副作用について

患者さんが副作用を訴えた場合、医師に問い合わせるか、様子を見てもらうか、どのように判断すればいいんですか?

まずは、副作用について確認しましょう。
それが緊急性の高いものか、それとも低いものか。
これくらいは薬剤師で判断がつくと思います。
緊急性が高い場合は、医師に報告。
低い場合なら、後日。
その中間が難しいところかと思います。
これは、具体的に例を挙げてもらわないとなんとも言えませんので、割愛。

患者さんというからには、おそらく医療機関で診察を受け、処方された薬による副作用のことだと思います。
また、処方された薬をどこでもらったかにもよると思います。
直接医療機関でもらった薬であれば、当然医療機関の担当医になると思います。ただ、大きな病院であれば曜日や時間によって担当医が変わることもあるので、取り敢えずその医療機関の電話受付の係に聞いて電話を回してもらうことになると思います。つまり、処方した医師に一方を入れることが必要だと思います。
また、個人の医療機関でも副作用等の受付担当者を決めているところもあります。(時間外であっても、担当医に直接電話がかかるようになっているところもあります。)

次に薬局(薬局とは調剤するところなのですが、最近は調剤薬局と表示とているところが多いです。)で調剤してもらった時には、取り敢えず薬局に連絡するのも良いと思います。薬局から医師や副作用の報告様式によりしかるべきところに報告されると思います。もちろんメーカーにも報告が行くと思います。

重篤な報告の場合は、医療機関からこのような手配もされると思います。
https://www.pmda.go.jp/safety/reports/hcp/0001.html

ドラッグストア等でお客が購入した薬による副作用は、購入したところに連絡すれば、副作用の報告様式によりしかるべきところに報告されると思います。もちろんメーカーにも報告が行くと思います。

手術による副作用は、当然その医療機関になると思います。

コメントを投稿する

新規投稿募集中!

薬剤師ネット 裏・実名掲示板

最近、若いスタッフがどんどん辞めてしまいます。
待遇や職場環境などを改善したいのですが、みなさんどうしていますか?

育ち盛りの若手スタッフが辞めてしまうのは残念です。
待遇や職場環境を改善するのはとても良いことですが、スタッフが辞める本当の原因は別にあるのかもしれません。
一度、転職サイトの薬剤師求人プレミア転職体験談を覗いてみてください。
スタッフが実際に求めていることや、他社が工夫しているところなどが参考になるかもしれません。

面接まで一緒に行ってくれて、徹底したサポートを受けられる転職サイトがあると聞きました。どこのサイトですか?

秋元さん、徹底したサポートをしてくれるのは心強いですが、アドバイザーに面接まで同行してもらうのは避けたほうがいいですよ。
僕はナオコの薬剤師転職相談所に行って、なぜ同行してもらわない方が良いかわかりました。
秋本さんも一度相談に行ってみてはいかがでしょうか? 「転職時の面接を成功させる4つのポイント」を教えてもらえますよ。

コメントを投稿できます。

ご利用規約
  • ※投稿の際は「ご利用規約」にご同意されたものとさせていただきます。
  • ※企業や個人が特定可能な情報、風評・誹謗中傷につながる情報は削除対象となります。
  • ※Cookieをオンにした状態で書き込みいただければ、3日間は編集・削除が可能です。
  • ※投稿されてから30秒後に反映されます。即時反映はされませんので、あらかじめご了承の程宜しくお願いします。

お名前(任意)
例 : 薬剤師 太郎(※14文字以内・ニックネーム可)
薬剤師歴(必須)
リンク(任意)
※お名前の横にリンクが挿入されます
アイコン(任意)

薬剤師ネットは、薬剤師・薬学生のみなさんに役立つ情報をたくさん、提供しています! 薬剤師ネット について詳しくはこちらから

Facebookページでも情報発信中!

2017年02月22日現在までの投稿数:7,382件

リクナビ薬剤師プロデュース 薬剤師求人プレミア 年収600万以上!年間休日120日以上!土日休みの勤務体制!未経験者歓迎!人気求人を今すぐチェック!

新着の投稿

» 新着の投稿をもっと見る

新着のコメント

薬剤師に関する投稿

注目の投稿

ページTOPへ戻る