通りに薬を出してくれれば良いと言われてしまいました。
それを言われてから、積極的に症状を聞くことができなくなって、これで良いのかと悩んでます。

薬剤師としての役割をきちんと説明すれば、納得していただけるのではないでしょうか?
もしくは、そのような言葉をいただく前段階として、何か患者様が不安・不信に思われる言動がこちら側にもあるかもしれません。

一般的に顧客として利用しているものです。
その質問された方と同じ事を思いました。

病院でお医者さんに見てもらい、そこから薬が処方されているのに、何故同じ説明を2回しないといけないのか?
と疑問を持っています。
薬剤師の方は、お医者さんからの指示を見てどういう内容で、何のための薬が出たのかというのは把握出来ないものですか?
一般の顧客からはその辺の流れがわかりません。
何故2回説明する必要があるのか?
単純に疑問を持っています。

逆に、何故重複する事を聞くのかの前置きがあり、それに納得できれば特にそういった疑問は持たないかと思います。

「1:匿名さん」へのコメントです。

ありがとうございます。
言われてみると、こちらからの患者さんへの声の掛け方にも原因があったのかもしれません。
薬剤師としての役割をしっかりお話しして、患者さんの立場に立ってコミュニケーションしてみます。

処方内容を見て診断結果を推測し、答え合わせをするような感じでインタビューしてみてはいかがでしょう。
推測とインタビューの内容に違いがあれば、その違いを説明してから疑義照会をかけると、処方通りの調剤になっても患者さんからの信頼は得られると思います。

ゼロから同じ話を、と言うのは自分が患者の立場だったらやりたくないですし。

>薬剤師の方は、お医者さんからの指示を見てどういう内容で、何のための薬が出た
>のかというのは把握出来ないものですか?

処方箋をみて、たいていは症状が把握できます。
問題なのは、それと患者さんの症状が異なっていた場合です。

極端な例だと、医師が間違えて心臓の薬を風邪の患者さんに出すことがあります。
そのような事故を防ぐために、患者さんに症状を確認する訳です。
薬の使い方がおかしいと思ったら、薬剤師は医師に問い合わせて確認します。
その結果、薬が変更になることもよくあります。

ぶっちゃけ、「医師が間違ってないか確認するため」に、患者さんの症状を確認します。
(それだけが理由と言うわけではないですが)

また、「医師が間違っているかも知れないので」とずばずば言うと、患者さんに
医師への不信感を与える可能性があるので、はっきり言いにくいという側面があります。

「5:匿名さん」へのコメントです。

>極端な例だと、医師が間違えて心臓の薬を風邪の患者さんに出すことがあります。
>そのような事故を防ぐために、患者さんに症状を確認する訳です。
>薬の使い方がおかしいと思ったら、薬剤師は医師に問い合わせて確認します。
>その結果、薬が変更になることもよくあります。

これは私も同感です。
薬剤師が症状を聞くのは、患者様のことを思ってのこと、そのことがうまく伝わると良いなと思っています。


山田さんへ>
勿論、薬剤師は聞き方にも注意すべきだとは思います。
例えば、患者様の病名を、他の患者様に聞こえるくらい大きな声で口に出すことは、プライバシーの観点だけでなく、デリカシーの観点からもしてはいけないと思っています。

ぺーぺー薬剤師です。
私もたまに「そんなんいいから、はよしてっ」と拒否されます。

薬剤師が質問するのは

1.医師が出す薬は絶対にあっているものではない
2.一つの薬でも全く方向性の異なる病気に使われることもある
3.↑病気により用量も異なってくる
4.患者さんの持つ病気によっては飲み合わせの悪い薬が存在する。
5.↑下手すると命に関わる

これらの可能性を無くすために薬局では聞いているんだと自分は考えています。

それでも絶対拒否の方は、もうどうにもできないですよね。
それなのに薬剤師や医師のせいにされるのはたまったもんじゃないのですが。

患者扱いしたいなら医者になって言えば良いのでは?

「8:かなさん」へのコメントです。

私もここのの書き込みの流れを理解していない、今の若い子の言葉を借りれば「意味不明」の回答だと思います。
皆さん方の回答をもう少し理解してから回答されることを付け加えておきます。

「11:匿名さん」へのコメントです。

そもそも症状を聞く目的が医師と薬剤師では全く違うので、その批判は当てはまりませんね。

医師→病気の診断・治療方針の決定など
薬剤師→薬学的判断・治療方針が適正であるかの確認など

どちらも患者さんが適切に医療を受けるために必要なことです。

「11:匿名さん」へのコメントです。

もちろん薬剤師だけでは医療全般を担当できないと思います。
医療は医師だけが行うのではなく、医師や看護師や薬剤師や理学療法士やレントゲン技師などあらゆる分野の担当者がそれぞれの専門性を活して治療することはご存じだと思います。
例えば医師でも内科や外科や整形外科や脳外科や心療内科や肛門科や麻酔医などいろんな専門分野に分かれ、それぞれの専門医が治療にあたっていることはご存じだと思います。
薬剤師も何も調剤だけでなく、医薬品の製造に携わっている者や環境問題や生活やビルの環境問題や食品の安全性に取り組んでいる者など数えきれないくらいいろんな分野で活躍していることもご存じだと思います。
そこで、医療が正しく行われるにはいろんな分野の者が一つの症状に対して問題点を共有する必要があることもご存じだと思います。
レントゲン技師でも患者の症状や愁訴が解からないと治療に役立つレントゲン写真が撮れないのです。
それでも匿名さんは治療は医師のみでこと足りるとお考えでしょうか。
また、薬剤師の職種になにか疑問を持っておられるのでしょうか。何か不愉快な思いをさせられたのでしょうか。

それから少し嫌味な意地悪質問をしておきます。
あなたはどんな仕事したかったのでしょうか、またはどんな資格を取りたかったのでしょうか。それで今はどんな資格を取られたのでしょうか。どんな仕事をなさっているのでしょうか。

8番のかなさんと11番の匿名さんとは異なる方でしょうか。

「12:匿名さん」へのコメントです。

薬学的判断って何ですか?
処方箋の内容だけで分かることなのですか?
病名も分からない、検査値も分からない、そして目の前に居るのが患者本人かどうかも分からない。
こんないい加減な状況で何ができると言うのですか?
間違ったこと言って治療の妨げになったらどう責任とるのですか?
余計なこと聞かれて、おまけに変な指導料とか取られて患者さんにとっては迷惑でしかありませんよ。

「15:匿名さん」へのコメントです。

いいですか、皆さん。
こういうのはスルーが一番ですよ。これが最も有効です。
決して同じレベルに成り下がってはいけません。
これ以降、コメントが続いても自作自演と思いましょうね。

「16:匿名さん」へのコメントです。

それでも、一つだけ言いたいので書かせてもらいます。
処方箋だけで、9割程度処方意図は分かります。
でも、それでは100%ではありません。
仰るとおり、病名・現在の症状・検査値・目の前の人が本人かどうか・医師がどのように説明しているかなどなど処方箋だけで分からないことは沢山有ります。
分からないから、薬剤師は患者さんに教えてもらうんです。
聞いて得た情報と処方内容をみて、それはその患者さんのためになるかどうかを考える。
用法用量・剤形・相互作用・副作用などの、医師が詳しくないところを薬剤師がフォローする。
この薬を飲んだら、飲み続けたらどうなるかを薬剤師の視点で判断する。
事実、副作用などの有害事象の8割は薬剤師が見つけているというデータがあります。
それが、薬学的判断です。

「15:匿名さん」へのコメントです。

父が血圧が高かったので病院から薬をもらってきました。
父の顔を見ると目の下がただれているので、すぐに副作用だと気が付きました。
それはこの薬を服用すると、目の下がただれるとの情報をあらかじめ得ていたからで、医師に薬の変更を申し出るように伝えました。
薬の副作用などは、情報をあらかじめ把握し、共有することも必要で、複数の目や経験が役立つのです。
病院など多くの患者を診ることのある一人の医師だけでは、副作用に気が付かないこともある例です。
キノホルム事象やサリドマイド事象やストマイ事象など、副作用情報の共有がいかに大切かを物語っているか解かると思います。
世の中オールマイティの人間はいないと思います。

いつも思うのですが、薬局ではいつも住所登録をさせられるのですが、必要なのでしょうか?お金を払う確認に保険証がいるのは分かるのですが、いつも別の薬局に行く度に色々書かされます。
電話番号だけの登録でもいいのでしょうか?

「19:匿名さん」へのコメントです。

住所や電話番号の変更は個人の自由です。
だから知らない間に住所や電話番号が変わっており、連絡のつかないことがたまにあります。携帯の電話番号やメールアドレスなどの変更もよく聞きます。電話会社に聞いても教えてくれませんよね。
これは医療関係だけでなく、所在地が掴めないこともあることは、いろんな事件報道からもお分かりだと思います。また、住所が変わっても保険証や自動車免許証などの変更手続きをしていない人もたまにあります。以前、落とし物の通帳と免許証を届けたいと連絡したのですが、住所が変わっており、連絡に手間取ったこともありました。警察や銀行も住所の変更に気が付かなかったからです。
何か副作用事例や緊急連絡が必要なこともあり、緊急連絡にも役立ちます。
実際は何事もなく平穏に過ごしておられるので何も感じないと思いますが、医療現場では緊急連絡のつかないこともあるからです。それから何かあって連絡がなければ、住所不定みたいな人に限ってクレームをつけてくるケースもあるからです。
薬局や病院の個人情報は、原則外部に漏らしてはならないし、罰則規定もあります。
後ろめたいことがなければ、確認に協力してあげてください。

薬剤師「調子はどうですか?」

患者「少しず」

薬剤師「医師とご相談してくださいね」

患者「ぐぬぬぬ・・・」

「21:匿名さん」へのコメントです。

>患者「ぐぬぬぬ・・・」
この部分の表現は、おそらく21番の匿名さんの書き込みのためのセリフだと思いますが、特にこの質問でよいと思います。患者さんの表情や態度などから症状が悪化しているのか、変化がないのか解かりますし、もちろん悪化や他の病気を併発しているなら処方内容も変わります。
つまり医師の問診ほどではないですが、問診みたいなものと考えてもよいと思います。わたくしも、いつも「どうですか。」と聞かれるのですが、にっこっと笑いながら「変わらないです。」と答えています。

おそらく匿名さんの言いたいことは、「指導料の上乗せをするため」と言いたいのではと勘ぐっております。
日常的な会話の中で相手の病状の悪化や変化を把握するのも、医療に携わる者の仕事です。医院でも、看護師さんが笑いながら「どうですか。」と尋ねます。
匿名さんは相手の表情や話し方で、今の状況を把握するのも、機械でしているような接し方の人かもしれません。
匿名さんの行かれる医療機関は、機械的な人の集団ですよね。
寂しいですよね。

「23:匿名さん」へのコメントです。

質問の内容が書かれていないので何とも言えないのですが、患者が医師に遠慮しての診断にかかわる質問ではないでしょうか。
下手に診断内容にかかわる答えをすれば、患者に不信感を与え、医師との信頼にもかかわると思います。
質問の内容は聞き取れないと思いますが、もう少しやり取りの雰囲気などを観察することをお薦めします。

いつも「医師と相談してください。」では、ロボットでよいからです。
よくある質問は、
このくすりで治るでしょうか。
薬が変わったようで、何か悪くなったのでしょうか。
この薬は前と同じで、咳が止まらないのですが。

何か当初の質問と違う方向に進んでいますよね。
批判は批判・現状は現状と分離しないと。

通院しながら薬剤師しています。

私も健康だった頃は、先輩薬剤師の投薬風景や本部の教育部の研修で教わるがまま何の疑問も抱かず「今日はどうされたんですか?」とか聞いていました。

でもやめました。病気を患ってからは。
治療に関する専門的な説明は、医師から聞いているので、薬剤師の的外れな、或いは、薄っぺらい説明は不要だと思います。

薬剤師にとって大切なことは、薬害を防ぎ正しく薬を飲んでもらうことだと思うので副作用があるか否かと、用法と規格数量を間違えずに出すことに尽きると思います。

患者に根掘り葉掘り尋ねる薬剤師がやる気があって、そうでない薬剤師はダメとかそういう調剤薬局の風潮もいかがかと思っています。

議論に実力が伴っていないのではないかと感じました。
最新のエビデンスを収集し、それにのっとり患者さんにとって真に有益な情報を提供する事が要だと思っています。医師が舌を巻くほど薬について熟知しているならば、医師はパートナーとして見てくれるはずです。医師には訴訟の危険がありますので優秀な仲間を切り捨てるような人間ばかりではありません。そうすることで、徐々に信頼関係もでき、医師から在庫数以外で問い合わせも来るようになると思います。
自信がないからはっきりとしゃべれないわけで、いつも医師に媚びたような受け答えばかりでは対等なパートナーにはなりえません。患者さんも見抜きます。
門前だから医師と意見のそぐわないことは言えないというのではなく、自信をもって対応するということが大事でしょう。理路整然と、媚びずに、薬に関して医師よりも多くのエビデンス、知識を収集してください。
NHKで放送されている程度の医学の知識は薬剤師のフィールドではないはず。質問するにあたって、何となく確認するのではなく、質問の根拠となるバックグランドが必要だと思います。
薬に関して単純に考え、底の浅い程度だからこそ、患者さんや医師に軽視されているのだと思います。
細かい副作用情報や、有効性などの論文を徹底的にあさってください。お近くの大学の図書館にいくらでも面白い情報は落ちていますよ。

私も以前、調剤薬局で働いていた時は言われていました。
「何故、あなたにもう一度お話ししなければいけないんですか?」と。
その後、十数年間病院で働いていますが、病院では一度も言われたことがありません。
何が違うのか、改めて考えてみました。
もしかしたら、こういうことなのかな、と思ったのですが、調剤薬局で働いていたとき、私は「今日はどうされましたか?」とおそらく医師がした質問と同じことを質問していました。
病院では、「先生からどんな風に病気について説明してもらいましたか?それを聞いて、どんな風に思われていますか?」と聞いていると思います。
こういう風に聞くと、むしろ、こちらとしては、もういいです、と言いたくなるくらい、お話しをされる方が多いです。
こちらとしても、例え同じ病態で、同じICを受けたとしても、その事実に対する受け止め方、感じ方は患者さんによって違いますから、それを踏まえて、服薬指導する必要性を感じています。
つまり、患者さんにとっては、受診から診断、医師からの説明、投薬と1つのストーリーになっているのに、その流れを無視した質問は無神経に感じるのではないでしょうか?

私も以前から薬剤師さんの説明については長く疑問を感じていました。今年は花粉症の全く同じ処方箋を3回、3回とも同じクリニックでもらいました。クリニック近隣の薬局がいつも混んでいるのと、帰り道に沢山薬局があるので3回とも別の薬局に行き、内2回は新規でした。本日3回目の薬局で新規だった為、待っている間に用紙への記入があり、散々プロフィールを書き込んだ上「今回の薬は初めてですか?」に「いいえ」とつけました。名前を呼ばれ薬剤師さんよりいつもと同じ丁寧過ぎる質問をされた後「このお薬は初めてですか?」と。。。(笑
専門職で大変なお仕事かと察しますがもうなんだかグッタリしちゃいました。
ここからは勝手な主観です。
最近はやたらサービス感出してきますけどセリフになり過ぎてサービス業としては全くだし、専門職の方としてはそこに気質を感じられない方が多い気がします。私たちを患者としてるのか客とみてるのか中途半端に感じます。限度はあるにせよもっとお年寄りのお話相手になるとか、相手によって人としての対応を変えて欲しいと思います。

マニュアルで仕事をしたい薬剤師さんが多いからですよ。
自分の頭で考えている命や体や薬の作用を連動させた知恵が無いからです。
国家試験の勉強は確かに知識詰め込み。
その知識を披露すれば 仕事になると教え込まれちゃったんでしょうね。
知識を動員して その患者さんの周辺事情とつなげて 考える。
この訓練が不足しています。
かかりつけになれば 点数が付く・・・と言う制度が出来て マニュアルを作り始めているでしょ。どこぞのファストフード店のアルバイトのように働かせれば儲かるって経営者が考えていますよ。
違いますよ。
患者さんごとの薬から推測して 数種類の疾患を予測して 話し始められなきゃ 一人前じゃない。最近 若い新人さんに出来る子が増えてきた気がします。未来が明るい。

「30:楽観さん」へのコメントです。

薬剤師はその程度で簡単に取れる資格です。
取った後も何の勉強もせずにやっていけます。
未経験者歓迎などの求人が物語ってます。
ですから医療に係ることなんて何もできないでしょ。
まわりの薬剤師を見てきてあきれてこの資格に絶望しましたよ。

「31:薬剤師やめたさん」へのコメントです。

ご苦労様。
できれば、よき医療従事者の創生の力になってやってください。
世の中いろんな人がおり、立派な人だけでないのもこの世の中です。
参考までに。
http://www.yakujien.com/
の「Ph.由紀の本」を出されている特異な(?)薬剤師もおられることも知っておいては如何でしようか。

元薬剤師だった薬剤師をやめたさんも、無能な薬剤師をそれなりの薬剤師に育てるこんな方になって欲しかったです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4895925846/ref=as_sl_pd_tf_lc?tag=yakujiencom-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4895925846&adid=0RY74DDN3YWHNF8F5KNC&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fwww.yakujien.com%2FPages%2Ftop.html

それから無力を感じたからと云い、これから元薬剤師さんとは異なる医療に取り組もうとしている人を、突き落とすようなことは書き込まないでやってください。
悲しいです。

「32:年老いた落ちこぼれの者さん」へのコメントです。

なにが言いたいのかサッパリ分かりませんが?

特に薬剤師免許なんか持たずにもかかわらず薬剤師と同じ内容の仕事をしている人は大勢います。
薬剤師を雇わない病院では事務員が調剤、服薬指導を医師のもとで行っています。
門前薬局でも本当はダメなのでしょうが、昨年の7月ころに騒がれた無資格調剤ですが行政もほとんど放置した状態で、いわば黙認された状態です。
ですから薬剤師免許はあってもなくても給料以外は関係ありません。
こうなってしまったのも免許を持った者が努力を怠り資格の上にあくらをかいてきた結果です。
これから薬剤師の地位はどんどん下がっていくでしょうね。
まあ、勉強するならば他の分野の資格取得などを目指すのが良いでしょう。
薬剤師には早く見切りをつけることが必要です。
人生はそんなに長くありませんからね。

「32:年老いた落ちこぼれの者さん」へのコメントです。

私が通院していた病院では、事務員さんから院外処方をもらうのですが、その時に処方の内容や薬の薬効などの説明を受けます。
しかし、その後門前の薬局に行くと同じことを言われます。
これって無駄ですよね?
確か、薬局の説明を断るとお薬代が安くなったはずですよね?
私は余計にお金を取られているのでしょうか?

「32:年老いた落ちこぼれの者さん」へのコメントです。

TDMって薬剤師免許がなくてもやれるでしょ?
知っている病院では臨床検査技師がやってたけど。
門前薬局やドラッグストアでTDMなんて場違い。
薬物動態なんて全く使うことないし、勉強してもただの自己満足。
給料ばかりに目を付けて、今まで自分の立場を作る努力をしてこなかったつけ。
もう薬剤師の出る幕無いな。

「35:薬剤師やめたさん」へのコメントです。

ところで今はどのようなお仕事をなさっているのでしょうか。
おそらく資格のいらない仕事に就いておられることと思いますが。
確かにどんな仕事でも経験や訓練などによって資格者より素晴らしい仕事をする人はいると思います。
この世の中、資格を持っている人は幾万人もおると思います。
でも、能力はピンからキリまで様ざまでしょう。
やめたさんはその中でピンの仕事をなさっているのでしょう。
でも、能力が低い人がおるからと云って、資格制度を廃止するのもいかがなものと思います。

「36:年老いた落ちこぼれの者さん」へのコメントです。

能力が低いからもありますが。
あまりにも無資格調剤が多いからです。
つまり薬剤師法違反が当たり前のように行われても行政の取り締まりがまともにありません。
検定試験のようにその時点の実力を示す資格なら良いよでしょうが、これほど無免許行為がおこなわれていては免許の価値が無いのです。
ですから廃止しても今まで通り無資格者が調剤するので困ることはないでしょう。
本来なら薬事衛生を守るために薬剤師が薬剤師法違反を見つければ速やかに保健所なりに通報するなどして対処するのが良いのでしょうが、何を勘違いしてるのだか無資格者の調剤行為を薬剤師の行為として患者さんから金を取り、保険請求しているじゃありませんか。
ほんと薬学部では道徳教育がまったくなってない分けです。
こんな薬のルールを滅茶苦茶にしてきた薬剤師は考え直す必要があると思います。
一度瀕死の状態になってそこから立ち上がり生まれ変われれば今とは違ったものになると思います。
今のままではダメですよ。

「37:薬剤師やめたさん」へのコメントです。

確かに岐路に来ているかもしれません。
もともとは薬剤師の職務に一時的にでも夢を持たれた「薬剤師やめたさん」ですから、あるべき薬剤師としての道が広がるよう陰から支えてやってください。

なかなか耳を傾けないというか動かないかも。
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
http://www.phcd.jp/03/HClist/

「35:薬剤師やめたさん」へのコメントです。

TDMを検査技師さんがやっているのですか?凄いですね。
地域の中核病院に勤めており、院内に検査技師さんが20名以上いますが、さすがに当院でもTDMはやってくれないです。
もちろん血中濃度の測定は検査技師さんのお仕事ですが、測定してくれた血中濃度をもとに解析し、処方提案するのは薬剤師です。その際、気になる検査値異常(Alb結合率の高い薬物におけるAlb値異常、低体重低Scrの場合の腎機能評価等)について検査技師さんに相談することもありますが…。
検査技師さんはコンパートメントモデル等の解析のための勉強はどこでされるのでしょうか?独学で身に付けるのは難しいと思うのですが。
また、ドラッグストアでは薬物動態を考えることは少ないかもしませんが、調剤薬局では、当然必要な知識なのではないですか?処方監査の時に、多かれ少なかれ活用していると思いますが。
少なくとも病院では毎日のように薬物動態学関連で疑義照会なり処方提案なりしていますよ。

「40:病院薬剤師さん」へのコメントです。

臨床検査技師がTDMをやると検体採取から測定、解析までできるので都合が良い分けです。
薬剤師がやると採血などが出来ず、また病院の規模によっては測定機器が薬剤部には無く検査部に依頼するなどかなりのレスポンスが生じ都合が悪いわけです。
経営者サイドから見ても無駄な工程は省いた方が余計なコストが掛からず好都合です。
TDMのクリティカルパスを考えると検査部がやるのが妥当でしょう。
まあそれに薬剤師はリストラしても事務員が変わりを出来ますから、人件費削減のための薬剤師をリストラなんて常識ですからね。
だいたい薬剤師の人件費が他の職種より高いのが不自然です。
事務員と同等でも良いのではないでしょうかね。

結局、今までいかに患者さんと話しをして来なく、その怠慢の結果、患者さんから薬剤師は窓口から薬を渡す係りの人、と言う認識を持たれてしまっているのでしょう。
医療費削減のこの世の中の流れに、焦りを感じ、自分達の存在意義を出すために必死なのがまる分かりです。
世間常識と業界常識がかけ離れている、お役所とどこか似通っていますね

現時点では、薬剤師の患者へのコミュニケーションは、ただの押し付けと考えるのが妥当だと。

あなた方が必要と思うのではなく、患者さんから、聞きたいと思えるようにならなければと考えます。

「44:浮世離れな仕事さん」へのコメントです。

難しい問題ですね。
何が適切か何が良くないかケースバイケースや人の話を少しひねくれて取る人や面倒くさがりなどその場にいないと、判断は難しいです。
ちょっとした話の食い違いで、大喧嘩になることもあります。

なんで2回も同じことを話すって別の人に話してるからに決まってるじゃん笑
院内調剤の所に行けばいいのにね

「2:匿名さん」へのコメントです。

薬の処方で待ってる私にも聞こえるように薬剤師さんが質問していることは、私も嫌です。薬を処方してくれているので仕方なく答えているのだし、本当は、わざわざ大勢の人のいるところで聞かれるのだって個人情報漏出でしょう。これではプライバシー守れませんよね!

「17:匿名さん」へのコメントです。

その薬学的判断を患者に迫るというのはどうなんでしょう。
処方に疑問があると言われても医師と薬剤師の素人の患者にはどちらを信じればいいのか分かりません。
以前薬剤師に沢山飲んでいる薬の殆どをジェネリックに変えろと強く推められました。
そういうことは処方をしている医者に言ってもらいたいとうんざりしました。
薬剤師の医師に対する不満を患者にぶつけられたらとても不快です。
薬学のプロは医学のプロに話をしてもらいたいです。

何かあったときに誰にも文句言わず苦しむならいいけど
何も言わないやつに限って文句を言う
基本コミュニケーションとれないやつはくそだろう

「自分が働いている姿は、こんなはずじゃなかったのに・・・」「職場環境が理想と違う・・・」といった、仕事の悩みは薬剤師ネットBBSでも多く投稿されています。
一生に一度しかない人生だから、仕事はもっと楽しく、自分の希望に合った条件でおこないたいものですよね。

もし、仕事に関する悩みや、職場に関する悩みがある方は、転職を考えてみることもひとつの方法だと思います。
「転職なんて考えたことがない」という人も、人生の選択肢として、転職というカードをもっておけば、心の疲れも和らぐかもしれません。

たとえば、薬剤師プレミアには「転職をして人生が変わった先輩方の声」や、たくさんの求人情報があります。
お気軽にチェックしてみてくださいね。


コメントを投稿する

新規投稿募集中!

薬剤師ネット 裏・実名掲示板

近い将来、子どもができたら妻の田舎に移住を考えています。
妻の実家の仕事を手伝ってほしいと頼まれたのですが、薬剤師としての仕事も続けたい。二足のわらじでやっていけますか?

会社説明会や面接で、何か質問はありますか?と尋ねても日本人の多くは誰も質問しません。恥ずかしいですか?就職は人生の大切なイベント。私はもっとコミュニケーションをとりたい!

コメントを投稿できます。

ご利用規約
  • ※投稿の際は「ご利用規約」にご同意されたものとさせていただきます。
  • ※企業や個人が特定可能な情報、風評・誹謗中傷につながる情報は削除対象となります。
  • ※Cookieをオンにした状態で書き込みいただければ、3日間は編集・削除が可能です。
  • ※投稿されてから30秒後に反映されます。即時反映はされませんので、あらかじめご了承の程宜しくお願いします。

お名前(任意)
例 : 薬剤師 太郎(※14文字以内・ニックネーム可)
薬剤師歴(必須)
リンク(任意)
※お名前の横にリンクが挿入されます
アイコン(任意)

薬剤師ネットは、薬剤師・薬学生のみなさんに役立つ情報をたくさん、提供しています! 薬剤師ネット について詳しくはこちらから

Facebookページでも情報発信中!

2017年09月21日現在までの投稿数:8,199件

リクナビ薬剤師プロデュース 薬剤師求人プレミア 年収600万以上!年間休日120日以上!土日休みの勤務体制!未経験者歓迎!人気求人を今すぐチェック!

新着の投稿

» 新着の投稿をもっと見る

新着のコメント

薬剤師に関する投稿

注目の投稿

ページTOPへ戻る